無職ですが年金受給者でも作れるカードローンはありますか

無職で年金受給者なのですが、年金だけでは急場の出費が不安です。

ほとんど小遣い程度の年金でとても生活出来るような金額ではありません。

カードローンでも申し込めればいざと言う時のために安心だと思うのですが、年齢制限や無職というのがネックになってなかなか難しいようです。

年金受給者でも借りれるカードローンはありませんか。

無職の年金受給者でも申込めるカードローンはあります

無職の年金受給者の場合は確かにカードローンに申込む事は大変難しくなります。年金受給者の申し込みを受け付けている所が全くない訳ではありません。

それでも年齢制限が65歳未満だったり、無職の年金受給者の場合のカードローン申込みはかなり困難な事は事実です。

年金受給者と言うと年齢は65歳過ぎと言う事になりますよね。カードローン会社で65歳以上の年齢制限と言う所を探すのはなかなか難しいのです。

厚生年金部分を早期に受け取るとしても60歳でその場合の受け取り額は本当にわずかです。

なんらかの収入が他になければ、カードローンを作るのは無理と言って良いでしょう。条件の中の年齢制限を確認して申し込むようにして下さい。

無職で年金受給者でも配偶者に安定した収入がある場合は専業主婦(主夫)として銀行のカードローンに申込む事が可能です。

またアルバイトやパートで少しでも収入がある場合は申込めるカードローン会社も多くなります。(こちらもご参考に→カードローンが申込める職業とは?

アルバイトもパートもしていないで、年金のみの収入で年齢も65歳を超えている。

そういう人にはシニア年金受給者向けのカードローンを用意している所も何社かあります。

信用金庫などが多いのですが、銀行ならではの低金利で概ね69歳までの年齢制限で申込めるので申込み条件などサイトを確認してみて下さいね。

また年金をその銀行で受け取るようにすると金利が優遇される事もあるのでお得です。

もちろん年金受給者であっても何らかの仕事についているならより有利に融資をうけられます。

アルバイトでも週に何日かのパートでも勤務していると言う事が信用に繋がるのです。年金だけで生活出来る人は今ではかなり少なくなっています。

年々支給額も減っており、これから年金生活に入る人も不安に思う事が多いですね。

健康ならばシニアでもまだまだ充分働けます。

無理はせず自分に合った仕事をしながら、併せて必要な時の為にカードローンを上手く使う。

ゆとりのある年金生活の為にもそういう風に考えられるのが良いのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
年齢に関係なく借りられるカードローンはある?

年金受給者でも作れるカードローン高松信金のシルバーキャッスル

銀行や信用金庫などの金融機関では、個人向けのローン商品としてカードローンの取り扱いをしています。

カードローンは、以前は主に消費者金融が提供していましたが、近年では、一般の金融機関やネット専用銀行などでも取り扱うようになりました。

テレビなどのメディアでも頻繁に広告していますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

この商品は、信用貸付けといわれるもので、個人の信用を担保にして小口資金を融資します。

個人の信用とは借入金の返済が可能であることが基本になりますので、安定した収入のある会社員の方などが多く利用されています。

ただし、安定した収入には雇用形態を問いませんので、パートやアルバイトの方でも利用することが可能です。

また、銀行や消費者金融などの貸金業者は、カードローンを提供する金融機関が膨大になったことから、顧客獲得競争が始まり、利用者にとってメリットのある商品の企画をするようになりました。
(⇒三井住友銀行のカードローンはどんな感じ?

高齢化社会が進み、顧客に占める高齢者の割合が増えることを予想して、年金受給者でも作れるカードローンを提供している金融機関もあります。

例えば、高松市瓦町に本店を構える高松信用金庫では、年金受給者専用カードローン「シニアきゃっする」を販売しています。

シニアキャッスルのご利用には審査がありますが、契約時の年齢が満60歳以上69歳以下の方で国民年金、厚生年金、共済年金・国民年金基金を受給されている方を審査対象にしています。

ご融資極度額は50万円、金利年14.6%と小口資金融資ですが、年金生活に安心を与えるには程良い設定のカードローンではないでしょうか。

このような商品は、都市銀行などよりも、地域密着型の金融機関である信用金庫や地方銀行に多いようです。

取引のある金融機関に、年金受給者でも作れるカードローンがあるか問い合わせてみてはいかがでしょうか。

また、カードローン以外にも、年金受給者には公的な貸付制度があります。行政のサービスを活用するのも良い方法です。