信用組合のカードローンってコンビニATMで利用できるのかな

会社の給料振込みが地元の信用組合の口座に振り込まれているんです。

その組合の人にカードローン作ってたら便利だよ!って営業されたんですけど信用組合って店舗数少ないじゃないですか。

コンビニのATMで使えるのですかね?

全国どこでも利用できるなら出張とかの時に便利だし会社の付き合いもあるので、申込んでも良いかなぁって考えているんです。

どなたか、教えて頂けないでしょうか?

全国どこでもコンビニATMで利用可能ですよ!

そうかぁ!カードローンって聞くとプロミスとかモビットとかアコムとか大手の消費者金融だけのイメージがあったけど、信用組合でもカードローンって扱ってるんだね。

改めて考えるとそりゃそうか!金融機関なら扱うよね。言われるとおり、信用組合って店舗数少ないからどうなの?って同じように考えてしまったよ。

そこで、調べて見ました。すると、結果は大丈夫!全国のコンビニATMで利用可能でした!

その辺はさすがに日本の金融ネットワークですな!感心しましたぁ!ただ、手数料がばらばらですわ。その辺少し説明しておくね!

調べてみると大体1つの県に信用組合はあるので大きく言えば全国かな。

でも店舗は県内の市町村に絶対あるわけじゃないので、市町村単位で言うとやはり店舗数は少ないですな。
(⇒信用金庫のカードローンってどんな感じ?

まぁその分地域密着サービスを特徴にしているみたいだから、地域にとっては助かる存在だと思ったね。

カードローンはないけど、口座へ直接振り込んで口座のカードからATM利用って形の商品もあったよ。

ほとんどがWEB申し込み出来るようになってたし、調べててもっとビックリした事がありましたぁ!

なんと、金利が安い!!よくわからない記載の仕方をしているところもあったけど、幅がない。

普通消費者金融カードローンや銀行カードローンでよく目にする4.0%~18.0%ってやつ。

最低金利~最高金利までの融資額によって金利が異なる事なんだけど、その最低と最高って分類がないのですよ。

例えば福泉信用組合(福井県)だとカードローンで融資限度額が200万、金利3.8%(但し変動金利)返済は借入50万までだと5千円から、200万で1万からってメチャ使い易いサービスしてますよ!

だって、変動金利といっても50万で3.8%だよ!大手消費者金融で50万枠だと18.0%だもん。その差14%強って凄い設定だよね!

他の信用組合も7.0%とか高くても14%だったから営業範囲内ならメチャお得だね。

ただ、信用組合の口座がないとダメだったり、申し込みに収入証明が必要だったりと、手軽に誰でも申込みが出来る訳じゃないみたいなので、特定の顧客への特典見たいなものかも。

ちょっと話がそれちゃいました。

話を戻して、そんな信用組合のカードローンをATMで使用する場合の手数料なんだけど、会社によって細かいところが異なるので全部が該当しないけど、基本発行元の組合ATMはもちろん無料。

全国の信用組合、信用金庫のATMで通常時間なら無料(平日AM9:00~PM18:00が無料これ以外は必要)セブンイレブン銀行ATMや郵貯銀行ATMだと同じように無料のところもあったよ。

コンビニATMは基本手数料が必要だと思ってた方がいいかな。

質問者さんがどこの信用組合かわかんないんではっきり言えないけど、営業されてるなら是非作っておくべきだと思うよ。

金利安いし出張でどこに行ってもATMで借入できるし、多少手数料かかっても金利の低さで十分カバー出来ると思うんだ。

自分も近くに信用組合あったらカードローン申し込んでみようと思ってるよ!

【参考ページはこちら】
カードローンが利用できる会社情報はこちら

信用組合でも扱っているコンビニカードローン

信用組合は、相互援助の理念に基づいた、お互いに支え合うことを信頼の証として、組合員一人一人が預金しあい、必要なときに融資を受けられることを使命とした協同組合組織の金融機関です。

一般的に、信用金庫と比べるともっと小規模な企業を取引の対象としていて、業務内容は銀行とほぼ同じで扱っている商品もそれほど差はありません。

大きな違いとして、銀行は営利目的ですが信用組合は互いに助けあいながら組合員の経済的地位の向上を目的としています。

信用組合でもカードローンの商品は取り扱っています。
(⇒おかやま信用金庫カードローンの特徴は?

サービス内容も、それほど銀行のカードローンを大差はありません。

実質年率(利息)も、商品によって異なってきますが一般的な銀行と同じぐらいで低めに設定されています。

例えば、100万円までの限度額のカードローンだと年12.5%(保証料含む)ぐらいです。

利用限度額内なら、何度でも利用が可能です。

また、信用組合のATM以外の全国の金融機関や郵便局、コンビニのATMでも借入と返済が可能になっています。

使用するコンビニや金融機関によっては手数料は時間帯によって無料になっています。

また、返済は窓口でも出来ます。

申し込みには、運転免許証または健康保険証、普通預金通帳、届け印が必用です。

これも、それぞれの機関によって異なってくるので確認が必用です。

コンビニで気軽に融資や返済が出来るコンビニカードローンは、現在多くの他の銀行系や消費者金融業者でも取り扱っています。

借入は基本的には終日24時間、いつでも利用が出来ますが返済は時間帯によって出来ないカードもあります。

朝の8時45分から夕方18時までなら、ほとんどのカードローンで返済が行えます。

態々窓口まで支払に行く必要がないので、大変利便性が高いです。

そして、もう一つのメリットがATMを利用したときの手数料です。

多くのカード会社ではコンビニATMでの手数料も無料にしている所が多いです。

ただ、この手数料も時間外だったり指定されていないコンビニのATMを利用した場合は、かかってくることがあります。

負担を少なくするためにも、出来れば無料になっている時間やコンビニを利用していくことで無駄を省くことが出来ます。