カードローンの審査を無事通過するにはどうしたらいいですか

カードローンの審査ってめちゃドキドキなんですけど、無事通過するコツとかあるんですか?

お金を借りるのって初めてだし、友達とかに相談するの恥ずかしいし、親には黙っておきたいし。

申し込みの情報はたくさん項目があるので何度も入力するの面倒なんで1回で通過したいです。ヒントみたいなものがあればお願いします。

審査を無事通過する極意があります!

確かに審査はドキドキですわね。融資してもらえるのかダメなのか・・だってお金が必要だから申し込んでるんでダメだったら困ってしまいますものねぇ。

友達にも親にも言えない。わかりますよぉ~!私だってカードローン利用してますけど、使ってるんだぁなんて誰にも言えませんもの。

先輩からの審査通過の極意教えちゃいましょうね!

メチャ簡単なことですわ。「正直に申告する事!」ただこれだけですよ!え~そんなん極意でもなんでもないじゃん。今そう思ったでしょう。

それがそうでも無いんだなぁ。審査前の申し込みの時点で個人情報入力するでしょ。

ご自身も「入力するの面倒なんで・・」と言ってるように、勤務先や勤務年数、役職などなど、勤務先はさすがに間違うことは無いと思うけど、勤務年数なんて5.6年経つと何年何ヶ月だったかなんて忘れてしまってません?

調べるのも面倒だし何見たら良いかわかんないし、適当で良いや!ってさば読んで多めに記入したりしてません?

意図的に嘘を給している訳ではないんだけど、結果的には虚偽の申告になってしまうの。

特にさばを読んでしまうのは、他社への借入のところなのね。「お金を借りるの初めてだし」って言われてるけど、クレジットカードは利用してないのかしら?

クレジットカードも立派なローンなのよ。申し込みの欄に「信販系」って記載があると思うの。それがクレジットカードの使用ね。

もしクレジットカードの利用が無いなら問題ないんだけど、ショッピングで使っていたら残金をきちんと入力する必要があるわよ。

これも正確に覚えている人は少ないから、適当に記入しちゃう事が多いのよね。

申し込みの時はそれでも良いのだけれど、審査は信用情報機関に問い合わせするから、全てわかってしまうのね。

多少の違いは会社でも認識しているから大丈夫なんだけど、大きく違うとマイナス要素になるから絶対注意すべき点なのね。

最近は50万未満の借入なら収入証明は不要なので、勤務年数がもし間違っててもわからないかも知れないけど、信用情報機関によっては、勤務先情報も公開してるところもあるから、あまり違う情報は正直まずいわね。

借入状況はあまりに金額が違うと、意図的な虚偽もしくは、お金の管理が出来ないダメな人的に受取られるので、そうなると不味いわよ!

情報は出来るだけ間違いなく記入する事!それが審査をスムーズに通過する一番の極意なの!その為には、健康保険証とクレジットカードの利用明細を予め用意しておく事!

保険証には会員になった年月日が記載されているから、その日付から逆算すれば勤務年数は簡単に計算できるわよ。

利用明細は改めて自分の借入を確認する意味でも必要ね。借りたら返す!が原則だから、計画的な返済を行わないと借りたあとが苦しくなるわよ!

さぁ極意が理解できたかしら!必要な物を用意して申し込み開始しちゃいましょうね!

【参考ページはこちら】
カードローンに関するおすすめQ&A

審査を通過できるおすすめカードローンはアイフル

資金不足に陥ったときに、金融業者のカードローンを契約して融資を受けたいと考えたことのある人も多いでしょう。

近年の消費者金融のカードローンは審査が通過しやすくなっていますので、利用しやすいサービスが行われていて高い人気となっています。

来店しなくても審査を通過できるカードローンも非常に多くなっていますので、忙しい人でも借り入れできるサービスが増えていると言えます。

来店不要で審査を通過できるおすすめのカードローンはアイフルです。

アイフルはインターネット上で借り入れの契約を締結できますので、店舗や自動契約機に行く必要がありません。

審査スピードも速いですので即日融資に対応しており、平日の14時10分までにホームページ上からの申し込み、または電話による申し込みを行って、借り入れ契約を完了させて、振り込みの依頼を済ませておけば即日融資を受けることができます。

アイフルの金利は年率で、4.5%から18%で融資を受けることができますので、返済しやすい低金利で借り入れることができて便利です。

最大で借り入れ可能な限度額は500万円までとなっていますので、大きな融資枠が設定されているカードローンと言えるでしょう。

電話やホームページ上から申し込みを行うことで、アイフルからメールや電話で審査結果の通知が来ます。

借り入れ契約には本人確認書類の提出が必要で、メールやFAX、郵送によって提出することができます。

借り入れ方法としては指定してある銀行口座に振り込みをしてもらうか、カードを受け取ってATMから借り入れを行うか選ぶことができます。

使用可能なATMはアイフルのATMの他に豊富な提携先のATMがありますので、全国どこにいても利用が可能です。

提携先のATMは三菱東京UFJ銀行やイオン銀行、セブン銀行、ローソンATMなど多数ありますので便利です。

ホームページ上には1秒診断のサービスが行われていますので、年齢や雇用形態、年収などの情報を入力することで融資が可能かどうか知ることができます。