低金利な借換え用のカードローンってどんな内容ですか

借換え用のカードローンは金利が安いって聞いたんですが、どんな内容になるんでしょう?

現在1社でカードローン利用中で限度額20万なんです。限度額を30万ほどにしたいので金利の安いカードローンにしたいと思ってます。

借換え用のカードローンだと金利安くていいなと。ただ、カードローンの内容がもう一つ理解出来ていないので教えて頂けないでしょうか?

融資の利用限度額が上がる訳ではありませんのでご注意を!

よく勘違いされるんですが、借換え用って言うのは「おまとめ」と同じ意味なんです。

簡単に言うと、A社から20万借入、B社から30万借入、C社から30万借入して合計80万借入があるとします。

それぞれが、金利18.0%で借入していたとすると、大体月々の返済額は2万弱になるでしょう。この80万を1社でまとめて返済額を減らすローンの事なんです。

質問者さんの場合は、現行の20万枠をせめて30万枠にしたいのが希望ですよね。この場合は借換え用カードローンの適用外となるんです。

あくまでも複数社のローンを一本化する事が目的なので、借換え用で30万借りてA社に20万返して、残りの10万を生活費にしよう。って事は出来ないです。

借換え用の場合は先にもご説明したとおり、一本化する事が目的である事と、その返済は申込者経由はしません。

A社にB社から直接支払いが行われ、返済はB社に行ないます。なので、手元にお金が残る事はないのです。

カードローンの中でも借換え用は特殊なローンで消費者金融会社が扱う中で唯一、総量規制の適用外となっています。

総量規制と言うのは、借主の年収1/3以上の融資はしてはいけない!と言う法律で、貸金業法に定められていて対象は消費者金融会社なのです。

ただ、借換え用は借主の利益に繋がる商品は対象外となる為、適用外の商品となっています。ただし先にお話しました手元にはお金は残らない仕組みとなっています。

なので、質問者さんの希望を通すには金利の安いカードローンをもう1社で組んで、30万の融資を申込むか、もう少し返済の実績を積んで今のカードローンの増額を申請するかどちらかですね。

お勧めするのは、後者の実績を積んで増額する方法です。他社に申込む事も可能だとは思いますが、30万の融資枠をもらえるかどうかわかりません。

もし10万でも審査が通れば利用出来るのですが2社に返済するリスクが出てきます。

仮に30万融資出来て、一旦A社を完済したとしても、使おうと思えばカードは使えるのでつい利用してしまうリスクも生じます。

別に困らせる回答をしている訳ではないのです。ついついで利用して返済が苦しくなった人は大勢いますので、そうならないカードローンの利用をした方が良いからです。

なので、実績を積んで1社から借入した方が返済も楽ですし、信用にも繋がります。増額は大体利用開始から半年から1年辺りで可能となります。

普通は会社から営業の電話があるのですが、半年以上経って、連絡が無い場合は問い合わせして見て下さい。大抵は増額出来ますよ!

以上でご理解頂けたでしょうか?繰り返しますが、カードローンは出来るだけ1社で実績を積んで増額で融資枠を増やしましょう。

無理な借入は無理な返済に繋がり信用を損なうリスクが付いてきます。信用を積み重ねて無理なく楽しいカードローンを利用しましょう!

【参考ページはこちら】
フリーローンとカードローンの違いとは

複数社からのカードローンを借換えで低金利に

カードローンはとっても便利です。カードがあれば提携のATMやキャッシュディスペンサーなどから、簡単に融資を受けられるからです。

コンビニのATMなどでも借り入れ、返済が可能なので、借金の事実を知られることなく利用できることもあって、非常に人気が高いのです。

そんなカードローンですが、消費者金融などから借りる場合は、総量規制といって年収の3分の1を超える借り入れができないことになっています。
(⇒カードローンを利用出来る会社を教えて

ここでの注意点が複数社から借り入れがある場合、その合計が年収の3分の1を超えてはいけないということです。

通常、あまりに多くの金額を借りようとしたら審査に通らないので問題ありませんが、複数社から合計して年収の3分の1に近い金額を借り入れている場合は要注意です。

そんなカードローンですが、新規の申し込みでは通常限度額は下限に設定されることがほとんどです。

それ以上の金額を借りたいなら、増額の申し込みをするのですが、通常新規の方がこれに申し込むことはできません。借りては返すという実績を、少なくとも半年は繰り返す必要があると言われています。

しかし、それでは時間がないという場合にとる手段が、他の企業から借り入れるという方法です。

ただ、あまりに多くの企業から借り入れると、返済のスケジュールの把握が大変ですし、余計な金利を支払わなければなりません。

それをやめたいなら借換えという方法がいいでしょう。

複数社からしているカードローンを1つの企業に1本化することで、返済の煩雑さを解消できますし、借入金額が増えることで金利を下げることも可能なのです。

借換えによって、面倒なスケジュール管理をなくし、しかも低金利にしたいなら、おまとめローンがおすすめです。

企業によって得手不得手があるようですが、探してみると意外とおまとめローンの商品を提供している企業は多いのです。

今の借金を1本化することで、早期返済にもつながるかもしれませんので、おまとめローンを検討されてはいかがでしょうか。