三菱東京UFJカードローンの本審査に落ちたらどうしたらいい?

わたしは、カードローンの審査を受けてみようと思っています。

どれにしようかずっと悩んでいたんですけど、UFJ銀行のカードローンにしてみようかなって思いました。

理由は、すでに普通預金口座をもっているからという、非常に簡単な理由ですね。

この審査にもし、落ちてしまった場合って、どうしたらいいのでしょうか?

なるべく審査に落とされずにしたいので、その場合のコツなどもあれば教えてほしいです。

カードローン審査に落ちてしまったら時間を開ける必要があります

三菱東京UFJ銀行のカードローンを使いたいとかんがえていらっしゃるのですね!

UFJ銀行のカードローンといえば、「バンクイック」!これは非常に便利で大型なカードローンとして有名ですね。

この審査に落ちてしまった場合はどうしたらいいか…ということですが、そういった場合は、しばらく時間をおいて、再度申し込みをするか、他のカードローンを探すしかないでしょう。

同じバンクイックに申し込みをするのであれば、はじめに審査を受けたときよりも、ある程度自身の状況がよくなっている必要があります。

収入が増えていたり、勤続歴が更新されていたり、といったことでしょうか。

カード会社側から見て、評価点になる項目の段階をいくらか上げられると、次に審査を受けたときには、通る可能性があります。

次の選択肢としては、他のカードローンを選ぶ、という方法ですね。こちらの場合は、先述したものよりは機関を置く必要はありません。

ただし、審査結果が出てすぐに他の審査を受ける、というのは避けましょう。

数週間を目安にある程度、期間をおいたほうが安全です。いくつも連続して審査を受けてしまうと、その事実だけで、信用に傷がつくおそれがあります。

それを避けつつ、かつ、審査に通りやすくなる方法は、あまり目立たないことですね。

連続で審査を受けるのもそうですが、派手にやりすぎると、印象が悪くなります。

ですから、それらに配慮しつつ、なるべく審査の敷居が低いと言われているものを中心に候補を絞れば、より、審査に通る可能性が高くなります。

審査は非常にデリケートなもので、カード会社は入念に申請者のさまざまな情報を判断し、通すかどうかを判断します。

複数同時申し込みは、カード会社からすると信頼にかける状態です。カードローンの審査を受けるときには、カード会社からの目線で考えると、見えてくるものがあります。

審査に落ちてしまったとき、普通、どの部分が引っかかって落とされてしまったのか、何が足りなかったのかということは、教えてくれません。

ですから、ある程度は補完しながら考えるしかありません。もし落とされてしまっても気を落とさず、次の挑戦に向けて前進しましょう!

【参考ページはこちら】
三菱東京UFJ銀行カードローンの増額審査に通るには

三菱東京UFJ銀行のカードローンにおける本審査時間

カードローンは急な出費が必要な時に使える融資です。

事前に銀行に申し込んでおきカードだけでも使っておけば、カードを持っているだけでは利息は発生しませんし、使うときには自動貸し出し機があればどこでも24時間限度額まで融資を受けることが可能です。

そんなカードローン業者で強い勢力を持っているのが三菱東京UFJ銀行です。

ここでは2種類のカードローンがありスピーディな融資を受けることができるバンクイックと口座の残高不足を自動で建て替えてくれるマイカードプラスがあります。
(⇒三菱東京UFJ銀行カードローン審査は緩い?

バンクイックというカードローンはインターネット申込みで最短30分で申し込みから本審査を終えることができるというとても早く融資を受けることができるローンで、突然の出費にも十分に対応することができます。

しかも金利は5パーセントから15パーセントと幅があり契約内容によっては非常に低金利で融資を受けることができます。

このように低金利で融資を行うことができるのは、銀行ならではで多額の資金を扱うためにカードローンにおいても返済の確実性を確保するために低金利にしているのです。

また消費者金融のように個人個人の債務者に返済を求めていくわけにもいかないため、返済がしやすい金利にしているのです。

しかも三菱東京UF銀行ローンの審査はそのグループの傘下にあるアコムという消費者金融が審査を行うために、消費者金融の基準で融資の有無を決定しますので、銀行からの融資であっても必ずしも厳しいというわけではなくなっています。

さらに借入資格がある方も収入のある方としてパートやアルバイトの方にも広げていますので、非常に融資を受けることがしやすい状況にあります。

こういった銀行による融資が受けやすい状況になった背景としては2011年の総量規制があります。

これにより、年収の3分の一を超える貸し付けが不可能となったため、銀行としてはお客さんを得るために門戸を広げていくしかないのです。