みずほ銀行のカードローンは専業主婦でも申し込めるのですか

専業主婦ってのんきで良いわねと言われるけれど、ちっとも良くなんてないです。

自分の為に使えるお金もないし毎月ぎりぎりの状態なのに、急に冠婚葬祭での出費などがあると、本当に困ってしまうのです。

こんな時少しだけキャッシング出来たらと思います。専業主婦でも申し込み出来るカードローンについて教えて下さい。

夫の給料はみずほ銀行へ振り込まれています。みずほ銀行のカードローンはどうなのでしょうか。

配偶者の収入が安定していれば専業主婦でも申し込み可能ですよ

不景気が続き物価は高騰、値上がりなどが相次いでいる昨今、主婦の方は様々な工夫で家計を守っていらっしゃる事でしょう。

そんな家計に急な出費が重なると本当に大変ですよね。特に専業主婦の方は自分の小遣いにまで手が回らないと言うのが実情ですね。

そんな時カードローンは確かにお役立ちアイテムとなってくれるでしょう。

収入の無い専業主婦は総量規制対象の消費者金融では申込み出来ません。
(⇒専業主婦でも利用できるカードローンがある?

収入の3分の1以内の貸付と決められた規則なので、収入が0なら当然貸付出来ないからです。

銀行のカードローンは総量規制対象外の為配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込み可能となっています。

特に配偶者の収入証明書も必要ない場合が多いようです。サイトで専業主婦の申込み要項を確認の上申し込んで下さい。

特にご主人の給料がみずほ銀行に振り込まれているのなら、みずほ銀行のカードローンに申込みされると有利ですね。

その場合でも専業主婦の借入限度額は30万円の上限となっています。この限度額は概ねどの銀行カードローンも同じくらいの額となっています。
(⇒カードローンの上限についてもっと詳しく!

カードローンは確かに便利なもので、手元に届くとつい今月もと借りる事が多くなってしまう傾向があります。

専業主婦と言うのは収入が夫の給料のみなのです。ついつい使い過ぎた結果、破綻を招く確率もかなり高くなってしまいます。

収入が無いからこそ、しっかりとした借入計画が大切なのです。返済シミュレーションなどを利用して無理のない借入をして下さい。

万が一奥様が破綻した場合ご主人に与える影響も少なくありません。カードローンは生活をゆたかにする為のものでないといけないですよね。

本当に必要な金額を借入れて、出来るだけ早く完済する。それが上手にカードローンを利用する秘けつです。

簡単に借入出来るからと借りる事に慣れてしまわないように、充分な計画を立てて借入するようにして下さいね。

【参考ページはこちら】
専業主婦でも利用できる審査緩いカードローンを教えて!

みずほ銀行のカードローンは専業主婦でも申し込める

みずほ銀行のカードローンは、安定した収入のある20歳以上66歳未満の方なら申し込めるようになっています。

安定した収入なら、パートやアルバイト、派遣社員や自営業でも可能で、更に旦那さんに収入がある専業主婦の方でも申し込みが出来ます。

また、銀行系カードローンになるので総量規制の対象外で、借入額が年収の3分の以上でも制限されません。

限度額は、10万円から1,000万円です。

限度額が1,000万円となっているところは少なく、業界でもトップクラスになっています。

ただ、専業主婦の場合は30万円までとなります。

特に、既に銀行の普通預金口座を開設していてキャッシュカードを持っていると、申し込みが簡単になります。

口座を開設しているとWEB完結申込み方法を利用出来て、最短で即日利用も可能で来店や郵送なども不用になります。

また、口座を開設していない場合は、最短で即日審査を受けることが出来ます。

みずほダイレクトを利用している方や通帳などがあれば、利用限度額が200万円以下だと、原則書類提出がありません。

申し込みをしてから審査を通った後に、持っているキャッシュカードのキャッシング機能が付くので、そのキャッシュカードを利用して借入が出来ます。

金利は、4.0から14.0%となっていて大手の銀行系のカードローンの中でも、低めの設定になっています。

特に消費者金融業者だと、最高金利は18%になっているので、かなりの低金利といえます。

専業主婦だと、限度額が低いので最高金利の14.0%が採用されますから、かなりの利息の負担を減らすことが出来ます。

また、サービスとして自動融資サービスがあります。

これは、クレジットや公共料金などの自動口座引落のときに残高不足の場合、足りない分を自動的に融資してくれるサービスです。

クレジットや公共料金は、引落が出来ないと結構面倒になってくることが多いです。

それを、自働的に防いでくれるのでうっかり入金してなかった時も安心です。

また、利用するには普通預金口座が必用になります。