19歳社会人でも利用できるカードローンってあるの?

僕は現在19歳の社会人です。高校を卒業してからすぐに就職して、既に一年が経過しています。

こんな僕でも、利用できるカードローンってありますでしょうか?

僕が最近お金に困って先輩に相談したとき、カードローンを強く勧められたのです。

他人にお金を借りるとなにかとトラブルがついてくることが多いから、カードローンなどの公的なものを利用しろ、とのことでした。

ですが、僕はまだ成人していないので、契約することって難しいんじゃないかなと思ってるんですけど、どうなんでしょうか…?

20歳を過ぎた段階でカードローンは利用しましょう

ほほう、カードローンを強く勧められたのじゃな。たしかに、お金の貸し借りは、非常にデリケートな問題じゃ。

思ってもいなかったようなところでトラブルが発生するということも少なくない。

きちんと返したとしても、貸し借りをした人同士の間に、溝ができてしまうこともある。

きちんと返したとしても、信用を失ってしまうのじゃな。

そのため、お金が足りなくなった時は、他人から借りずにカードローンを利用する、というのは、非常に合理的な対処と言えるじゃろう。

しかし、未成年の場合は、利用するのはまだ難しい。基本的に、カードローンの利用は20歳以上となっている。

信用が命であるカードローンでは、未成年には貸し付けを行えないのじゃ。
(⇒カードローンの年齢制限

したがって、利用したい場合は、20歳を過ぎた段階で申し込みをするのが妥当じゃ。社会人としてはやい時期から働いていたとしても、それは同じなのじゃ。

とはいえ、はやい時期から働いているというのは、決して無駄ではない。ことカードローンの審査においては、非常に有利となるのじゃ。

カードローンは信用が命だということを言ったが、これは、どれだけの期間、収入を得てきているかということも非常に大きなポイントとなる。

20歳を過ぎているといっても、収入を得てきている期間があまりにも短い場合は、信用性は限りなく低い。

しかし、高校を卒業してからすぐに働いているということは、既に一年以上のキャリアがあるということじゃ。

長く収入を得ているほど、また、長く同じ職場で働いているほどに、その人の信用は高くなる。

これはカードローンの審査において、非常に大きなアドバンテージになるのじゃ。

19歳の段階では、まだ焦ることはない。きちんと働き、安定した収入を得られれば、それはその人の信用となるのじゃ。

そしてそのことが積み重なると、やがて大きな信用となり、今後利用するであろう、マイカーローンや住宅ローンなどの大規模ローンの審査において有利となる。

すぐさまカードローンを契約したいという気持ちはあるかもしれんが、そこはじっと耐えて、こつこつと信用を積み上げよう。

【参考ページはこちら】
カードローンのおすすめQ&Aはこちら

19歳社会人はカードローンを利用できるのか

カードローンはさまざまな目的で使用してもらうことができるように、他のローンと異なり契約なども簡単にできるものが多いことが特徴になっています。

他のローンの中には契約をするときに担保が必要なものや、保証人が必要なものもありますが、そうしたものを用意する必要がなく誰にも知られずにお金が借りることができるのが魅力となっています。

契約がしやすいのが利点ですが、それでも中には契約ができないケースもあります。

消費者金融などが契約を拒むケースとしては相手に安定した収入が無い場合です。

この場合には返済がされない危険性もあるからです。基本的に安定した収入があれば消費者金融などではカードローンでお金を借りることができますが、それ以外にも多くの消費者金融などで導入されている資金を貸せる人の条件があります。

それは契約をするときにお金を貸す人が満20歳以上であることです。

多くの銀行や消費者金融などでは20歳未満の人はカードローンの契約ができないところがほとんどです。

ですから19歳社会人で安定した収入があるような人でもそうしたところでお金を借りることはできないことになります。

消費者金融などでこうした年齢制限を設けているのにはそれ以外にも理由があります。

19歳でも安定した収入があればお金を返済できるようにも思われますが、未成年者には法律上のさまざまな保護があります。

したがって未成年者にもしお金を貸した場合でも、未成年者がそれを返済できなかったとしても法律上の保護を受けることができる場合もあります。

そうしたことによる損失を避けるために消費者金融などではあらかじめ未成年者とは契約をしないことにしているのです。

ですから未成年者がどうしてもお金を借りたいという場合には20歳になるまで待つ必要があります。

満20歳以上になればしっかりとした消費者金融や銀行でお金を借りることができるので、結局は確実にお金を借りることができる近道となります。