カードローン予備審査を通った後はどうしたらいいの

カードローンで無事融資を受けられるまでの事を教えて下さい。

特に予備審査を通過した後、何を用意しておけばよいのか?

どうすればスムーズに融資されるのか教えて頂けますか?

予備審査を通過したら、気持ちを楽に連絡を待つ!

おめでとうございます!予備審査(仮審査とも呼びます)無事通過されたのですね。次の本審査を無事通過し、融資確定と行きたいですね!

それでは、本審査に向けた大切な事をお伝えしましょう!それは焦らず、ゆったりとした心で連絡を待つことです!

予備審査は文字の通り、あくまでも予備の審査です。

申込み時に申告した職業、勤務状況、年収、年齢、借入状況等の情報で融資が可能かどうかを判断している簡単な審査です。多くが機会的に判断しています。
(⇒カードローン審査基準のおすすめ記事

なので、予備審査を通過したから大丈夫!では無いのです。予備審査を通過しても本審査で落とされる事も多々あります。

しかし、予備審査を通過しないと当然本審査は受けることが出来ないので、第一関門の突破は良いことですよ。

本審査では、細かい情報が審査対象となります。本審査の連絡を受けて直ぐ融資不可となる場合があります。

それは、予備審査時の情報があまりにも間違いが多い場合です。

年齢、勤務年数、会社名等の基本情報が実際と異なっていた場合は、虚偽の報告をしたとみなされて即融資不可となってしまいます。

当然貸す側は初対面の人にお金を貸すわけなので、報告した内容が数箇所異なれば信用する事は出来ないので融資不可とする訳ですね。当然と言えば当然ですね。

予備審査の情報が異なっていなければ先ずは問題ありません。もし情報を間違って報告していれば、正直に申し出て訂正をすれば大丈夫です。

しかし、勤務先の会社名が間違っているのはかなり問題視されます。通常、毎日勤めている会社名を間違えることはありませんからね。

勤務先には在籍確認の電話が入りますのでこの間違いは直ぐ分かってしまいます。

免許証等の資料で本人確認をされます。在籍確認より先に本人確認される場合が多いです。

この時に住所、年齢の確認がされます。まぁここは問題ないでしょう。本人確認と在籍確認は両方必ず行われます。

本人確認のみで審査が完了することはありませんので、会社に連絡が入ることは心積もりしておく方が良いでしょうね。

連絡が入ると言っても、消費者金融会社の名前は出さないので、特に不安になる必要はありませんよ!

年収については、最近では50万以下の融資枠なら収入証明等は不要なので、申告に間違いが無ければ問題ありません。

但し、他社での借入がある場合は収入証明資料の提出を求められる場合があります。

消費者金融は初めてでも、クレジットカードのキャッシングを利用していた場合がこれに該当します。

この情報も申告していなくても信用情報機関へ問い合わせをされるので、借入状況は直ぐ分かってしまいます。

借入をしていた場合、必ず返済をしている訳ですので「知らなかった」「覚えてなかった」などの理由は通りませんのでご注意下さい。

自分の借入と返済内容を把握してない信用のない人間として融資不可になる可能性が大きいので・・

ここまで問題なく進めば融資確定は目の前です。

とにかく慌てて間違った事を話してしまったりする事の無いように、慌てず焦らずゆったりとした気持ちで連絡を待ちましょう。

そして、正直な情報を報告する事を心がけて下さいね。そうすれば、よほどの事がない限り本審査も通過する事が出来ますからね!

【参考ページはこちら】
水商売の人はカードローン審査に通れない?

カードローン予備審査を通ったら本審査も通る?

いざという時、カードローンは便利です。カードさえあれば提携ATMやキャッシュディスペンサーなどから、簡単に融資を受けられるのです。

コンビニのATMなどでも借りたり返したりできるので、誰にもばれずに借金ができるのです。

非常に便利なので、給料日前のピンチの際、もしくは急な入用の際などに一度くらいは利用経験のある方は多いのではないでしょうか。

そんなカードローン、もちろんだれでも作れるわけではありません。

ある一定の条件を満たさないとカードを持つことすらできないのです。

ちょっと考えればその理由はわかるでしょう。消費者金融や銀行などはただでお金を貸しているわけではありません。

貸したお金は利息を添えて期日までに返してもらうことで、会社として営業ができるわけです。

そのためには、きちんと返してくれる返済能力の高い人だけにカードを発行、融資をするのです。

その返済能力の高さはどうやって測るのか、それは審査です。

氏名、年齢、住居形態、勤務先、勤続年数など様々な項目に答えて、それらから総合的に判断するのです。

具体的にどの項目が重視されているかを知ることはできませんが、一般的に継続安定した収入があって、他社からの借り入れがない正社員であれば審査に通りやすいとも言われています。(こちらもご参考に→その他職業の方におすすめカードローン

インターネットが普及した現在、審査にはまずオンラインでの予備審査、それが通れば人間の手による本審査となるところがほとんどです。

ここで、カードローン予備審査を通ったと喜んだのに、本審査で落ちるという現象が発生することがあるようです。これは仕方ないことなのです。

オンラインの予備審査は非常に形式的なのです。コンピューターに入力をすると、プログラムではじき出すだけのものなのです。

この年齢でこの仕事、そしてこの住居形態であれば月収はこれくらいだろうということをこれまでのデータの統計上から単にはじき出しているだけなのです。

コンピューター上では良かったけれど、人間の手を使って審査をしたら違う結果になるのは致し方ないのです。