三井住友銀行のカードローンでは必要書類はどんなものがあるの?

カードローンを利用したいなと以前から考えておりました。

テレビCMや街中での広告で度々目にはしていたのですが、なかなか一歩を踏み出すきっかけがなく、いままで利用せずにきました。

ですが、数日前にどうしても現金が必要なことがあったのですが、残念ながら給料日前で手持ちがなく、ものすごく悲しい思いをしてしまいました…。

できれば、今後、そのような事態は避けたい。家族や友人からお金を借りるわけにはいかないので、思い切ってカードローンを利用することにしました!

その中でも三井住友銀行の口座を持っているので、そこのカードローンにしようかなって。

でも、申し込みについてなどなんにもわからないので、教えて欲しいんです。契約の時になにか必要な書類とかってあるの?

三井住友銀行カードローン申込に必要なのは本人確認書類のみです

なるほど、それでは三井住友銀行カードローンについて教えよう。

まずは申し込みに必要な書類ということじゃが、三井住友銀行の場合は、本人確認ができるものがあれば良いぞ。

運転免許証、健康保険証、パスポートなどがそれにあたる。それだけあれば、申し込みができるようになっておるのじゃ。

例外として、希望する利用限度額が300万円以上である場合は、収入が確認できる資料が必要となるぞ。

申し込みは非常に簡単じゃ。ホームページ上から行うことができる。

30万円までの借り入れで良いなら、入力項目が少なくて済む「かんたん申込」を選ぼう。

それ以上の借り入れを希望する場合は「通常申込」を選ぶのじゃ。

通常申込の場合は、最大で800万円まで限度額を上げることができるようになっている。非常に大規模なカードローンじゃな。(こちらもご参考に→三井住友銀行カードローンが使えない理由とは

そして、ホームページ上に表示される必要項目を指示に従って入力していくのじゃ。

三井住友銀行の口座をもっているということじゃが、その場合、「口座あり」にチェックを入れるなど、入力ミスが無いように気を付けよう。

間違って入力してしまうと、そのせいで審査に落とされてしまうといったことになりかねんからな。

無事に全ての入力が完了したら、審査結果を待つのじゃ。時間帯によっては、その日のうちに審査結果ががわかるぞ。

そして、次の日にはカードを受け取れ、利用が可能となる。その場合、三井住友銀行のローン契約機にカードを取りに行く必要がある。

ホームページに指定されている項目をしっかりと確認しよう。

電話やFAXでも同様に申し込みをすることができるようになっておるので、自分が一番やりやすい方法を選ぶと良いじゃろう。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行カードローンは主婦も対象?

三井住友銀行のカードローンでの必要書類とは

三井住友銀行のカードローンはパソコンや電話だけではなく、多彩な申込方法があります。

申込できる条件は満20歳以上65歳以下の方で安定した収入がある人です。

また指定する保証会社の保証を受けられることが最低条件になります。

申込に関して必要書類は運転免許証、健康保険証、パスポート、顔写真付きの住民基本台帳カードのいずれかです。

申込の際に希望金額が300万円を超える場合は本人の年収が確認できるものが必要になりますので、前もって準備しておくといいです。

三井住友銀行のカードローンのメリットはいくつもあります。まず即日審査と融資が可能だということです。

審査に必要な時間はおよそ30分ほどですし、カードを即日発行することもできます。最高限度額は銀行ならではの800万円までとなっています。

また金利は年4パーセントから15パーセント弱とかなり低めの設定になっています。

借り入れや返済も近くのコンビニエンスストアやATMからいつでも利用することができます。

しかも利用手数料や時間外手数料は無料です。もしインターネットバンキングを利用するならば、自宅にいながらにして契約を完了させることができます。

口座を持っている場合は自動的にカードローン口座に返済用預金口座が自動的に登録されます。

ただしカードローン口座のみを契約している方はインターネットバンキングを利用することができませんので注意が必要です。

利用したい時にはいつもの普通預金のキャッシュカードで借り入れできるのも良いところです。

インターネットバンキングを利用する場合はすぐに振込や振替ができます。極度額の増額も所定の審査があるものの、電話かローン契約機で可能となっています。

ただし逆に取引状況によっては本人に連絡することなく減額されてしまうということもありますので、注意しておきましょう。

利用する時には必ず借入残高と契約している極度額を確認しておくのが良いです。