銀行のカードローンって融資可能な限度額はいくらまでですか

最近CMで消費者金融のカードローンがよく紹介されていますけど、消費者金融は何となく怖いイメージがあるので、銀行のカードローンに申込もうと思っています。

少しまとまった金額が必要なので、出来るだけ融資額が大きくて、しかも収入証明とか不要な銀行ってありますか?欲張った質問ですけど教えて頂くと助かります。

三井住友銀行のカードローンなら収入証明不要で最高300万円

確かにプロミスとかモビット、レイクなど大手消費者金融のCMはよく流れていますね。

でも、三菱東京UFJ銀行のカードローンのCMも結構流れていますよ。

さて、収入証明が不要で出来るだけ融資額が大きい銀行となると、三井住友銀行のカードローンですね。

先に行った三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」も有名ですが、収入証明なしだと100万までです。

ただし、三井住友銀行の300万は「契約極度額」なので注意が必要です。「契約極度額」と「利用限度額」との違いを説明しますね。

「契約極度額」は銀行側が設定してある融資枠の最高金額のことで初めから300万まで借りることの出来る金額ではないのです。

審査が無事通り契約出来ても直ぐ借りることの出来る金額は大体50万から100万までと考えていた方がいいですね。

もちろんあなたの与信によっては200万になる可能性もありますが、逆に30万までしか借りることが出来ないかも知れません。

例えば契約後50万融資を受けて、延滞無く半年返済を行ってさらに50万増額できる状況になったとします。

通常「利用限度額」が50万だと増額する為には再契約の手続きが必要となります。銀行側も借りる側も結構めんどくさいですよね。

「契約極度額」が300万だと再契約の手続きなしで増額することが出来て、100万まで利用出来るようになります。

つまり、「契約極度額」とある場合は実際に借りることのできる金額がいくらかは、契約してみないとわからないと思って下さい。

利用限度額がはっきりわかった方がよければ、三菱東京UFJ銀行のカードローンが収入証明なしで「利用限度額」100万までなのでこちらの方が良いかと思います。

どちらにしても、当然審査がありますので三菱東京UFJ銀行で審査がとおるなら、三井住友銀行でも審査は大丈夫だと思いますので、100万までは借入が可能になると思いますよ。
(⇒三井住友銀行でカードローンを利用したい方におすすめ

「消費者金融は何となく怖いイメージが・・」と言われて銀行のカードローンを選ばれたようですが、イメージは別として、銀行のカードローンを選ばれたのは正解だと思います。

なぜなら、銀行のカードローンは「総量規制」の対象外となっているからです。

「総量規制」の対象だと収入の1/3までしか借入が出来ないので、仮に先の300万借りるとすると年収はなんと900万ないと借入が出来ないのです。

100万としても年収が300万必要という訳です。銀行のカードローンだと年収を考えなくても良いので人気がある訳ですね。

因みに三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行以外では、みずほ銀行が200万まで収入証明不要。

楽天銀行が今年8月から収入証明なしで300万まで可能となってます。

ただし、口座開設が必要だったり、「原則」と注釈がついたりしているので絶対不要という訳ではないようです。

最終的には、複数社から借入をしてしまうと、返済額が膨らんでしまうので、なるべく1社でまとめて借入した方が返済は楽ですから、1銀行と長いお付き合いを考えるなら三井住友銀行に申込む方がお徳だと思いますよ。

【参考ページはこちら】
なぜ三菱東京UFJ銀行カードローンは審査が甘い?

銀行カードローンでは限度額を低めにして融資を受けることが大事

銀行でカードローンを利用する時には、個人の収入状況に合わせて毎月の限度額が設定されるようになっています。

医師や大企業の重役の人であれば、安定した高収入が見込めるために毎月の限度額は大きくなってきます。

人によっては、毎月の融資を200万円まで受けられる場合も出てきます。

逆にパートやアルバイトをしている人であれば、収入が少ないためにカードローンの毎月の限度額は低く設定されます。(こちらもご参考に→専業主婦でも作れるカードローンはある?

そのように銀行では個人の収入面を考慮した上で、融資額を決めています。

そのため、毎月の限度額までを融資してもらっても、何とか返済はできる状況が生まれてきます。

しかし、毎月の最大額まで借りてしまうと普段の生活をする上で何かを切り詰めないといけなくなることが考えられます。

よって、カードローンで毎月の最大額までを借りてしまうのは、できれば避けたいところです。

現在、銀行では国内企業向けの融資が増やせない環境があるために、個人向けを増やす流れが起こっています。

そのため、近年ではアルバイトなどをしていても、カードローンが組めるようになってきています。

銀行としては個人のカードローンを増やすことで大きな利ざやを稼ぐことが可能になっていて、大きな収入源として成り立っています。

しかし、融資を受ける個人としては支払い利息が多いことから、あまり最大の金額まで借りてしまうことは良いとは言えない状況があります。

支払い利息としては、年利10%以上の高金利となっていることが少なくないからです。

したがって、銀行から借り入れを行う際には、毎月の限度額をできるだけ低めに設定することを心掛けたいところです。

例えば、最大で毎月30万円の借り入れができる人であっても、毎月10万円までにするようにしたいです。

そのように余裕をもった借り入れを行うことで、無理のない返済が可能になってきます。

また、借り入れを行っても、生活資金に余裕が出た時には、早めに返済をしておくことが重要です。早めに返済をすることで、高い金利分を支払う必要がなくなってくるからです。