高額借入れ希望です銀行カードローンは総量規制の対象外?

まとまったお金が必要になって収入の3分の1以上の融資を頼みたいのです。

銀行では収入の額に関係なく融資を受けられると聞いたのですが、それは総量規制の対象ではないと言う事なんですよね。

他にも総量規制の対象外のカードローンがあれば教えて下さい。

総量規制対象外は銀行のカードローンだけですよ

まとまった金が必要と言う事ですが、年収の3分の1以上の借入を希望な場合は銀行のカードローンに申込まなければいけません。

貸金業法の総量規制施行の為、消費者金融などでは年収の3分の1以上の借入は出来なくなっています。

そこでやはり銀行のカードローンに申込みの必要があります。

大きな金額の場合は特に低金利の銀行のカードローンが良いでしょう。総量規制対象外のカードローンは銀行だけになります。

ホームページで返済シミュレーションを試す事が出来るのでどれだけの返済金額返済期間になるのかきちんとシミュレーションして下さいね。

年収の3分の1以上の融資を受け付けてくれますが、融資金額が大きくなるとやはり審査は厳しくなります。

また金額によっては収入証明書が必要となります。申込み時に源泉徴収票などを用意して下さい。

審査基準は金額によって変わるのではなく、ほぼ同じ内容での審査となりますが、収入に関しては高額融資で返済額も大きくなるけれどもきちんと返済する能力があるかどうかを確認する事になります。

特に融資金額が大きいので何よりもその返済能力を審査されます。もちろん個人信用情報の履歴に金融事故などが無いかもしっかりと確認されます。

審査も通り、希望の金額が借入れできたら、次はシミュレーション通りに返済する事を考えましょう。

毎月の返済日に遅れる事なく返済するのはあたりまえですが、余裕のある時には加えて追加返済もして出来るだけ早めに完済できるようにがんばりましょう。

カードローンなので、ATMで簡単に追加返済が出来るのは本当に便利ですね。限度額内なら同じようにATMで借入れも簡単に出来ます。

出来れば返済のみで借入れはしない方が良いのですが、どうしても必要になった時は手数料もかからずに借入れ出来るのも嬉しいですね。

少しずつ借入れ残高も減って行き、着実に完済に向かっていると実感するでしょう。

大きな金額を借入れた時は特に借入れは極力がまんして返済だけを続けるべきなのです。

そして完済してからまた改めて借入れを考える。それがゆとりあるカードローンの使い方なのだと思うのです。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンの利用枚数は限度がある?

銀行カードローンは総量規制の対象外?大きな借入なら銀行へ

最近良く目にする疑問に、銀行カードローンは総量規制の対象外?と言う言葉があります。

なんとなく分かりにくい表現ですが、そもそも総量規制とは何なのでしょうか。

これは貸金業法による貸付に関する規制で、貸金業者の個々の貸付だけでなく、貸金業者全ての貸付の総額に上限を作った規制です。

この為に総量規制と呼ばれています。

この貸金業者の総量規制とは元々消費者金融に関する規制で消費者金融が返済能力を上回る金額の融資を行い、過剰融資、多重債務で返済不可能になり自己破産などが急増したために行われた規制で、利息制限法の改正とともに実施され、かつてはサラ金地獄とまで呼ばれた消費者金融の規制をしたものです。

内容は各社合わせての総額で100万円以下、更に年収の1/3以下とかなり厳しいものです。

しかしこの規制には色々な対象外が存在します。その中でも一番大きなものが銀行カードローンです。(こちらもご参考に→銀行カードローンの審査に通りやすい時期はある?

これは貸金業法はノンバンクの貸金業者を規制する法律であるために、銀行法で規制される銀行には及ばないためにです。

この総量規制が行われたときに既に銀行は消費者金融のカードローンとよく似たカードローンを展開していましたので、同じようなカードローンでも銀行系には総量規制がなく、消費者金融には総量規制があると言う状態に最初からなっていました。

この意味は大きく、銀行カードローンなら100万円以上の融資が可能です。また年収の1/3以上の融資も可能です。
(⇒カードローンの限度額に関するおすすめ記事

このことから現在は比較的大きな金額の融資は銀行カードローン、小額のものは消費者金融とすみわけが出来ている状態になりました。

また逆に自分自身の年収がないことで専業主婦の人は今までのように消費者金融で借入が出来なくなり、銀行でなら借り入れると言うようになりました。

消費者金融はこの為にハイリスクな顧客にも積極的に融資して、銀行カードローンとは違う手軽さをメリットとするようになりました。

総量規制が気になるようなら、まず最初に銀行カードローンを考えるのが良いでしょう。