カードローンは銀行と消費者金融どっちがいいか知りませんか

カードローンっていろんな会社から出ていますよね。

消費者金融会社のカードローンと銀行のカードローンってどちらがお得か教えてもらえませんか?

出来れば金利が安い方が良いのですが、サービスがいい会社も良いかと思っています。具体的にどこが良いか教えて下さい。

金利で比べるなら銀行のカードローン!

消費者金融のカードローンもいろいろなタイプがありますが限度額50万での金利はどこも、18%となっています。

最低金利は4.5%程度ですが、これは限度額がMAXの場合に適用される金利なので、この金利が当てはまる借入はまれなので当てには出来ません。

なので最高金利で比較すると、三菱東京UFJ銀行バンクイックで14.6%、楽天スーパーローンで14.5%、みずほ銀行カードローンで14.0%と銀行のカードローンは大体14%台です。

金利で比べると銀行カードローンの方が随分お得な設定となっていますね。

次にサービスの比較になりますが、一口にサービスと言っても多種多様です。

申し込み時のサービスはどこもインターネットで申込めますし、申込みからカード発行まで行う事の出来る自動契約機の設置もどちらともあります。

返済日が近づいたらメールでお知らせしてくれるメールサービスも両方にあります。

では、何のサービスが異なるのか・・銀行のカードローンは借入や返済時にATMで使用する手数料が自行のATMだけでなくコンビニの提携ATMでも無料です。

消費者金融の場合、自社のATMはもちろん無料ですが、提携のATMだと手数料がかかります。

多くの回数を利用すると手数料の差額だけでも馬鹿にならないので、このサービスは銀行カードローンが勝っていますね。

ただ、利用回数が少ない場合はそんなに気にならないかも知れません。

じゃあ、サービスはどこも同じなのか・・となるのですが、アコムのACマスターカードだけは他の消費者金融のカードローンや銀行カードローンと比べて全然別のサービスがあります。

それは、借入するためのカードローンであるのに、クレジット機能がついている事なのです。

普通のクレジットカードにキャッシング機能がついている事の逆バージョンなのです。

消費者金融会社からもいろいろな種類のカードローン専用カードが発行されていますが、ショッピング機能があるのはアコムのACマスターカードのみなのです。

それなら、普通のクレジットカードと同じじゃないの?と思われるかも知れませんが、クレジットカードとは違うのです。

通常のクレジットカードのキャッシング枠は大体20万です。ショッピングが目的のカードなのでキャッシング枠が少ないのは当然ですよね。

ACマスターカードはアコムのカードローンが使えるのでキャッシング枠は最高300万まで、さらにマスターカードのクレジット機能がついているので、全世界で利用可能ですし、海外でのキャッシングも出来るサービスがあります。

手数料無料の銀行カードローンのサービスも魅力ですが、海外でショッピング出来てさらにキャッシングも出来るサービスがあるカードもかなり魅力的だと思いませんか?

比較するサービスを世界どこでも使用できる点で比較すると、消費者金融のしかもアコムのACマスターカードが一番サービスが良いのではないかと思っています。

どちらを選ぶかは、使用するご本人が決める事ですので、参考になれば幸いです。

【参考ページはこちら】
カードローンとキャッシングにはどんな違いがある?

カードローンは銀行と消費者金融どっちがいい?

カードローンは銀行と消費者金融どっちがいい?の質問には人それぞれと答えるしかないです。

銀行も消費者金融もそれぞれメリットデメリットが有って、人によってメリットデメリットが違ってきます。(こちらもご参考に→カードローンが利用できる会社を教えて!

金利ならば銀行の方が消費者金融より数%低いから、借りるなら銀行のカードローンです。

ただ銀行は消費者金融より審査が厳しいですから、いくら消費者金融より金利が低いと言っても借りられなければ意味が無いです。

だからまずは銀行にカードローンを申し込んでみて、審査に落ちたら消費者金融に申し込むことになります。

そして銀行でも審査が通るけど、会社に確認の電話をかけて来てもらったら困るという人は、銀行にカードローンを申し込まない方がいいです。

銀行で申し込むと在籍確認といって、契約書に記入された勤務先に本当に勤めているかの確認の電話をします。

なぜそんなことをするかというと、本当に働いていて収入が有るかを確認する為です。

収入が無い人には銀行も消費者金融も貸せませんから、在籍確認に関しては消費者金融も勤務先に電話をします。

だから勤務先に電話をかけて来て欲しくない人は、銀行も消費者金融もカードローンを申し込めないということです。

しかし、大手消費者金融は在籍を証明出来る物が有れば、それで在籍確認として勤務先に電話をしないで審査を進めるようになりました。

その在籍を証明出来る物は、社員証や、会社の保険証、社名か会社のハンコが押してある給与明細書や源泉徴収票などの内のどれか一つを提示すれば大丈夫です。

それだけで在籍が確認出来たとして、勤務先に確認の電話をしないで審査を進めてくれます。

ただ最初から会社に電話をして欲しくないと申し出ておかないと、向こうも分からずに勝手に勤務先に電話をしますから、その点は注意が必要です。

カードローンは銀行と消費者金融のどちらがいいかといえば、金利の低さでは銀行でして、勤務先に確認の電話をかけて来て欲しくないならば、消費者金融にカードローンの契約を申し込めばいいです。