カードローン制限っていろいろあると思うけど総量規制って何?

カードローンの規制がいろいろと厳しくなったと聞きました。利息も以前のように高くなく安心できるしイメージ的にも良くなったように思います。

これならカードローンに申込んでみても良いかと思っていますが、消費者金融と銀行とではどちらが良いのかが良く解りません。

それから総量規制と言う言葉を聞いたのですが、これはどういう規制なのでしょうか。限度額に関係するのでしょうか。教えて下さい。

年収の3分の1以上の借入を規制するのが総量規制です

以前からカードローンについての規制はあったのですが、厳しく罰せられると言う事はなく、各金融業者も規制を守る所もあれば守らない所もあると徹底しないままで営業を続けていたのです。

ところがその為に多重債務の為に破綻する人や、高い金利のせいで借りた金額はそのまま減らず長年返済を続けている人などが多く出てしまったのでもう一度見直すべきと改正されたのが貸金業法です。

改正された利息制限法は上限を20%とし、今までの出資法の29.2%の上限を20%に引き下げ、20%の利息を上限とし、刑事罰を受ける出資法の上限も同じとする事で以前のような刑事罰を受ける出資法の上限ぎりぎりの金利を設けていた消費者金融の利息を見直しました。
(⇒カードローンの金利について知りたい方におすすめ記事

そして複数社での借入れ総額を年収の3分の1以内とする総量規制も施行され、増え続けていた多重債務者に歯止めをかけるようにしたのです。

総量規制により今まで何社にもわたってカードを作り、それぞれに高額の限度額を持っていた人が突然限度額が0となり返済しても枠が空かなくなったと言うような事態になったのです。

これはあくまでも収入に見合った限度額にする為の規制なのです。この総量規制の対象は消費者金融や信販系に限られていて、銀行のカードローンは総量規制対象外です。

他に住宅ローンや医療に関わるローン、マイカーローンなど総量規制例外と言うものもあります。対象外、例外については各ホームページで確認して下さい。

様々な規制は私達消費者がカードローンによって無謀な利息の為に大きな債務を背負ったり、収入以上の借入の為に返済する事が出来なくなり重ねて何社もから借入をしてしまう多重債務でどうする事も出来なくなってしまったと言う事のないように施行されているものであり、消費者の立場に立った規制なのです。

カードローンを申し込む時には消費者金融と銀行のどちらが良いか、しっかりと自分で確かめて申込むようにして下さい。

低金利なのは銀行ですが、大手の消費者金融などでは30日間利息無料キャンペーンなどをやっていますよ。どちらにも利点があるので自分の好みで選ばれるのが良いでしょう。

【参考ページはこちら】
低金利カードローンにもデメリットはある?

カードローン制限がないのは銀行カードローン

急にお金が必要になったとき、すぐに貸してくれる友人、同僚などはなかなかいないものです。

そんなときに頼れるのが、カードローンです。数あるカードローンの中で、何を選ぶかは人それぞれでしょうが、誰もが金利が安く借りられるところでしょう。

そして、借入希望額を即日貸してもらえるのが、一番ですね。

従来は、審査が通ればカードローン制限はありませんでしたが、2010年に「総量規制」が法で定められ、年収の3分の1を超える貸し出しはできなくなりました。

借入が多くても支出が少なく、返済能力があると判断されれば、融資の増額をしてくれましたが、この法律により規制枠内までと変わったのです。

この「総量規制」が適応されるのが、消費者金融や信販会社、クレジット会社系のカードローンなどの貸金業者です。適応されずカードローン制限がないのが、銀行系カードローンになります。

消費者金融は年収の3分の1までしか貸付ができませんが、銀行カードローンは年収3分の1を超えても貸付が可能となるということです。

複数の借入があり、既に年収の3分の1の借入金額になっていて消費者金融からは借りられない場合は、銀行カードローンに頼るしかありません。
(⇒銀行カードローンとサラ金の違いは?

でも、銀行の審査は消費者金融以上に厳しく、借入することは容易ではありません。

借入合算金額が多額であっても、返済能力があると認められたり、不動産など資産がある人は、審査が通り借入できる可能性は高いでしょう。

銀行カードローンも、銀行によって金利や貸出期間、審査内容も違います。

借入申し込みをする前に、インターネットなどでリサーチし、一番良いと思う銀行を訪れましょう。

金利の上限は20%までとなっていますので、それよりいかに低い金利提示になっているかが重要です。金利が低いほど、返済婚額も少なくなり、返済が楽になるからです。

どこで借入しても、返済期日までに返済しなければ、世間から信用を失い、困ったときにカードローンが利用できなくなることを忘れないようにしてください。