銀行カードローンは何社まで借りれるのでしょうか…

私は、カードローンを使いたいと思っているのですが、正直、利用限度額というものが引っかかってしまい、困りそうです。

複数のカードローンを使えれば、そういった心配をしなくても良さそうなものですが…この銀行カードローンは、何社くらいまで同時に借りることができるのでしょうか?

複数同時に利用するのはできない可能性があります

なるほど、確かにどのようなカードローンにも、借入限度額というものがあるな。これを見て、利用者は「少ない」と感じることがあるかもしれん。

その為に、複数社に同時に利用申請をしようというのは、考えるには自然の流れであるといえる。

しかし、これはうまくいかない可能性がある。なぜならばカードローンを運営する側からすれば、複数同時利用である多重債務状態をあまり好ましい状況とは思わないからである。

多重債務状態となった利用者は、金融事故を引き起こすリスクが非常に高くなってしまう。

その理由のひとつに、返済日が月に何度も来てしまうため、スケジュールや支払いの管理が困難となり、ついつい落としてしまいがちになるからじゃ。

一度や二度程度であれば許されるかもしれんが、三回もミスをしたとあれば、カード会社の対応も変わってくる。最悪の場合、ブラック登録されてしまい、口座を凍結されてしまう可能性もある。

そうなると、大変じゃ。カードローンの利用可能額をあてにしていると、それが利用不可能になってしまう。

そこからどんどん歯車がずれていき、支払いが回らなくなり、利息は増え続け、あっというまに破産まで近づいてしまう可能性がある。

少額の借り入れを複数行うことで、借入利率が高い状態というのも一因じゃ。

ひとつの会社からの借り入れを多くすると、それに応じて借入利率は下がる場合がある。

そのためにも、カードローンを利用する場合は、なるべく少数のもの、できれば一社に絞って利用するのがよいじゃろう。

特に銀行カードローンは、総量規制の対象外であるため、年収に関係なく、借入限度額を上げていくことが可能じゃ。

信用がついてくれば、どんどん枠が広がり、借入利率は下がっていく。一社に絞ることで、その会社の利用回数が増え、信用を積み上げやすくなる。

ちまちまと少額の借り入れを繰り返すよりは、断然はやく信用を得ることができるじゃろう。

そしてそうしたほうが、月々の返済回数は少なくなり、総合すると利息の支払総額はぐっと抑えられる。返済計画を立てるのも容易となるため、自己管理しやすくなる。

このように、様々なメリットが考えられる。複数同時利用は、ハイリスクであるかわりに、目立ったメリットはあまり無いように感じる。

是非ともカードローンの申し込みをするときには、参考にしてみてほしい。

【参考ページはこちら】
銀行カードローン3枚持ってるけど新規で借りられる?

銀行でのカードローンで何社借りれるかについて

人生において、急な不幸に見舞われたり突然に赤字を補う必要があったりなど急な出費が必要となる時期があります。

そんな時に役に立つのがカードローンです。

これでカードだけでも作っておけば急な出費には対応できます。そのためにいちまいは作っておくと安心です。

しかし注意が必要なのは、カードを作るとその限度額までは借り入れが可能ということですので、自動貸し出し機でお金を出すとその時からすぐに利息の計算が始まりますので、すぐに返さないと借金が増えていくことになります。

そのため便利だからと言って何社も借りていると借金で首が回らなくなってしまうのです。

最近ではローン業者も消費者のその事情に通じていて、カードローンの審査の際には他社からの借入額を考慮してその人の返済可能額を考慮してから審査の是非を決定しますので、何社借りれるかはそのカードローン業者の審査方法によるということになります。

カードローンを組むことができる業者は大きく分けて銀行と消費者金融がありますが、このうち前者はカードローンを組む際の審査が厳しい傾向にあります。

これは銀行はその資本金や融資額が高額となっていることから基本的には企業に対して融資を行うものであり、個人に対して貸付を行うローンはあくまでも例外という点がありますし、また消費者金融と比べて利率が非常に低く、一桁しかとらないというところも少なくありません。

それらとの関係から審査が厳しくなっているのです。

そのため銀行ではすでに他社からの借り入れがあり返済できていないというときには、融資を受けることができない可能性が高いといえます。

これと逆に消費者金融ではすでに銀行で融資を断られた方が借り入れに来ることを考慮しているので他社からの借り入れがあってもそれだけでは断られる理由にはなりません。

ただこういった消費者金融の中でも銀行グループが経営している消費者金融、たとえばアコムやプロミスなどは審査が厳しいです。