カードローンの限度額を調べる方法って?

カードローンについて聞きたいんだけどさ!これ、限度額ってのがあるんだろ?どうやって調べればいいんだ?

契約すると、自動的に決められるんだろうってことはわかるんだけど、教えてくれるんかね…。

借りようと思っていたら急に「限度額満額です!」なんて言われてショックを受けるのは、いやだなぁ…

限度額を調べる方法はカードローンによってさまざまです

ほうほう、うむ、その気持ちはわかる。言いたいことはすごくよく分かるぞ。

基本的にカードローンでは、審査を受けて通ったという結果が来ると、限度額はいくらに設定されたかというのも同時に通知される。

その後、確認したい場合は、それぞれのカード会社のシステムに則って確認しよう。

カードローンの中には、ホームページに個人ページが作られるものがある。IDやパスワードを使ってログインするというものじゃな。

ここで限度額の確認ができるものがある。そのページで振り替えの申し込みをしたり、限度額変更の申し込みをしたりなどもできるという、非常に優れたものがあるのじゃ。

それ以外の方法としては、ATMで確認するものや、電話でしか確認できないものもある。

さまざまで絶対にこれで確認できるという方法はない。カード会社に、確認方法をあらかじめ確認しておこう。

確かに、借り入れをしようと思っていたのに、限度額満額まで使っている状態だったというのは、非常にがっかりくるじゃろう。

そればかりか、立てていた計画まで大きく崩れかねない。そういったことにならないためには、きちんと自身の借入状況、限度額、残りの利用可能額を把握しておく必要がある。

なぜかカードローンを使う人の中には、そういった把握を放棄して、成り行き任せで利用しておる人がいるようじゃ。

確かにそういった努力をしなくても、安心して利用できるカードローンがないわけではないが、それだとちょっと損をしている可能性がある。

そう、カードローンを利用するには、限度額をはじめとした様々な情報を把握し、自身の行動をコントロールする能力が求められる。

簡単に言えば、「きちんとした返済計画を立て、実行できるか」ということでもある。

限度額、利用可能額が分かっており、利息計算もなんとなく頭に入っておけば、毎月の支払いでどの程度元金が減り、どの程度利息が発生するかということがわかる。
(⇒カードローン金利に関するおすすめ記事

この能力があれば、自身がどのように身を振れば良いかが想像できる。

「今月はちょっと余裕があるから、多く返済にまわそう」とか、逆に、「ちょっと余裕ないけど、これくらい用意ができていれば大丈夫だから、いくらまでなら使えるな」とかいうことが判断できる。

それが可能であれば、返済遅れなどの金融事故の発生率をグッと抑えられる。

情報をきちんと把握する癖をつけておくことは、いいことじゃな。

【参考ページはこちら】
カードローンの総量規制って何?

お手元の各種カードローンの限度額を調べることで!

社会人の方などを中心に、学生、主婦に至るまで多くの方がクレジットカードを利用するようになり、現金をあまり持ち歩かないようになったとき、急な入用で現金を銀行口座に確認してみて初めて残高が想像に少ないことに気づく人も少なくありません。

しかし、クレジットカードには利用する際には限度額が設定されており、この一定の金額を設定することによって、利用者が陥りがちな使いすぎから守ろうとしています。

もちろんこれはカード会社自身が損益を蒙らないようにしている手段でもあるのですが、双方にとって大きなひとつの砦のような役割を果たしています。

カードローンのケース同様に、利用者から申告された所得に応じて利用限度額が設定されています。

カードローンの利用の際は、まずこの限度額を調べることから始め、返済の計画目途を念頭に置くことが重要です。

利用限度額は、毎月のクレジットカードなどの使用明細書に記載されていたり、ウェブサイトからカード会社へ登録すれば簡単に調べることができます。

また、何か大きな買い物を予定している際などには、カード会社に事前に相談すれば一時的に利用限度額を引き上げることもできます。

もちろん反対に、使いすぎている場合を考慮し引き下げることもできます。

また一時的ではなく、限度額の引き上げの申請なども可能で、各業者へ申請することができます。

これらの利用限度額は、通常本人の収入や、勤務先、職業、勤務年数などの事項や、過去の金銭事故の有無などや、資産なども審査対象となります。
(⇒カードローンの審査基準って?

また、返済能力や、過去の借入実績等も考慮されます。

ただし利用者の年収の3分の1を融資金額の上限として設定されているので、たとえ、複数のカードを利用したとしても、信用調査機関などの仲介によって、利用者の総利用額が把握できるようになっているため、この年収の3分の1を超える額の融資を受けることはできません。

計画を立て、賢く使うことによっては安心して、より効果的に利用できるサービスです。