カードローンの利用上限を上げられる基準ってどんなことかしら?

先日、カードローンの契約が無事にできました。アルバイトしかしていなかったので、正直、審査に通るかどうか不安だったんですけれど、なんとか大丈夫だったようです。

でも、利用上限額が、思ったより低かったんです…、でも、通らないよりはいいかなとは思ったのですが、これを上げていく方法ってあるのでしょうか?

もしあるのだとしたら、上限を上げられる基準ってどんなことがあるか、教えてくれませんか?

利用上限を上げるにはコツコツと利用するのが一番の近道です

カードローンの審査に通ったのですね!おめでとうございます。その利用上限をできるなら上げたいと考えておられるのですね、わかりました。

その方法、そしてその基準について、わかる範囲でお話ししていきましょう。

まず大前提なのは、カードローンは、「信用」で成り立っているということです。利用上限というものは、いわばカード会社があなたに対しての信用の指標とも言えます。

ということは、信用を付けていきさえすれば、利用上限はあげられる可能性があるということなんですね。

では、どうしたらよいのか?それは至って単純、シンプルです。「カードローンを利用すること」と、「返済日をきちんと守ること」、この二点だけです。

カードからすると、審査に通したばかりの利用者は、まだ信用性については白紙の状態です。

もちろん、収入や勤続歴、勤めている会社などから、あらかたどの程度信用してよいかというのは検討しています。で

すが、付き合っていく中で埋めていくページは、まだ白紙。ここに、利用者とカード会社のやり取りの歴史を書き込んでいくんですね。

カードローンを全く使用しなければ、ページは埋まっていきません。

ここが変わらないという事は、カード会社からあなたへの信用度は、変わっていないことになります。

よいやりとりの歴史がいっぱいあったほうが、相手を信用できるようになりますよね。

ですから、カードローンの利用上限を上げるためには、きちんと返済日を守りながら、利用を続けるしかないんです。

非常に地道で、時間はかかるかもしれません。そして上限変更の基準に達したら、変更手続きがとれるようになります。

その都度、審査を受けなければならないものや、基準に達した時点でカード会社から上限変更の手続きができますよといった通知が来るものもあります。

カード会社の方針によってシステムや基準はさまざまなので、問い合わせをするかホームページをチェックするなどして、あらかじめ利用するカードローンについて確認しておきましょう!

利用上限が変更できると、メリットが非常に多いです。利用可能額が増えて安心できるというだけでなく、借入利率が下がるものも多いです。

また、借り入れ履歴があると、カーローン、住宅ローンなどの大きい借入審査の時に役に立ってくれることもあります。まさに、一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
カードローンの増額は在籍確認ある?

カードローンの借入金額。上限の基準って何なの?

カードローンを利用する際、借り入れることができる金額については常に制限が課せられることとなります。

この借り入れの上限については「限度額」と呼ばれることが多いのですが、それではこの限度額についてはどのような基準で決定されることとなるのでしょうか。

カードローンの限度額を決定するという際には、大きく分けて二種類の情報が利用されることとなります。

まず一つ目の情報となるのが「その消費者の信用」です。

例えばそれまでのカードローンを含めた借り入れにおいて、どれくらいの金額を借りたのか、また返済はどのようにしているのかということは「どれだけ貸し付けることができるか」を判断する上で非常に重要な情報源になります。

特に日常的にお金を借り入れて、それを問題なく期限内に返済しているというような場合なのであれば、借り入れの上限は契約当初からでも比較的高い水準となるでしょう。

二つ目の情報となるのが「その消費者の年収」です。

これは消費者金融系と呼ばれる業者に限った話にはなりますが、現在の貸金業法では貸金業の貸し付けにおいて様々な制約が存在しています。

なかでも特に上限金額に対して与える影響が大きいのが「総量規制」です。

これはかつて、借り過ぎによって債務を履行することができなくなったというような人が多発したためにつくられた規制なのですが、これによって消費者はそれがどれだけ信頼できる人であったとしても、「貸金業者からの融資は年収の1/3まで」という制限がつくこととなりました。

そのためどれだけ信用が優れていたとしても、年収が低かったのであればすぐに総量規制によって借入金額の上限に達してしまうこととなります。

信用は問題ないにもかかわらず借り入れることができる金額が少ないというような場合には、この総量規制の部分はどうなのかということを考える必要があるでしょう。

こうした借り入れの条件ということは総量規制を除いて法律で決まっているわけではないため、それぞれのカードローン業者の基準に基づいて決定されることとなりますが、カードローン全体の基準としてはこれら二つの情報が非常に重要となるのです。