こどもの養育の為のカードローン3歳までは低金利になるの?

こどもって保育園にかかる費用が半端じゃないんですよ、何の為に働いてるのかわからないくらい。

それでも親子で旅行もしたいし、美味しいものも食べに行きたいじゃないですか。

でも保育料だけで手いっぱいでそういう事はすべて我慢しなきゃいけない現実です。

カードローンを利用したいのですが、子供の為の養育資金は3歳までは低金利になるって本当でしょうか。

3歳までは低金利と言う事実はないですが3歳までは貯め時です

カードローンはフリーローンです。養育の為と言う目的別ローンではないので子供が3歳までは低金利と言う事はありませんよ。

また3歳を過ぎると金利が上がると言う事ももちろんありません。おっしゃるように子供の保育料って本当に高いですね。

何の為に働いているのか分からないと言われる若いお母さんは多いです。

保育料がかかってもパートで働くべきなのか、それとも専業主婦に戻って子育てをすべきなのか、迷うところですよね。

専業主婦で子育てをする場合は幼稚園に入園前の3歳までが貯蓄の出来る一番ゆとりの持てる時でもあるのです。

子供の教育には幼稚園、小学校、それから続く中学高校、大学と習い事を含めてお金がいくらでも掛かる時期が続きます。

本来は3歳まではしっかりと貯えを増やすと言う時期なのですよね。それなのに両親ともに働くとなると保育料は信じられない程の高額になります。

正社員でフルに働いているお母さんは保育料を払ってでも仕事を選ばれるのですが、収入によって決められる保育料の為四苦八苦ですね。

家族で遊びに行く為にカードローンを申し込もうと思われるのも無理のない事です。

カードローンは賢く使えば本当に豊かな生活を与えてくれるアイテムになるのです。給料日前に急な出費、良くありますよね。

そんな時にカードローンで借入れし給料日に返済すれば借りた日数だけの金利で済みます。一括返済も電話一本で出来るので本当に便利です。

どうしようと不安な気持ちで過ごすよりもさっと借りてさっと返す、それで毎日の暮らしが豊かになるのなら嬉しい事ですね。

カードローンを上手く利用しながら少しずつ蓄えを増やして行くことも可能ですよ。

もちろんカードローンであっても借金には違いありません。使い方によっては暮らしを脅かす事にもなりかねないと言う事も頭に入れておかなくてはなりません。

一番気を付けなくてはいけない事はあまりに簡単に出金できる為にお金を借りると言う意識が薄くなってしまうと言う事です。

ATMで自分の預金を引き出すように借入出来る。この事が借金をしているのだと言う気持ちを麻痺させてしまい、自分のお金なのだと錯覚してしまうのですね。

そうなると毎月、カードがあるからとつい使い過ぎてしまうのです。

あげくに返済が大変になって延滞が起こってしまう、カードを多重に持ってしまうなどの状態に陥る危険性があるのです。

今は貸金業法の改正にともない、多重債務を防ぐ為の法律なども充実しているのでそこまでになってしまう事は少なくなりました。
(⇒複数のカードローンを使いたい方におすすめ記事

でも今度はそういった法の目をくぐって、どうしようもなくなった人を相手に網を張っているヤミ金融業者がいる事も事実なのです。

子育ては楽しみとともにストレスもたまりやすくなりますね。

こういったデメリットを知った上で、上手にカードローンを取り入れて、子供さんが小さい内だから出来る事もどんどん家族で行って下さい。

そして余裕を持った子育ては心豊かなお子さんを育てる事に繋がる事を身を持って実感して下さいね。

【参考ページはこちら】
カードローンのおすすめQ&A

こどもの教育のためのカードローンの低金利は3歳までなのか

こどもにかかる教育費のために、教育ローンを利用する方も多いですが、低金利なのは3歳までというのは本当でしょうか。

実際、三歳になったからといって急に金利が上がることはありません。

教育ローンは、保育園に通う子供がいることが年齢としては最低条件になっていて、幼稚園や小学校、中学校や高校、大学、大学院のこどもがいる場合でも利用は出来ます。

借りる金融機関によって小学生からの利用など条件が異なってきますが、カードローンによって授業料や教材費、下宿費用などに充てることが出来ます。

また、入学金以外にも留学のときにも利用が可能です。

こどもが大きくなるまでは約20年ぐらいは教育費は必要になるので、教育ローンを利用する人は多いです。

特に授業料は一括で支払った方が安くなることもありますし、私立の場合だと入学金など多額の費用がかかってきます。

そのときにも、カードローンを利用すれば一括で支払うことも出来ますし、実際の返済は毎月の分割にすることで負担も少ないです。

長期的に利用するものなので、早めの計画が必用です。

保育園から利用していくなら、三歳までにはローンの計画をたてておくとよいです。

また、長く利用するので低金利に設定されていることが多いので、色々な金融機関で比較してみることをおすすめします。

金利の低さだけでなく、限度額や年齢など他の条件なども考えながら、目的にあったローンを選んでいくことが大切です。

特に、カードローンだと金利が高めに設定されているので、通常の目的別ローンと比較したときに総額支払額が増えることもあります。
(⇒カードローンの金利に関するQ&A

どちらがよりお得か、充分に検討してから選択していくことが重要になります。

また、教育ローンでも口座振込以外に、ATMを利用して返済が出来る会社もあります。

ATMなら、気軽に追加返済も出来ますし、申し込み自体もインターネットで出来たり、保証人や担保などが不用なことが多いです。

金利だけでなく、返済するときの利便性も考えておくとあとから楽になります。