カードローンは複数社利用するとよくないって言われるけど本当?

僕、カードローンについていろいろと友人に聞いてみたんですけど、なんだか複数のカードローンを同時にいくつも使うのだけはやめておいた方がいいと言われました。

これって、本当なんでしょうか?

たくさんのカードローンを使えるようにしておいたほうが、たくさん借りられますし、メリットがないわけじゃないと思うんですが…どうなんでしょうか?詳しく教えていただけませんでしょうか?

カードローンを複数同時に利用するのはやめましょう

なるほど、カードローンの複数同時利用を、友人に止められたのじゃな。

その理由を知りたいというわけか、わかったぞ、それでは、そのデメリットを詳しく教えよう。

第一に言えることは、「複数同時利用は、金融事故を引き起こす確立が格段に高い」ということじゃ。

これを聞いただけで、駄目なんだろうということがわかると思う。その内容について、次から説明していくことにする。

複数同時に利用するということは、「決められた返済日が、月に何度もある」ということになる。カ

ードローンでは、約定返済日というものがある。自分自身で自由に決められるものや、いくつか指定された候補日の中から選ぶものがある。

約定返済がなく、随時返済のみのカードローンもあるが、ここではひとまず、置いておこう。

返済回数が複数となると、それだけでスケジュール管理や、返済計画を立てるのが大変になってしまう。

返済したかどうかがわからなくなり、ついうっかり返済を忘れてしまった、ということが起きやすくなってしまう。

それが何度か繰り返されると、やがてブラックリストに登録され、口座を凍結される。

そうすると、他のカードローンからまた多く借り入れをせねばならない状態となり、返済が回らなくなり、利息がどんどん大きくなる…という最悪の事態が考えられる。

利息の総額が高くなってしまうというのもデメリットのひとつじゃ。

カードローンは、借入限度額や借入総額が上がれば、借入利率が下がるものが多い。

利息制限法にも、100万円以上の借り入れには15%しか利息をとってはいけないということになっている。

しかし、複数の会社から借り入れをしていたとすると、たとえ合計の借入総額が100万円を超えていても、一社あたりの借り入れが100万円に届いていなければ、100万円未満の借入利率で利息計算されることになる。

消費者金融のものだと、上限利率の18%あたりで設定されていることが多く、非常にもったいないということになる。これが、利息の支払総額が大きくなってしまう原因じゃ。

このように、複数同時利用は、メリットがあるようで、落とし穴が非常に多い。

また人間の性格上、そういった落とし穴にはまってしまうとなかなか抜け出せなくなってしまうことが多いのじゃ。

カード会社もそれはわかっており、審査の段階で、他のカード会社にも同時に申し込みをしていることがわかった場合、門前払いにするところもあるくらいじゃ。

複数同時に利用するくらいであれば、一社ないし二社あたりに絞って利用したほうがよっぽどメリットが多い。

たくさん借り入れを利用すると、信用がつく。信用がつけば、限度額を上げられる。限度額が上がれば、借入利率が下がる。

そして、月々の返済回数は少ないので、管理が楽…というように、メリットが多いのじゃ。

カードローンを利用する際には、これらのことを頭に入れておいて欲しいと思う。

【参考ページはこちら】
カードローンは2社同時に利用して大丈夫?

複数社のカードローンを使っている人にはアイフルがおすすめです

現在の消費者金融業者が行っているカードローンのサービスは、とても利便性が向上していると言えるでしょう。

パソコンやスマートフォンさえあればインターネットから消費者金融会社のホームページにアクセスをして、インターネット上で借り入れの依頼をすることができるので便利です。

審査も通りやすい消費者金融業者が多くなっていますので、手軽にお金を借り入れることができます。(こちらもご参考に→カードローンを利用出来る会社を教えて

カードローンの利用に慣れてくると、複数社の消費者金融業者に申し込みを行って融資を受けたいと考える人もいるでしょう。

複数社の消費者金融から借り入れを行うと、返済が難しくなってくることが考えられます。

金利の高い消費者金融業者もありますので、複数社から借り入れを行っているときには一本化することで返済計画を立てやすくすることができます。

複数社の消費者金融から借り入れをしている人が一本化するためにおすすめできるものは、アイフルのカードローンです。

アイフルには借り換え専用の商品やおまとめ専用の商品があり、低金利で融資を受けることができるのでおすすめです。

低金利のカードローンに一本化することによって、現在支払いっている返済金額よりも支払いを減らすことができます。

アイフルは年齢が満20歳以上から70歳未満の安定した収入を得ている人が融資を受けられますので、多くの年齢層の人が借り入れることが可能です。

アイフルのおまとめ専用商品は、総量規制の適用対象外のサービスとなりますので、年収3分の1の融資額を超えても借り入れができるメリットがあります。

アイフルはインターネット上からの申し込みにも対応していますので、来店する必要なく融資が受けられて便利です。

アイフルには女性専用のレディースローンのサービスが行われていますので、女性の利用者にも積極的に融資を行っていると言って良いでしょう。

レディースローンを利用することで、必ず女性スタッフが対応してくれますので、女性のカードローン利用者の方が申し込みしやすいサービスとなっています。