カードローンにも固定金利や変動金利があるのですか

住宅ローンには固定金利とか変動金利とかありますよね。カードローンにもそういう金利の変動などがあるのですか。

今からカードローンに申込むつもりなのですが、金利の事があまり良く解りません。カードローンの金利はどのようになっているのですか。

一番得なカードローンはやはり銀行のカードローンでしょうか。それも併せて教えて下さい。

カードローンの金利も貸付金額や顧客の信用状況により変動します

カードローンの中で低金利設定となっているのはやはり銀行のカードローンです。そしてその銀行の金利も貸付金額や貸付を行う顧客の信用状況で変動するのです。
(⇒上限金利が低いカードローンはお得?

これは銀行のみでなく消費者金融の金利についても同様に変動します。ホームページで確認するとどの会社の金利も4%~14.5%などと幅のある提示をしています。

通常は初めてで50万円までくらいは一番高い金利設定になるのです。この場合14.5%と言う事です。

反対に4%と言うのは最高限度額500万円や800万円の金利となります。信用を積んで行くと14.5%の金利が14%になる可能性もあるのです。当面は同じ金利ではありますけれど。

やはり金利は顧客の信用により変動するのですね。銀行のカードローンが低金利になっているのは銀行のカードローンを申し込む顧客の品質の良さからきているのだと思うのです。

消費者金融の顧客の品質が悪いと言う訳ではないのですが、従来銀行の顧客は小口融資の客ではなかったのです。

住宅ローンやマイカーローンのような大口の融資を行う顧客でした。自然と小口融資にも品質の良い顧客が集まる結果となったのです。

顧客の品質の良さとは返済率の高さです。回収出来ると言う自信のもとに融資を行っているのでリスクを金利で補う必要がない訳です。

この為に銀行の金利は低めの設定となっているのです。以前の消費者金融はリスクを抱えてでもより多くの顧客獲得を目的に掲げてきました。

その為に金利も29.2%などと言う高い設定にしていた時期がありました。これは刑罰を受けるぎりぎりの金利です。

この金利設定は回収できないと言うリスクを補う為のものなのです。

そんな消費者金融も今は利息制限法に伴い決められた上限の金利設定になっています。

もちろん貸付金が大きくなると金利は低くなるし、顧客の信用によって金利も変わります。

今消費者金融はリスクを避けるべく、顧客の品質の向上に力を入れているのです。

金利の面で言えば銀行のカードローンの金利が一番低めの設定となっています。でも消費者金融も1か月間無利息などのキャンペーンを行っていますよ。(こちらもご参考に→低金利の銀行カードローンを教えて!

ホームページでどちらがよりお得なのか、じっくりと考えて申込むようにして下さいね。

固定金利と変動金利でカードローンを選んでみる

お金が必要な人にとって金利を詳しく知ることは非常に大切なことです。

金利が高ければ高いほど払う金額が多くなり、低くなれば払う金額も少なくなります。

お金を借りたいという気持ちだけで金利を甘くみており、返済した時に結構な金額を払っていたということも多くあります。

後で後悔しないためにもお金を借りることになったら、金利に注目するようにしてください。

固定金利、変動金利という名称を聞いたことがある人がいるかもしれません。

その名の通り固定金利は金利が固定していますので一定した金額を支払うことになります。

市場の貨幣価値により金利が変動した場合損をした気分になるかもしれません。

だとしても固定である以上支払う金額が同じですのでカードローンとしては力強くサポートしてくれる印象を受けることになるでしょう。
(⇒カードローン金利に関するおすすめQ&A

その一方変動金利に対しては少し注意が必要です。

先程も述べたように金利変動が起きた場合高い低い関係なく金利が変動する可能性があります。

低くなればいいのですが高くなるとその分を支払わなければいけません。高くなった時は注視する必要があります。

しかし法律で上限は20%と定められていますのでそれ以上高くなることはありません。

多くの貸金業者が変動金利になっていますので、金利の変動が起きた場合は注意が必要です。

金利の話になりましたが、カードローンに申し込む際に固定金利なのか、変動金利なのかで貸金業者を選ぶ必要なないと感じます。

貸金業者は金利が低いところ、高いところというイメージが定着しています。

金利が低くなれば消費者も注目することになり、高くなれば印象が悪くなります。

よほどの金利変動が起きない限り変動金利の貸金業者が金利を変更することは非常に稀です。

やはり今現在の金利をよく照らし合わせてなるべく低い金利で貸し付けてくれる貸金業者に申し込むようにしたほうがベストです。

あくまでも固定金利、変動金利であるかどうかの選択肢は参考程度に収めておいて構わないと思います。

【参考ページはこちら】
低金利な借り換えカードローンを教えて!