入社したてでカードローンを申込むのは無理でしょうか

今年中途採用で入社して5カ月目です。カードローンを申込みたいのですが、入社5カ月では審査に通るか不安です。

お金は車の免許を取得したいので、30万程借入をしたいと思っています。

インターネットでいろいろ探して見ましたが、どれだけの期間勤めていたら大丈夫か分かりませんでした。

どなたかこんな条件で借入可能なカードローンをご存知でしたら教えて下さい。

また、勤務状況など会社に確認されたりするのでしょうか?

出来るだけ会社には知られずに借入をしたいのですが、会社に内緒で借入をする方法もあれば教えて下さい。

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」がお勧めです!

カードローンを取り扱っている会社は沢山あります。

基本的には消費者金融会社がメインですけど入社5カ月では、試用期間がやっと終わったくらいでしょうか。

その状況で消費者金融カードローンの審査通過は少し厳しいと思います。

基本的に安定した収入があれば最低の条件はクリアするのですが、少なくとも半年以上の勤務実績があった方が確実です。

と言っても、絶対無理な訳ではなく「厳しい状況」なので複数社に申し込めばどこかで審査通過する見込みはあると思います。

しかし、より確実にするには最初に三菱東京UFJ銀行のカードローンへの申込みをお勧めします。

理由は、バンクイックは消費者金融ではなく、三菱東京UFJ銀行と言うメガバンクの商品なので、消費者金融の商品とは異なるのです。

消費者金融と銀行とでは、規制される法律自体が異なります。カードローンについては若干ですが借り手側から見ると銀行の方が有利となっています。

それに、バンクイックでは、専業主婦の申込みもOKとなっているのです。通常、「安定した収入がある事」が申込みの条件となる為、専業主婦は申込みの対象外とされているのですが、バンクイックだけは申込みがOKなのです。

となると、収入のない専業主婦でも大丈夫なので、勤務実績が少なくても収入があるのは事実なので、審査通過は他の会社よりも高くなります。そのような理由でバンクイックをお勧めしています。

ただし、他の条件もありますのでご注意ください。

・クレジットカードの使用にて支払いの滞納が無い事。
・携帯電話料金も同様に滞納が無い事。

以上のように滞納がない事が条件となります。万一、滞納があると、信用情報機関にその旨登録されている可能性があるので、審査に影響します。

最後に会社に内緒で借入をしたい件ですが、銀行から会社へ在籍確認の電話は入ります。在籍確認は避けてとおる事は出来ないので諦めて下さい。(こちらもご参考に→カードローンの在籍確認は受けなきゃだめ?

と言っても、銀行からの電話なので何か聞かれても「口座を作る相談をしていたんだ」と答えれば問題ないでしょう。誰も借入の電話だとは思わないです。

勤務実績が少ない方の借入は、バンクイックがお勧めですよ。

自己投資を始める方には入社したてでカードローンの活用がお勧め

成果主義を基盤にした競争主義が加速しています。激しいグローバル競争を背景に、企業は生き残りをかけ、職員へのハードルを徐々に上げているのです。

終身雇用制度や年功序列制度に守られていた時代は終わりました。

これからのサラリーマンは自己研さんに励み、常に企業に必要とされる資質や能力を磨き続ける努力が求められているのです。

新入社員であっても状況は変わりません。特に売り手市場化している新卒マーケットにおいては、就職することはさほど困難ではなくなりました。

しかし、入社後の競争はかつてないほど激化しているのです。長期視点で育成してくれる企業はほとんどありません。

それだけのゆとりが企業の現場からは失われているのです。新卒であっても自己研鑽の時間やお金を捻出しなければいけません。

自己研鑽は自己投資と言い換えられます。投資ですから、ハイリスクハイリターンが鉄則です。

多くの投資を行わなければ、技術や知識は身に付きません。

また、投資額が大きくなれば、自己研鑽に励む本気度も変わってくるものです。安かろう悪かろうは自己投資の世界でも通用する考え方なのです。

新卒の社会人にとって、自己投資にあてられる資金には限りがあります。そこでお勧めなのがカードローンの活用です。

入社したてでカードローンを活用することに抵抗感を感じる人も少なくないでしょう。

カードローンは闇金融やサラ金と混同され、とても危険な金融商品であると勘違いされている人が多いからです。

しかし、実際のカードローンは銀行などの大手金融機関が提供している金融商品ですので、厳しいコンプライアンスに守られています。とても安心安全な金融商品なのです。

入社したてでカードローンを活用する際は、返却期間を短く設定したり、融資金額を少額に抑えたりすることでリスクを軽減させることが可能です。

急がば回れという諺があるように、自己研鑽は早ければ早いほど効果が高い投資です。カードローンを積極的に活用し、自らのキャリアアップに繋げましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンに関するおすすめQ&Aはこちら