銀行カードローンはブラックでも融資してくれることなんてある?

いやー、参りました。私、消費者金融のカードローンを使っていたんですけど、ちょっと甘く見ていて何度か滞納してしまったら、ブラックになってしまいました!

今返済を続けている最中なのですが、やっぱりカードローンが使えない生活というのは不便なものでして、なんとか使える方法はないかと考えているところです。

先日、友人から、消費者金融のカードローンでダメなら、銀行カードローンなら使えるんじゃない?

と言われたのですが…そんなことってあるのでしょうか?

もし融資してくれるんだったら、是非とも契約したいと思ってるんですけど、どうなんでしょうか?

ブラックになったら銀行カードローンの利用も厳しいでしょう

なるほど、ブラックになってしまったんですね!うーん、そうなってしまっては、たとえ銀行カードローンといえども、利用は難しいかもしれません。

でももしかすると、利用できる可能性もあります、それを確認する方法をご説明しますね!

ブラックリストの仕組みがどうなっているかというのは、ご存知でしょうか?

消費者金融の一社でブラックになると、他の消費者金融の利用もできないということをご存知のようですので、把握されてる部分も多いかと思います。

滞納を繰り返すと、「延滞」という情報を、その利用者の信用情報に登録されてしまいます。

このマイナスな情報が貼られてしまった状態を、ブラックの状態といいます。口座を凍結される場合もありますし、様々な処置が施されますね。

そしてその信用情報は、「信用情報機関」というものを通じて、カード会社同士で共有されます。

消費者金融が主に加盟している信用情報機関。銀行が主に加盟しているもの、信販会社が主に加盟しているものとがあります。

これらの機関は複数あり、カード会社はそれぞれこの中からいくつかの機関に加盟しているのです。

消費者金融と銀行の間ならば、加盟している信用情報機関が違う可能性があります。

その場合、いずれかでブラックになったとしても、もう片方は利用できるということになります。

そのため、ブラックになったカード会社が加盟している信用情報機関を調べることで、利用できる可能性のあるカードローンを探せるのです。(こちらもご参考に→カードローン会社探しならこちらもおすすめ

要は、ブラック情報が登録されているところに加盟していないカードローンを探せば良いのです。

ただし、これにも落とし穴があって、銀行カードローンの保証会社が、消費者金融系の保証会社なことがあります。

この保証会社の審査も通らなければならないのですが、この保証会社が、ブラック情報を把握できている可能性があるのです。

これらのことから、利用できるカードローンを探すのは、非常に困難ということがわかります。

とはいえ、可能性は0ではありませんので、根気強く探していれば、見つかるかもしれません。窓口で問い合わせしてみるのも有効です。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に通るための秘訣

銀行カードローンブラックでも融資してくれる?

銀行のカードローンを利用したいけれども、銀行カードローンブラックでも融資してくれる?と言う疑問を持つ人もいます。

消費者金融などの場合は、ブラックの状態ではお金を借りることが出来ないと言われているわけですが、銀行であればブラックの状態でもカードローンの申込みが出来るのではないか、というイメージを持つ人もいるのです。

カードローンは専用のカードや普通貯金口座で利用しているキャッシュカードに、カードローン枠を付けて、利用限度額の範囲内で繰り返しお金を借りることが出来る便利なローンです。

また、ブラックの状態と言うのは、過去に利用をしていた借金の返済が困難になり、自己破産をしたり、借金返済を数か月間滞らせて延滞してしまった経緯を持つ人の事を意味しており、自己破産や延滞は金融業界の中では金融の事故を起こした人であると判断されてしまうのです。

また、ブラックリストと呼ばれるリストが有るのではなく、信用情報機関が管理を行っている個人信用情報に、これらの記録が行われることをブラックの状態、ブラックリストと呼んでおり、ブラックリストと言うものがあるのではないのです。

また、自己破産と言うのは債務整理の手法の1つであり、返済能力が無いと裁判所が認めた場合に出来る債務整理であり、自己破産をする事で官報に掲載されることになるのです。

因みに、信用情報機関と言うのは現在3つの企業が有ると言います。

また、自己破産など官報の情報は3つの信用情報機関の中で共有情報として利用をしており、自己破産をする事で消費者金融であろうが、銀行であろうが、信販会社であろうが、どの金融機関や金融業者、そしてクレジット会社でも情報は明確になりますのでカードローンだけではなく、キャッシングやクレジットカードを作ることが出来なくなるのです。

但し、自己破産などのブラックの情報と言うのは一定期間の中そのまま残されるのですが、この情報は永遠に残るものではなく、一定期間が過ぎることで情報が消滅し、銀行のカードローンを申し込みして審査に通る事で利用する事が出来るようになるのです。