カードローンの年齢制限ってなんのためにあるの?

カードローンを使いたいなと思ってるんですけど、これって年齢制限があるんですね。まだ僕は未成年なので、使えないようなのですが…こ

れは、何のために年齢制限があるんですか?僕はもう働いていますし、ある程度安定した収入も確保出来ていると思っています。

それなのに、未成年ということで契約できないのが残念です…、どうしたらよいでしょうか?

本人の支払い能力を求められるカードローンに年齢制限が必要です

ほほう、なるほど、カードローンを利用したいと思っているが、年齢制限の段階でひっかかってしまったのじゃな。

それは残念じゃが、利用可能な年齢になるまで、時間を置くしかないじゃろう。

なぜ、このように年齢制限があるかというと、それは単純に、返済能力があるかどうかをてっとり早くチェックするためじゃな。

適切な年齢でない場合は、金融事故などのリスクが極めて高いと判断できるからじゃ。
(⇒カードローンの年齢制限を教えて

カードローンは、信用が最も重要な鍵じゃ。自分自身の力でお金を稼ぎ、それをもって返済するというのが大前提としてある。未成年ではまだその能力に乏しいことが多い。

また、年金を受給している高齢者に対しても同様のことが言えるじゃろう。

金融事故が起こると、カード会社側は相当な被害が出る。それだけでなく、利用していた当人も、非常に苦しい状況に陥り、最悪の場合、人生を壊してしまいかねない。

そのようなハイリスクの取り引きは行わないほうがよいとされるのは、理解に難しくないことじゃろうと思う。

すでに働いていて、金銭を稼いでいると言っていたが、それならば、自信をもってよいじゃろう。そのことは、決して無駄にはならないぞ。

カードローンには、先にも申したとおり、信用が重要なのじゃ。

長く働いてお金を稼いでいるということは、それ事態が信用じゃ。同年齢でも、学生や無職の人たちよりも、よっぽどアドバンテージがある。

20歳の時点で、スタートラインが違うわけじゃ。

必ず、プラスとなって返ってくるはずじゃ。決して腐ってはならんぞ。信頼を勝ち取るためには、コツコツと時間をかけるのが最も有効な手段じゃ。

ひょっとしたら、審査の敷居が高いと言われている銀行カードローンの条件を満たすことも出来るかもしれない。

これは、アルバイト生活などの低所得者では難しく、また新社会人であっても、働き始めてすぐでは、審査に通るのは難しい可能性が高い。

それに対し、一年でもキャリアが多い方が断然有利じゃ。希望をもって仕事をしていくとよいじゃろう。

【参考ページはこちら】
無職のカードローン利用は可能?

カードローンの年齢制限にはどんな理由があるか

カードローンは、消費者金融に申請して作ったカードを所有することで、お金が必要になった際にATMで融資を受けられるシステムのことです。

急にお金が入用になっても、その都度審査をすることなく、すぐに借り入れをすることができる手軽さが人気で、利用する人も増えています。

ところで、カードローンの年齢制限はあるのでしょうか。年齢制限の下限では、まず、20歳以上でないとカードローンは作れないことになっています。

合法なものでなければ、ないこともないかも知れませんが、たとえあったとしても、親の同意がない未成年の契約は無効になります。

最近は、キャッシングやカードなどの金融商品に関しては、さまざまな制限を減らして、利用者層を増やす傾向にあります。

しかし、カードローンは、無担保、保証人なしで、本人の信用のみで成り立つ契約であり、未成年にまで利用を拡大するのは、会社側のリスクがあまりに大きいのです。

また、20歳以上であっても、学生であって収入などがない場合は、親の同意が必要になる場合もあります。

次に、年齢制限の上限はどうでしょうか。何歳までカードローンを作ることができるかは、その会社や銀行によってさまざまのようですが、一般的に60~65歳前後で上限を設けているところが多いようです。

退職し、年金生活となると予想される年齢を、ひとつの目安としているようです。しかしながら、今は60代でも精神的にも肉体的にも若い傾向にあります。

定年後も何らかの形で収入を得ている人も多くいますし、やりたいことや夢をたくさん持っていて、まだまだお金が必要になることも多いでしょう。

ですから、このような面を反映して、これからカードローンの年齢制限もどんどん上がっていく可能性もあるでしょう。

カードローンの審査は、年齢ばかりでなく、年収や勤続年数、過去の借り入れ履歴など、さまざまなポイントが考慮されます。

年齢制限で問題なくとも、他の項目で引っかかる場合もあり得ます。

いずれにしても、一番のポイントは、返済能力があるかどうかです。

カードローンを利用する際は、自分の生活状況などを充分考慮して、賢く借り入れをしましょう。