三井住友銀行カードローンって使っても大丈夫?

カードローンを使いたいのですが、どれにしたらよいかがわからず悩んでいます。

そんな中、三井住友銀行もカードローンを運営していると知り、これにしてみようかと思っているところです。普通預金口座を持っているので、信頼できますし、いいかなぁと。

ところでお伺いしたいのですが、このカードローンは他のカードローンと比べて、どんな感じなのでしょうか?使っても大丈夫でしょうか?

特に問題がないようでしたら、こちらで審査を受けようと思っています。

三井住友銀行のカードローンは非常に大規模でメリットが多いです

カードローンをどれにしようか悩んでおられるのですね!三井住友銀行のカードローンは、非常に大規模であり、メリットが多いです。
(⇒三井住友銀行カードローン審査は信用情報が影響する?

もしこちらが使えるようでしたら、何の問題もないでしょう。なんといっても、契約極度額は800万円まで上げることが可能です。

これは、他の銀行カードローンと比べてみても、間違いなくトップレベルの規模なんです。

借入利率は4.0~14.5%となっており、お得に借り入れができます。また、利用可能なATMも多いのもメリットの一つです。

カードローンを利用したことがないとのことでしたね。それでは、このカードローンの利用について、流れを追いながら説明していきますね。

まず、利用する前には、審査を受けなければなりません。三井住友銀行カードローンの審査は、インターネットでの審査が可能となっています。

9~21時までに審査を受ければ、最短30分で審査結果がわかります。ATMコーナーなどに設置されているローン契約機を利用すれば、即日カードを受け取ることもできます。

カードを手に入れたら、次は借り入れです。対応しているATMで、カードを使ってキャッシングをします。

審査結果によって借り入れの極度額が提示されているはずです。この範囲内であれば、いくらでも借り入れすることができます。

例えば極度額が30万円であれば、10万円でも、20万円でもいいのです。すぐに追加で借入することも可能で、基本的に、出し入れは自由なんですね。

この時、いくら借り入れをするかによって、約定返済額が決まります。50万円以下は1万円。50~100万円は1万5千円。

100~150万円は2万円…というようになっています。

契約時に約定返済日を毎月、5日、15日、25日、月末の中から選ぶのですが、必ず、ここで決めた日までに、この約定返済額を支払わなければなりません。

お金に余裕があるときは、臨時返済も可能です。

これは次回の約定返済に繰越しされるので、はやくから支払ってしまうこともできるんです。

この臨時返済を多めにこなしておくと、利息の発生が抑えられるためお得であり、はやく完済できるようになります。

いかがでしょうか、カードローンを契約してから利用するまでの流れはこのような感じとなっています。

三井住友銀行カードローンは、非常にお得です。他と比べても遜色はありません。

また、銀行カードローンですので、自身の年収によって極度額を制限されることがありません。

たくさん利用して信用を積み重ねて行けば行くほど、極度額が増え、それに応じて借入利率は下がっていきます。

長い人生において、非常に頼りがいのあるパートナーとなってくれるでしょう。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行カードローンの与信情報はわかる?

三井住友銀行カードローン大丈夫?か不安な方へ

三井住友銀行カードローンはとても便利なのですが、有名な三井住友銀行が行っているサービスのためか、三井住友銀行カードローン大丈夫?かと心配する方がとても多いようです。

カードローンは各社で独自に審査を行っており、非公開なので実態はよくわかっていません。

しかし、インターネット上の口コミや周りを見る限り、どの銀行や消費者金融のカードローンであっても同様の審査をしていると考えて良さそうです。

カードローンの審査といえば主に2点でチェックされます。1つは所得、2つ目に借入状況です。

1つ目の所得については以前とは違い、月収制ではなくても年収による所得がある程度あれば職業に関係なく利用できるようになってきています。

そのため、これまで難しいと言われてきた主婦やアルバイト・パート、年金生活者や個人事業主もカードローンが利用できると言われています。(こちらもご参考に→年金担保型のカードローンはある?

所得については複数の所得がある場合に一番多い所得で審査を受けるのではなく、市町村が発行する所得証明書を利用することをおすすめします。

所得によっては利用する際に金利面で優遇されることも多く、また、消費者金融向けではありますが、所得の3分の1を超える現金を貸してはならないという総量規制に準拠した金融機関も多いため、所得は一部ではなく、すべての所得で審査を受けることがとても大事です。

借入状況については借入限度額に影響があります。また、総量規制も影響があるため、利用額が多い場合は借入額を減らすなどが必要になる場合があります。

借入状況については、借入件数も重要です。小額ローンが中心なのでそれほど利用していないから大丈夫と言う方が審査に落ちることがありますが、そのような場合は借入件数が多すぎると判断されたからと考えられます。

借入件数は月の支払いに強く影響することもあり、各金融機関や消費者金融でもチェックが厳しくなってきています。借入件数が多い場合はおまとめローンなどで借り換えをして一本化することをおすすめします。