カードローンの限度額増枠では在籍確認なしでも可能でしょうか…

カードローンを利用しているんですけど、このカードの利用限度額を増額したいと思ってるんですよね。

審査の時には省略してもらったみたいで助かったんですけど、これって、限度額を増額する審査の時に、在籍確認をされることってありえるの?

もし可能なら、在籍確認なしで増額したいんですけど可能でしょうか…?

利用限度額増額の条件によっては在籍確認が必要な場合もあります

なるほど、カードローンの利用可能額を増額したいが…在籍確認はしてほしくない、というわけじゃな。

これは、一概には答えることはできない。なぜなら、在籍確認が必要になる場合もあれば、必要ない場合もある。

利用限度額増額の条件や、審査時の状況、カード会社側の都合などにより、さまざまなパターンが考えられるからじゃ。

では、どのような場合に在籍確認が行われるのか?という疑問が生じるじゃろう。まずは、審査の段階で在籍確認が省略されている場合じゃな。

それでいて、カード会社側が規定する一定の限度額を超えて希望するような場合、在籍確認が行われる可能性がある。

この説明ではよくわからんかもしれんから、次に具体例を挙げてみよう。今利用している会社が同じようなシステムになっていないか、チェックしてみてくれ。

カード会社側が規定する利用限度額は、100万円。この金額までであれば、収入証明書の提出が不要であり、在籍確認をしません。

それ以上の限度額を希望する場合は、収入証明書の提出が必要になります。といったようなシステムになっている場合じゃ。

この場合じゃと、利用限度額を100万円以上にしたい場合は、在籍確認が行われる可能性がある、というわけじゃな。

いかがじゃろうか?この金額が50万円となっているところもあるぞ。

このようなシステムであれば、その規定金額以下で限度額変更の希望を出せばよいじゃろう。

在籍確認をしてほしくない、ということを優先する場合じゃがな。

このように説明したが、審査の段階で既に在籍確認が行われている場合もある。こういった場合は、再び在籍確認が行われるということはないから安心じゃな。
(⇒在籍確認の電話なしでカードローン審査に通れる?

様々な状況が考えられるこういった事は、カード会社に直接問い合わせをするのが一番確実な方法じゃろう。

在籍確認が必要かどうか、もし必要な場合は、どのようにすれば在籍確認をせずに済むのかなど、ひとつひとつ疑問を解決してもらうとよいじゃろう。

会社の人にバレたくないということが分かっておきながら、わざわざばれるようなことはしないじゃろう。

【参考ページはこちら】
カードローンの在籍確認についてもっと詳しく!

「カードローンの増枠審査では在籍確認なし」って本当なの?

カードローンを利用する場合には常に自身の限度額を意識する必要があります。

限度額以上にお金を借り入れるということはできませんし、限度額を考えずに借り入れをしてしまうと収支バランスが崩れてしまうこともあります。
(⇒カードローンの系統によって限度額に違いはある?

限度額はカードローンを利用する際の安全策としてあるものですから、多少不便であったとしても納得しなくてはなりません。

とはいえこの限度額はずっと変わらないというようなことは無く、必要に応じて増枠審査を受けることで限度額を引き上げてもらうことも可能です。

増枠審査においては基本的に最初の契約時に行われた審査と同様の内容での信用調査が行われることとなりますが、「増枠審査は在籍確認なし」というのは本当なのでしょうか。

これはそれぞれの業者によって多少の違いがあるものの、一般的には在籍確認が行われないということになっています。(こちらもご参考に→在籍確認なしのカードローンはあるの?

やはり在籍確認となるとなるべくであればやってほしくないと思うのが消費者の心理ですし、そもそも最初の段階で在籍確認が完了し、問題なく返済できているというのであれば収入安定性については「実績がある」と考えることができます。

そのため基本的には在籍確認なしでOKということになるのです。

しかしこれは常にそうだというわけではありません。

最初に契約してからある程度の期間が経過しているというような場合や、それまでの利用において滞納などの問題が発生している場合は、在籍確認が行われることもあり得ます。

もちろんそうした場合であってもカードローン会社の名前が出されることはありませんが、最初の審査と同様、在籍確認が行われることとなりますので注意しましょう。

とはいえ期間経過が理由の場合は別として、返済の滞納などがあるというような場合には、そもそも増枠審査を受け付けてもらえないこともあり得ます。

「少しくらいなら」という考えで滞納をしてしまうと、自身の信用に大きな影響が出てきます。

増枠審査を受ける段階になって後悔しても遅いということになりますから、注意しましょう。