カードローンを申し込むと勤務先に確認の電話するって本当ですか

カードローンに申込むと勤務先に確認の電話があると聞きました。営業でほとんど会社にはいないのですが、どのような感じで確認の電話があるのですか。

会社にカードローンを申し込んだ事がわかってしまうのでしょうか。

うちの会社は特にそういう事には厳しいので心配なんです。電話でなく確認する方法はないんでしょうか。

勤務先への在籍確認の電話は配慮の上行われます

申込み時、正直に必要事項を記載するのは当然の事ですが、カードローン会社は申告された事項を信用して審査を進めます。

もし勤務先を現実に勤めていない所を記載していたとしたら、審査そのものが無効になってしまいます。

間違いなく申告された勤務先に勤務しているのかを確認する在籍確認は必要不可欠なものなのです。

言うまでもありませんが、カードローン会社は必ず回収出来ると言うのを融資の目安にしています。回収出来ないかもと言うほんの少しの不安があっても融資はしません。

ずいぶん以前の消費者金融なら多少は目をつむっても顧客獲得を一番の目的としていた所もあるのですが、貸金業法改正後は顧客自体の品質向上をどのカードローン会社も目指しています。

リスクを穴埋めするだけの金利が取れないと言うのも理由の一つですが、カードローンと言う事自体のイメージを良くしたいと言うのが大きな理由となっているのです。

その為に顧客の審査については厳しく対応しているのです。在籍確認は最低不可欠なのはお分かりいただけますね。

間違いなく申告の会社に勤務しているか。在籍確認の目的はその一点だけです。勤続年数や収入などを確認するものではありません。
(⇒在籍確認不要なカードローンは審査に通りにくい?

営業で出かけていても、出かけている事実が分ればよいのです。

確認の電話は会社名でなく、個人名でかけるなどわかりにくいように配慮されますので安心して下さい。

「○○さんいらっしゃいますか」と言って「ただ今出かけております」とか「席空きです」と言われれば、それで確認は終了です。

本人が出かけていてもその会社に勤務していると言う事は分りますものね。

どうしても不可欠な在籍確認ですが、どうしても電話対応の出来ない会社が時々あります。

派遣会社からの派遣社員の場合、在籍確認は派遣元へあるのか派遣先にあるのかと言う問題があります。

それなら電話以外の確認方法でも良いのではないかと言う会社もあり、直近何カ月かの給与明細によって在籍確認をするカードローン会社も出てきました。

【参考ページはこちら】
主婦もカードローンの在籍確認は必要?

電話するだけで借りられるカードローンについて

カードローンは気軽に借り入れをすることができる上、保証人をつけたり担保を提供する必要がなく、使い道が自由ですので必要が生じたときに利用する人も少なくありません。

また、カードローンやキャッシングといった融資は比較的審査も簡単で、通常の住宅ローンなどの目的別ローンに比べると通りやすくなっていますので、パートやアルバイトの人なども積極的に利用しています。(こちらもご参考に→カードローンを利用できる職業とは

融資スピードが早いのも特徴で、業者の中には即日融資可能なところがたくさんあります。

このように使い勝手の良い融資ですが、申し込み方法も多岐にわたっており、店頭窓口や無人契約機などの従来の方法以外にも、電話やインターネット、ファックスといった自宅や外出先から利用できる方法がたくさん用意されています。

近年ではスマートフォンでオンライン申し込みができるようになっていますので、外出先などで現金が不足したときなどに、すぐに借り入れ申し込みをして現金を手に入れるといった使い方をしている人も少なくありません。

オンラインでの申込みができない人は電話などによる申し込みを行っていますが、多くの業者が女性の場合にはスタッフを女性のみにしているレディースローンプランなどを用意していますので、気軽に申込みができます。
(⇒主婦のカードローン利用も在籍確認はある?

電話するときにもそれほど難しいやり取りはなく、住所氏名や生年月日、職業、年収、他社からの借り入れ状況などの質問に答えるだけですので、それほど時間はかかりません。

また、審査内容もほとんどは業者が申し込み内容や信用情報のチェックなどを行い、最終的に職場に在籍確認の電話を入れるだけですので、それほど難しいものではありません。

職場への電話も業者名は伏せて、担当者個人名などでかけてきますので、職場の人に借り入れをしている事実を知られる心配はありません。

電話の内容も、本人確認のための簡単なやり取りと意思確認だけですので、数分程度で終了し、すぐに結果が連絡されます。