カードローンの限度額の設定ってどう決まるのでしょうか?

今春に大学を卒業して就職した新人OLです。

いままでは大学生だったのでカードローンに申し込めませんでしたが、社会人となったことで今度カードローンに申し込もうと考えています。

できればたくさん借りられるようなカードローンがいいなあ~と思っています。

そこでカードローンの限度額の設定ってどのようにして決められるのでしょうか?教えてくださいね!

カードローンの限度額設定は返済能力で決まる

わかりました。あなたの質問にお答えしましょう。カードローンの限度額に関する基本知識についてまず触れてみましょう。

一般的にカードローンの限度額は、各金融機関のカードローンが設定している融資可能額を限度額としてみるのです。(こちらもご参考に→カードローンの限度額を比較して選んでもいい?

たとえば、銀行カードローンでは限度額は、500万円~1000万円となっています。

一方、消費者金融のカードローンでは限度額が500万円となっているところが多いと言えます。

ただし、注意して欲しいのは、この限度額がそのまま実際に誰でも借りられる限度額では無いと言うことなのです。

つまり、「条件が合えば、この限度額までこのカードローンでは借りることができますよ!…」といった意味合いの限度額と考えてください。

他方、カードローンの限度額には、もうひとつ利用限度額、あるいは実用限度額といったものがあり、こちらの限度額の方が利用者にとっては実用的な限度額と言って良いのです。

そして、この利用限度額の設定は、申込者によってまちまちとなるのです。

このカードローンの限度額の設定は、ひと言で言えば「申込者の返済能力」によって決められます。

そして、この返済能力を判断する材料としては、まず年収を挙げられるのです。

年収が高い人は、それだけ返済能力が高いと見做されるので限度額の設定は高くなると言えますね。

また、消費者金融は総量規制の対象となるので、収入の3分の1までしか融資できませんので、年収が高くなれば3分の1の額も大きくなるので、その分限度額も高く設定されることになります。

加えて、年収の他には勤続年数、勤務先、居住形態、職業、そして他社からの借り入れ状況といった諸々の条件を加味して限度額が設定されます。

たとえば、一流企業の正社員で勤続年数も多ければ限度額の設定は高くなると考えて良いのです。

他方で、収入が少なくて雇用も不安定なアルバイトやパートは限度額が小さくなってしまいます。
(⇒その他職業の方におすすめのカードローン情報

さらに言えば、カードローンの限度額の設定には他社からの借り入れ状況が大きく影響するのです。

たとえば、年収が1000万円あっても借金が700万円あれば、年収300万円で借金ゼロの人よりも限度額の設定が低く抑えられてしまう場合もあるのです。

また、総量規制の場合には、すでに収入の3分の1まで限度額を貰っている場合は、いかに個人属性が高くてもそれ以上の限度額は設定されません。

以上のようにカードローンの実用的な限度額の設定においては、年収を始めとした様々な個人属性を鑑みた上での申込者の返済能力の高低によって限度額が大きくなったり小さくなったりすると言うことなのです。

カードローンの限度額の設定とはどう決まるのか

カードローンの限度額の設定は、申込者の信頼性と収入の安定性によって決まってきます。

一般的には、最低限度額に設定されることが多いですが、審査に通れば新規でも150万円前後の限度額になることもあります。

信頼性と安定性の判断材料になるのが、収入、職業、勤続年数、他社からの借入履歴や借入状況です。

カードローン業者は、返済の延滞や不払いを最も嫌がり、そのために収入の安定性に最も重点を置きます。

年収が高い方が有利に考えがちですが、年収の高さよりも毎月一定した収入があるかの方が、高い評価を受けやすいです。

また、安定している職業も審査では有利になります。

例えば大企業の正社員や公務員などは評価が高くなり、逆に自営業やアルバイト、パートなどは収入面で不安な要素があるので評価が低いです。

最近は、アルバイトやパート、専業主婦や学生なども申し込みが可能なところが多いですが、やはり限度額は低めに設定されています。(こちらもご参考に→主婦のカードローン利用、在籍確認はある?

次に、勤続年数も長い方が有利です。

勤続年数が長いとそれだけ信頼性も高くなり、3年以上勤務していると印象が高くなります。

逆に、短い期間で転職ばかりしていると信頼性が低くなるので、申し込む前には転職などは控えた方がよいです。

そして、他社からの借入履歴や借入状況を個人信用機関から参照します。

ここでは、過去に返済の延滞(3ヶ月以上)、不払いが一度でもあったりすると限度額は低くなるばかりか、審査の通貨も厳しくなります。

また、他社への申込み履歴も確認されます。

これは、契約可否ではなく申し込みの回数が重要で、一ヶ月に3社以上申し込んだりしていると審査が通りにくいです。

その理由として、短い期間で数社に申し込んでいると、それだけお金に困っているという印象を与えるためです。

出来れば、一度で申し込む会社は2社ぐらいにしておいて、申し込むときにも他社への申込から6ヶ月以上経過してからにした方がよいです。

6ヶ月経過すれば、自働的に申し込みの記録は情報機関から消えるので、その後の方が通りやすくなります。

【参考ページはこちら】
上限金額を増やすか、新しくカードローンを契約するか、どっち?