仮審査が通過すればカードローンの審査は通ったようなもの?

良くカードローンで仮審査と言う言葉を聞きますが、仮審査って何なのですか、最初から本審査をすれば良いのではないですか。

仮審査を通過すればもう大丈夫だと言う声も聞きます。本当でしょうか。

仮審査とは基本的な審査基準についての審査を言います

インターネットで申込み事項に入力するとカードローン会社はその記入事項について審査を開始します。これが仮審査です。

そして仮審査に通れば後は本人確認などを行う本審査となります。申告内容に不備がないかも併せて確認されます。

記入事項に間違いがなく個人信用情報に問題などがなければあとはカード発行となるのです。

仮審査が通れば大丈夫と言われるのは仮審査で基本的な審査基準をクリアしたと思われる為です。

もちろん仮審査の後、他のカードローンに申込んだ場合などは本審査で不可となる事もありますから気を付けましょう。

仮審査と言っても内容的には本審査と変わりはありません。

インターネットで記入される内容で審査して行く訳ですが、この審査は機械による審査と言う感じです。

属性の勤務先に関しての情報、勤続年数などが審査基準を満たしているかが審査され、クリアすれば仮審査通過です。(こちらもご参考に→カードローンの審査に通過するためには

本審査に移り、ここからは本人確認をはじめ、勤務先への在籍確認などが行われ、最終的な融資金額や実質年利などが決定します。

より綿密に細かな事を決定するのが本審査だと思って下さい。

仮審査に通っても在籍確認が取れないなどの為に審査不可となってしまう人もいます。

本審査は直接金融会社の窓口で行われる場合もあるし、無人契約機で行われたり、銀行ATMのTV窓口と言われるような所で行われたりしますが、いずれもやはり人間がその人となりを確認するものと思って下さい。

直接顔を合わせなくても、しっかりと申込者をチェックしていて、それが限度額などに影響する事も事実です。

機械的に素早く基準を満たしているかを審査する仮審査、人間的に細部にわたって確認し、人となりも確認する本審査。どちらの審査もカードローンにとっては必要なものなのです。
(⇒カードローンの審査についてもっと詳しく!

お金を借りると言う事は貸す方はその人が必ず返済してくれると確信して貸す、借りる方は必ず返す事を約束して貸してもらう。

それで初めて成り立つ事なのです。審査はその為にあるのですから借りる側も嘘のない申告をしなくてはいけないし、また借入したものは約束の期日にはきちんと返済しなくてはいけないのです。

そういう約束をきちんと守って行くことであなたの信用実績は着実に積まれていくのです。

審査と言うのは必ず必要だし、仮審査本審査の区別なく、自分の現在の信用状況を確認出来るものでもあると言う事ですね。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に通れなかった時の意外な理由

カードローンは仮審査が通過すれば安心できるのか

カードローンは銀行や消費者金融など様々な会社のものがあります。

最近の特徴としてはインターネットを活用したものが多く、申込みだけでなくその後の各種手続きについてもホームページ上で簡単に済ませられるものが多く、今まで利用したことがない方でも気軽に利用しやすくなっていると言えるでしょう。

現金を借り入れる時もわざわざその店舗まで行かなくても、ほとんどのATMが使えるものも多く、急にお金が必要になった時が夜間であっても安心です。

しかし、申込み方法がいくら簡単になったからといって、申込めば誰でも利用が約束されているわけではありません。

お金を借りる時は昔から審査を通過しないと貸してもらうことができず、銀行を何件もまわってやっと融資してもらえるところが見つかったなどという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

最近は実際に店舗を回らなくてもインターネットである程度はすすめていけるのでとても便利になりました。

便利になったとは言え、申込んでから審査に通過した後に本契約が出来ることには変わりありません。

審査方法は各社様々ですが、仮審査を経て本審査を行うところもあります。
(⇒審査が簡単で在籍確認がないところはある?

即日でスピーディーな契約が出来る場合もありますが、希望する借り入れ額が大きい時は審査を終えるまでに時間を要することもあります。

また、収入等の利用条件で不利なことがある方や、対面でのみ申込みを受け付けているような会社では即日というわけにはいかない場合もあります。

仮審査に通った段階でそのことを知らせてくれることもあります。

仮審査が通過すればひとまずほっと一息という方も多いでしょう。

仮審査に通れば次は本審査に進むわけですが、仮審査に通ったからといって必ずしも本審査も通るとは限りません。

会社によっては仮審査に通ればもう審査に通ったも同然という扱いのところもあるでしょう。

しかし、審査の内容は各社それぞれの基準で行っているので、どちらに重きを置いているかもそれぞれなのです。