カードローンを同時に審査したらいけないって本当?

カードローンの審査を受けようと思って、いくつか候補を出してみたんですよ。

そして、第一希望からずらーっと並べて、手当たり次第一気に申し込みをしよう!と意気込んでいたら、友人から、「それはやめておいたほうがいいぞ、とりあえず審査を受けるなら一社にしておけ」と言われてしまいました。

すごいショッキングでした。どうしてダメなのでしょうか?というか、それって本当の話なんですか?

友人を疑いたくはないのですが…、審査に落とされてしまうと、次の審査までにタイムラグができるから嫌なんですよねぇ…なんとかなりませんかね?

いかなる理由でもカードローンの複数同時申し込みはやめましょう

なるほど、カードローンの複数同時申し込みを、友人にとめられたのじゃな。それは、非常によい友人を持ったな。

アドバイスをもらえて、非常に助かったと言えるじゃろう。なぜなら、カードローンにおいて複数同時申し込みは、タブーとされているからじゃ。

最悪の場合、いわゆる「申し込みブラック」と言われる状態に陥ってしまう。

そうなると、どこのカードローンの審査を受けたとしても、門前払いを食うようになってしまう恐れがある。

なぜ、複数同時申し込みがだめなのか、それは、カード会社が複数同時利用という多重債務状態をあまり好ましく思わないからじゃ。

多重債務状態の利用者は、破産や延滞といった金融事故を引き起こす可能性が非常に高いことが原因として挙げられる。

そのようなハイリスクは、わざわざ取ることはないと考えるのが普通じゃ。

そして、誰が、いつ、どこに申し込みをしたかという情報は、信用情報期間を通じてリアルタイムに共有されている。

これが、申し込みブラックにできるシステムの基盤となっている。

要は、リスクの高い人への貸し付けをお互いにしないように、カード会社同士で情報提供しているということじゃな。

このシステムがある限り、複数同時申込はできないようになっているんじゃ。

複数同時申し込みの事実が発覚すると、その人の信用情報に大きく傷をつけることになる。

「あ、この人はたくさんお金を借りる理由がありそうであぶないな」という印象を持たれてしまいかねん。

申し込みブラックにまでは行かずとも、審査に落とされる可能性は限りなく上がるじゃろう。

それに、もし同時申し込みがスルー出来たとして、複数社から利用可能と判断されれば、ついつい利用したくなってしまう可能性が…ないとは言い切れない。

もともと持ってさえいなければ、借りようなんて発想にはならんからな。

その方が安全と言える。カードローンの利用は、なるべく一社に絞ったほうがよいじゃろう。

【参考ページはこちら】
同時期に何社ものカードローンを申込んでもいい?

カードローン同時に審査したら問題になることはあるの?

カードローンで行われる審査は、かつてと比べると格段にスピーディーなものになりました。

特に早い場所では即日審査、つまり審査の申し込みをしたその日のうちに結果が出るというようなことはもちろん、1時間以内に結果を教えてくれるということもあり得ます。

そうした中ではそれぞれの業者の結果を確認して、もし審査を通過できなかったのであれば次の業者に申し込みをするというようなこともできるようになりましたが、時にはそうした行為があまり良くないと言われることもあります。

それでは「カードローン同時に審査したら問題になる」というのは本当のことなのでしょうか。

これは「基本的には同時に複数の業者に対して審査申し込みをするべきではない」ということが答えになります。

確かに法律などでは同時申し込みを規制するものは無いのですが、業者からしてみれば、短期間に複数の業者に対して審査の申し込みをしているというような人は「お金に困っている消費者」という印象を与えてしまいます。

お金に困っている人というのは、収入が減少していたり、出費が増えていたり、事情は様々ですが「返済能力が低下している」と判断されることとなります。

そのため短期間に同時に、もしくは集中的に複数の業者に対して審査申し込みをしているというような消費者に対しては、非常に厳しい審査が行われることとなってしまうのです。

「審査の申し込みが他社にばれることは無いのではないか」と考える人もいますが、実際には審査の申し込みは信用情報に全て記録されています。

何月何日にどの業者に審査を申し込んだのか、またその結果はどうだったのかということは、信用情報機関に登録をしている業者ならば誰でも確認できることとなっているのです。
(⇒カードローンを利用できる会社はどこ?

こうした「複数の業者に一度に申し込んでしまい、審査が通過できなくなっている人」は「申し込みブラック」や「審査ブラック」と呼ばれることもあるのですが、一度このようになってしまうとその後半年はカードローンの審査が厳しくなります。

カードローンの審査を申し込む場合には、なるべく期間をあけて申し込むように心がけましょう。