在籍確認無しで利用できるカードローンってあるの?

私は、つい最近カードローンについて知ったのですが、これって、とっても便利なんだなと思いました。

今までお金に困ったことはなく、友人などからも一度もお金を借りたことはありません。

こんな私ですので、審査は受けてみようかなとは思っても、どうしても会社への電話連絡というものに対して気が引けてしまいます。

お金のやり取りについて免疫がないので、周りの人に知られたくないんです。

できることならば、この電話連絡がなくっても利用できるものがよくって、理想なのですが、そういったカードローンってありますか?

在籍確認を省略できるカードローンはあります

なるほど、カードローンを利用したいが、会社の仲間などに知られるのはまだ気が引けるのじゃな。

そういった悩みを持った人は、実は少なくないんじゃ。

そういったお客のニーズに応えるためにも、会社への電話連絡をはじめ、さまざまな手続きが身近な人にばれにくいようにようにシステムが組めるカードローンも増えてきておるのじゃ。

カードローンの利用で身近な人々にばれてしまう可能性があるのは、審査の時の電話連絡(在籍確認)が行われるときがひとつ。

そして、利用明細書やローンカードなどの郵便物が届いた時じゃな。

まず前者じゃ。これは、勤務先での最も近い給料明細書や、会社の保険証などを提出することで、省略できるものがあるんじゃ。その他にも、利用限度額が少なめの、簡易型カードローンであれば、省略できるといったものもある。希望する限度額を少なめにしておくことで審査が簡略化されるものがあり、それならば在籍確認が行われる可能性は低くなる。

次に注意しなければならないのは、郵便物じゃな。

これは、明細書などの書類をすべて紙面ではなく、メールまたはインターネットのページ上で全て処理できるようにすればよい。

もちろん、そういったサービスを行っていないカード会社もあるので、事前の確認は必須じゃ。

それともう一点、最も注意しなければならないこと、それは、審査確定後にある。

いくらバレないようなシステムが組めたからと言っても、延滞、滞納などをしては絶対にダメじゃ。

まず、返済日を過ぎても約定返済がなされなかった場合、カード会社は登録した連絡先に電話を入れてくる。

この電話が確認されたら、なるべくはやく連絡をとろう。もし出られなかった場合は、すぐに折り返すように心がけるんじゃ。

いかがじゃろうか?つい審査の後のことまでも説明してしまったが、いずれの場合でも、カード会社への意思疎通は行っておいたほうがよいじゃろう。

審査の前段階から、「身近な人にバレないようにしたい」との趣旨を伝えておくのじゃ。そうすることで、すべての申し込みがスムーズにいくじゃろう。

そういったシステムがもともとから無い場合は、門前払いを食うだけじゃ。無駄な申し込みをする必要がなくなるぞ。

【参考ページはこちら】
在籍確認なしのカードローンは審査とおりにくい?

在籍確認無しのカードローンも探せばあります

カードローンやキャッシングの審査というのは、不動産などの担保提供や保証人をつけずに申し込むことができますので、比較的内容も簡単で、時間も短くてすむようになっています。

金融機関によって審査の内容は若干異なってきますが、通常は申込書に記載された内容や本人確認書類のチェック、信用情報の調査、在籍確認のための職場への電話などが主なものとなっています。

消費者金融系などのスピーディな審査を売りにしているところでは、これらすべてが終了するまでに数十分程度しか要しませんので、即日融資が可能なところもたくさんあります。

在籍確認の電話では、業者名は名乗らずに、担当者の個人名や部署名などで連絡をしてきますので、借り入れのことを職場の人に知られる心配はありません。

電話の内容も本人であることを確認した後で、カードローンの申し込みをしたかどうかを聞いてくるだけですので、それほど時間がかからずすぐに終了します。

それでもこういった電話を受けるのが嫌だという人は、在籍確認無しの業者を探してみるとよいでしょう。

在籍確認無しの業者は数としてはかなり限られてしまいますが、全くないというわけではありません。(こちらもご参考に→会社や自宅に連絡不要のカードローンはある?

検索してみるといろいろな業者がヒットしますが、こういった好条件の業者は金利が高かったり、場合によっては違法業者である可能性もありますので、信頼できるところかどうかは事前にきちんと調べておきましょう。

職場に電話がかかることがあまりない仕事の人や、取り次いでもらうのが困難な人などのために、書類確認のみで融資をしてくれる正規の業者もいることはいます。

業者の探し方としては、利用者の評価が高いところ、おすすめの業者として比較サイトなどで紹介されているところなどを優先的に選ぶと良いでしょう。

逆に、こういったところに名前が載っていない業者というのは日が浅いか違法業者の可能性が高いため、できれば避けたほうがトラブルに巻き込まれる可能性が低いです。