自営業や主婦の人ってカードローンを申し込めないって本当ですか

専業主婦では無く週3回勤務のパート主婦です。主人は会社員でなく自営業です。

先日会社員の友人に主婦はカードローンには申込めないし、主人も自営業なので無理だよ!と言われました。

実は、来月同窓会があり旅費や洋服を買うのに少しお金が必要になりました。20万ほど融資を受けれたら嬉しいのですが、やはり主婦では無理でしょうか?

また、主人には内緒で融資を受けたいと思っています。

主婦でもカードローン申し込めますよ!

全然大丈夫ですよ~!心配ご無用です!現在どの会社でも主婦の方でも申込み可能となっています。

条件は「安定した収入がある事」だけですから、質問者さんはパート勤務で収入を得ているので条件もクリアされています。

ご主人が自営業との事ですが、ご自身に収入がありますのでご主人の事は関係ありません。ご友人は少し昔の情報で質問者さんにお話をされたのだと思います。

昔なら主婦の方はご主人の扶養者になっているので、ご主人の年収や勤務状況を確認する必要があり、会社員で無ければ審査通過が難しいとされてました。ただ、随分昔の事です。

今では消費者金融各社のカードローン、銀行のカードローンどこでも申込みOKです。では、どのカードローンが質問者さんに合っているか幾つかご紹介してみます。

先ず、消費者金融カードローンを選ぶか銀行カードローンを選ぶかの選択をします。

通常金利で言えば銀行カードローンの方が消費者金融カードローンより金利は低く設定されています。

しかし、アコムやプロミスなど30日間金利0円のキャンペーンを行っている会社もあります。

但し、期間限定なのでキャンペーン期間を外すと通常の金利となってしまいます。

また、30日間に完済する必要があるので、月賦での返済を希望する場合はお得感が薄れてしまうのも事実ですね。

では、月々の支払いの観点で選ぶと銀行カードローンになります。三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックだと月々の支払いが少なくて済みます。

10万借入した場合、月々の返済は最低2,000円でOKです。とは言っても返済期間は長くかかってしまいますので、余力のある時は多めに返済しておく事も大切ですよ!

楽天銀行のカードローンだと現在金利半額キャンペーン行っています。通常最大金利14.5%が7.25%ですからこれも結構お得ですね。

ただ、失礼ですが週3回のパート勤務の収入からの返済となると、返済額は出来るだけ抑えたいのでは?と思います。そうなるとバンクイックがお勧めとなります。

ご主人にも内緒でとの事ですので、バンクイックだと三菱東京UFJ銀行のATMコーナーに「てれび窓口」って言うブースが設置されています。

このブース内で申込みからカード発行まで一連で行う事が出来るので、カードが郵送で自宅に届く事もありませんから、ご主人に内緒でカードを作る事も出来ます。

良い事ばかりではありません。若干のリスクもあります。

質問者さんの勤務先に在籍確認の為の電話が銀行からかかってきます。この作業は銀行での審査内容なので避けて通る事は出来ません。

ただ、カードローンに申込んだ事は全く分かりません。銀行名で質問者さんが本当に勤めているか確認するだけなので、1分もかからないです。

あとは、カードを作成しに行く時間が必要となります。これも便利な方法があって、申込みはインターネットから行っておいて審査も受けてしまいます。

審査通過後、カード発行のみ出向くようにすれば、勤務終了後の時間で行う事が出来るので時間短縮になり便利ですよ。

是非検討してみて下さいね。参考になれば嬉しいです!

自営業と主婦におすすめのカードローンはやはり銀行系です

カードローンは普通の勤め人で給与生活者の利用を想定したサービスと言えます。

これは基本的に事業や投資に使ってはいけないためと、自分の収入で返済しなければならないためです。

この為に事業性の資金と生活費が区別しにくい自営業者や家の家計を預かっていても自分の収入はない、あるいは少ない主婦にはあまり向いていません。

しかし一時的な借入が出来るととても便利なのも自営業者と主婦です。

そういう意味では利用したいと言うニーズはあるわけです。そういう自営業者や主婦に向いているカードローンはあるのでしょうか。

どのくらいの資金が必要かによって大きく違ってきますが、もし金額がそれ程多くないのならおすすめは一部の銀行系カードローンです。

銀行系のカードローンには貸金業法による総量規制の制約はありませんので専業主婦の人でも利用できます。

またパートで年収100万円を切るくらいの場合でも諸費者金融と違って年収の1/3までと言う制限がありませんので、50万円まで借りれる場合が多くあります。

この50万円と言う金額はそれ以上借りると収入証明書が必要になる金額でもあります。

この為に最大でも50万円までの借入の場合には、比較的小額の得意な銀行カードローンを申し込むのが良いでしょう。

この場合は申し込みに身分証明書しか要らないので用意する書類も少なく、審査も簡単なので直ぐに終わり、即日で融資できる場合が一般的です。

申し込みもネットやスマホで出来るものを選べば何時でもどこでも申し込みできるので忙しい人に向いています。

特に自営業の人の場合には収入証明が必要になると、どうしても確定申告の写しなどになりかなり面倒です。

また給与生活者に比べると年収が少ない場合が多くそのことを自営業であるとして考慮してもらって借り入れるのには、経営状態がわかるような様々な書類や事業計画を提出する必要があるので、そうではなく簡単に利用できる小額のものがまずはおすすめです。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用できる職業とは