社長がカードローンを認めてくれません!どうすれば…

カードローンを利用したいと思っていたのですが、先日会社の社長と飲みに行った際、そのことを話しました。

ですが、それは認められないと言われてしまいました…。

でも、どうしても利用できるようにしておきたいんです。

カードローンの審査って、会社への電話連絡があるということを聞いたのですが、これって、なくても審査に通るものってないのでしょうか?どうしたらよいでしょうか…

周りの人にバレずに利用できるカードローンを選びましょう

なるほど、会社の社長がカードローンの利用に理解を示してくれなかったのか。

心配してのことなのか、その社長の本心は分かりかねるが、本人としては、どうしても利用したいとのことじゃな。

そういった場合には、会社をはじめとして、周りにいる人たちにカードローンを利用していることがバレないように利用できるものを選ぶと良いじゃろう。

審査の際に行われる在籍確認も、条件を満たせば省略できるものもある。どれも必須、というわけではないので、安心して良いぞ。

周りの人にカードローンの利用がバレてしまう可能性がある時は、一つが審査の在籍確認じゃな。これは通常、カード会社からの電話だということは、わからないようにしてくれるものじゃ。

たとえば「○○という者ですが、~~さんはおられますか?」というくらいのもんじゃ。

担当部署や役職名なども伝えておくと、より具体的になり、怪しがられる確立は減るじゃろう。

ただし今回の場合、社長にカードローンの利用を相談しており、断られているパターンであるから、そういった電話が入ると、怪しまれる可能性もある。

もとよりその会社で、当人宛の電話が入るような人でないと、より怪しまれる可能性が高い。

それらを考慮するならば、やはり在籍確認自体を省略できるものを選ぶのがよいと言える。

省略できるものの条件としては、直近の給料明細や、会社の保険証を提示するとよい、というものなどがあるぞ。

次にバレてしまう可能性があるのは、郵便物が自宅に届けられた時じゃ。

利用明細書などが自宅に届くようなシステムになっているものだと、先に同居人に封を見られてしまう可能性がある。

それを見て怪しまれることもあるかもしれん。これは、郵便物が届かないように手続きをすれば回避できる。

明細は、インターネットのWEB明細を利用するようにしておけば良い。もちろん、そのようなシステムが整っているカードローンでなければダメじゃ。

これらをすべてまとめてクリアーするためには、窓口や電話で問い合せて、周りにバレずに利用したいという趣旨を相談してみることじゃ。

そのように思っている人は少なくないため、きちんと対応してくれるじゃろう。

バレないためのシステムが用意されているカードローンであれば、そのための手続き方法を教えてくれる。用意されていないところでは、きちっと断られるようになっている。

申し込みの段階で、記入漏れなどで失敗してしまうことも考えられるため、そういった意味からも、事前に相談しておくことは重要じゃ。参考にしてみてほしい。

【参考ページはこちら】
カードローン審査の通り方を教えて!

会社を経営している社長がカードローンを利用する場合のポイント

カードローンはさまざまな用途に利用できるのが一般的です。

生活のために使用するのであればどのようなことにも借りたお金を使用できるものも多くあります。

ですが利用目的の範囲が広いものであっても特定の目的のためには借りたお金を利用できない場合もあります。

お金を借りる消費者金融や銀行などによって異なりますが、よくある利用範囲の条件としてはあくまで生活のための資金としての利用範囲に限られていて事業などの資金には利用できないという制約があります。

こうし条件があるものの場合には、例えば会社を経営している社長がカードローンを利用してお金を借りている場合は、経営している事業に関することにはお金は使えないことになります。

ですが社長が会社の代表としてではなく、あくまで個人としてカードローンでお金を借りて、個人としての目的のためにお金を使用する場合にはそうした制約はありません。

個人の生活のための費用ならば会社の社長をしている人でも自由に借りたお金を使用することができます。

会社の社長が事業のための資金としてカードローンでお金を借りる場合には、生活用の資金という利用目的の制限が無いところでお金を借りる必要があります。

また会社の社長が事業のためにカードローンを利用してお金を借りたい場合には、事業者専用のカードローンを利用する方法もあります。

こうした種類のカードローンを取り扱っている銀行などで借り入れの契約をすれば、お金が必要になったときにスムーズにお金を借りることができます。

会社の社長がこのようなカードローンの契約をすることには、細かい金額のお金が必要になった場合のときの備えができる利点もあります。

会社の経営に大量の資金が必要になったときなどには、カードローンで借りることができる範囲の金額では対処できないこともありますが、小口の出費などならば十分に対応することができます。

利用の方法によっては会社の経営もしやすくなります。