三菱東京ufjカードローン借入あります重ねて増額可能か教えて

三菱東京ufjカードローンで借入れをしています。

最初はそれ程必要がないと思っていたので、一番低い限度額設定にしてもらっています。

ところが、いざ使ってみるととても簡単に使えるのでつい限度額一杯に借り入れをしてしまいました。

後は返済しては借りると言う事を繰り返しています。

出来れば増額したいのですが、こんな状態で増額は可能なのでしょうか。

増額の場合も申込み当初と変わらない審査の上増額されます

限度額を増額したい場合はその旨申し出て審査を受けてから増額出来れば増額されます。

増額の審査は申し込み当初の審査と同じ要領で行われますが、加えて返済の状況も確認されます。

最初から一番低い限度額設定との事なので増額はさほど難しくはないでしょうが、もしも遅延などがあると増額は難しくなります。

増額審査の場合も再度在籍確認もされますし、増額する金額によるのですが収入証明書も必要になる可能性もあります。(こちらもご参考に→在籍確認なしの銀行カードローンはある?

気になるところは返済をして枠が空くとまたすぐに借入れをすると言う事を繰り返していることです。

出来れば返済のみを何か月か続けて欲しいのです。返済借入れ繰り返すのはそれだけ余裕がないと取られてしまうのです。

余裕がないのは事実なのでしょうが、やはり審査ではマイナス要因になってしまうのです。

順調に返済を遅延なく行っている事でカードローン会社は信用できると考えるのです。

現実に信用実績を積んだ人には銀行側から増額を提案してくることもあるのですよ。

それともうひとつ気になるところは簡単に借入れ出来るのでつい借り過ぎて限度額一杯借入れしてしまったと言う所です。

これはカードローンで破綻してしまった人が一様に言う事なんですよ。つい借り過ぎる、これが銀行側に伝われば増額は望めません。

今後せめて3か月間は返済だけを行って下さい。決して借入れしない事です。大変だとは思いますが、信用実績を積むにはそれしかないのです。

それから遅延は絶対にしない事です。決められた期間内にきちんと返済をする。これを続けて下さい。

自分の信用は自分が付けるしかないのです。そしてこれが一番大事な事なのですが、無事増額されたとしても今までのような借入れを続ける事のないようにして下さいね。

あくまでも本当に必要な時のみ借入れて、少しでも多く返済する。返済期日はしっかりと守って信用実績を積む。

カードローンはゆとりある生活を送る為に使われるべきだと思うのです。余裕を持って生活出来るように上手なカードローンの使い方をして下さいね。

【参考ページはこちら】
カードローンの増額認定期限を過ぎても申込める?

三菱東京ufjカードローン借入ありの状況で増額可能か?

三菱東京ufj銀行のカードローンバンクイックは銀行カードローンのなかでも人気の商品です。(こちらもご参考に→三菱東京UFJ銀行カードローンのおすすめ情報

まず審査が銀行カードローンとしては緩いことで知られ、収入証明書不要で100万円まで借りることが出来るカードローンになります。

銀行のカードローン商品ということで金利のほうも安く、借りやすいと言われている消費者金融に申し込むくらいなら審査も緩い三菱東京ufj銀行に申し込むほうがお得だと感じるでしょう。

そのようなことで申し込み者が多く、また審査が通りカードを手にしている人も多いです。

そんな審査も緩いお得な銀行カードローンの三菱東京ufj銀行ですが、審査に通ってからが勝負だと言われる銀行カードローンでもあるのです。

ここの銀行は増額に対して厳しいイメージがあります。

クチコミでもそのような書込みが非常に多く、新規申し込みしてから増額希望を打診しても断れるケースが多いのが特徴です。

三菱東京ufjカードローン借入ありの場合は、まず返済だけは絶対に怠らないようにすることが増額への道となります。

増額可能か?の道標は、まず新規申し込みから半年経過した時に三菱東京ufj銀行のほうからお誘いの電話が掛かることが多いです。

注意して欲しいのはこの電話はお誘いだけであって、確実に増額できるといった連絡ではありません。増額を希望することで審査に入ります。

他の貸金業者のように増額可能のお知らせがきたら、お金を借りることが出来るといった部類ではありません。

審査結果は電話で通知してくれます。非常に多くの人が増額に対して厳しいイメージがある銀行です。

増額するならば他の貸金業者から借りたほうがいいといった傾向がありますが、他社の借入があると貸金業者の印象は悪くなります。

よって増額できるチャンスが減ってしまうことになりかねません。

まず絶対に延滞はしない。他社からの借入がある場合は減らし完済を目指すこと。

そうすることで印象はまったく違ってきます。今持っているカードローンを大切に育てていくことが増額への道になります。