噂で聞いたけどカードローン審査が甘いところって本当にあるの?

日雇い派遣で働いている38歳の男性です。今月は仕事が少なくて生活費が足りません。家賃の支払いもどうしようかと困っています。

そこでカードローンでお金を借りてひとまず急場をしのごうと考えています。

だから、どうしてもカードローン審査が甘いところを知りたいのです。

カードローン審査が甘い金融会社ってありますよね?

カードローンで審査が甘いところあります!

まず結論から先に言えば、カードローン審査が甘いところは絶対にあると言うことです。だからひとまず安心してください。

一般論から言うと、銀行カードローンの審査が一番厳しめで、他方で消費者金融のカードローン審査が一番甘めで、信販系カードローンの審査は両者の中間くらいと考えて良いと言うことです。

銀行カードローンは融資額も大きく金利も低いのですが、審査は厳しくなります。

一方で、消費者金融のカードローンは審査は甘めで柔軟ですが、融資額はやや低めで金利はやや高く設定されているのです。

具体的に触れれば、銀行カードローンでは融資額が800万円~1000万円で、金利は年3%台~15%くらいになっています。

他方で消費者金融の場合は、融資は300万円~500万円で、金利は年4%台~18%となります。

信販系カードローンの場合は、金利設定も融資額も各会社によってかなりバラつきがあると言えます。

以上の事から、カードローン審査が甘いところを狙うなら消費者金融のカードローンと言うことになります。

ただし、消費者金融のカードローンでも大手と中小、また街金融のカードローンでは審査基準が異なると言えるのです。

大手消費者金融の審査基準ではアルバイトやパート、日雇い派遣や契約社員でも働き方それ自体を審査で問われませんのでその意味では審査が甘いと言えます。
(⇒カードローンを利用できる職業とは

が、金融ブラックであったり、複数社からの借り入れがあったり、属性がかなり低い場合には審査で落とされてしまうことがあります。

他方で、中小消費者金融や街金融であれば、大手消費者金融のカードローン審査に落ちた人でも審査に通してくれる可能性が高くなるのです。

つまり、大手よりも審査が甘いと言う事なのです。たとえば、過去不問というかたちで金融ブラックであっても安定収入があり現在の借り入れ状況に問題が無ければ審査に通してくれるのです。

また、中小消費者金融や街金融では、審査が甘めで柔軟に対応してくれ、かつ独自の審査基準を設けているところもあるので、大手消費者金融のカードローン審査のように自動的に機械的に審査の可否を振り分けてしまうようなことはないのです。

しっかり申込者と面談して、申込者の人間性や人柄を見て審査を可決してくれるので、その分融資を受けられるチャンスは広がると考えて良いでしょう。

以上のことから、カードローン審査が甘いところを狙うのなら、消費者金融のカードローンであり、その中でも狙い目となるのは中小消費者金融や街金融のカードローンになると言う事ですね。

【参考ぺーじはこちら】
在籍確認なしで済ませられるカードローンはある?

審査については、カードローン審査が甘い!

いま、キャッシングを行っている方がとても増えています。

その背景には不景気、不況ということが大きく関係しているかもしれません。

どうしても必要な時にお金がないという状況になりやすいためです。

必要な時に諦めてしまうのか、なんとかして用立てるのかということでも、その後の人生が変わってくることもありますので、よく検討しましょう。

また、その際カードキャッシングというのはとても便利な方法です。

カードローン審査が甘いといわれていますので、比較的通りやすいのです。

カードローンの審査というと、ブラックではないかということを主に調べられるようです。

ブラックといいますと、過去の返済期限を過ぎてしまったことがある場合であったり、自己破産をしてしまった経験があるかどうかといったことです。

しかし、審査内容は明確に公表されてるものではありませんので、もし審査に落ちてしまった場合でもその理由を知ることは難しいのです。

それでもカードローン審査が甘いといわれていますので、これらのことに該当しない限りは、比較的通りやすいのです。(こちらもご参考に→カードローン審査に関するおすすめ記事

色々なキャッシング法があります。

また、ローンの組み方なども様々です。

いちばん大事なことは、返済計画をきちんと立てるということです、

最終的に返済がきちんと滞りなくできれば問題ないのです。キャッシングといいますと、あまりよいイメージを持たない方もいるかもしれません。

それは、返済が滞り、利息が増えていってしまうパターンを知っているからかもしれません。

ここでも返済計画をきちんと立てていないということがそうなってしまう理由なのです。

キャッシングの中でも、クレジットカードやキャッシュカードに付随しているプラス昨日でのキャッシングとなりますと、比較的通りやすい反面、借りられる限度額というのも若干低めに設定されていることも多いでしょう。

またここでもし落ちてしまった場合でも、ブラックでも通りやすいところもありますので、相談してみましょう。