カードローンに申し込む主婦の在籍確認は必須なの

パートをしながら子育てをしている主婦です。少し前からフラダンスを習い始めました。

始めてみると、フラダンスで使う衣装や道具などを買ったり、教室の旅行でハワイに行くこともあったり、フラダンスのステージを見に行く機会が増えたりと、パート代をほとんどフラダンスに注ぎ込んでいることに気づきました。

それでもパート代だけでは、ちょっと足りないこともあり、最近は貯金にも手をつけています。

夫からは、パート代の範囲で遊ぶのであればいいけれど、夫の収入に手をつけるのは反対だと言われました。

フラダンスは始めてみると奥が深く、やればやるほどハマる感じです。

子育てからも少しずつ手が離れてきているし、できれば続けていきたい趣味です。そのためには、もう少しお金が必要です。

たまたまもらった消費者金融会社のパンフレットを見ていたら主婦でも申し込めるカードローンの説明に目が留まりました。

ただし、夫や仕事先にカードローン申し込みのことは知られたくありません。申し込みの際、在籍確認があると聞きましたが、これは必ずあるものでしょうか。

窓口やネット申し込みでは在籍確認がないところもあります

カードローンの申し込みの際は、申し込み後仕事先や自宅などに本人が申し込んだかどうかの在籍確認の電話があるのが通常です。

そして、契約書類が自宅に届くので、もし郵便物を家族の誰かが受け取れば、カードローンに申し込んだことを知られる可能性があります。

しかし、窓口やネットで申し込めば在籍確認を行わない大手消費者金融会社もあります。

そういった会社では、仕事先に在籍していることが確認できる書類(給与明細、社員証、健康保険証など)の提出を求められます。

その場合窓口に出向いたり、インターネット申し込みしたりをすれば、その書類の提出も簡単です。

カードローンを申し込む時に、どうしても在籍確認をしなければならないと言われた場合は、在籍確認は会社名でなく、個人名で行うように要望してみてください。

そうすれば、個人名で電話がかかってくるはずですから心配ありません。

注意したいのは、いくら在籍確認のときに申し込みが家族や仕事先に知られないように工夫したとしても、返済が遅れると確認のために電話がかかってくることがあります。

そんなことにならないように、返済は毎月着実に行ってください。そうすれば誰にも知られることなくカードローンを利用することができます。

【参考ページはこちら】
どうしても審査に通りたい!カードローン選びのコツ

在籍確認で主婦でも借り入れが出来るカードローン

主婦も利用することが出来る、カードローンのサービス内容や魅力について紹介します。

申し込みはとても簡単なものが多く、インターネットやキャッシング会社の窓口、無人の自動契約機などでも可能です。

また郵送やファックス、電話でも申し込みを受け付けています。特にインターネットでの申し込みは24時間いつでも申し込むことができ、忙しい時でも手軽に利用することが出来ます。

審査結果もその場で表示されるので、すぐに利用することが出来るのです。

必要事項を記入したり入力するだけで、キャッシングサービスの総合コンピュータに情報が送信されます。

すぐに利用状況や職業、年収や年齢などを素早く総合的に判断して、その場で審査結果を出してくれるのです。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準を教えて!

審査結果が早いとすぐに利用出来るだけでなく、必要書類をすぐに用意することが出来ます。素早く必要書類を提出すれば、その日のうちに融資を受けることが出来るのです。

正社員やパートとして勤務している場合には、在籍確認が出来る書類も提出します。提出することで信頼感が得られ、審査にもより通りやすくなります。

利用や申し込みをする前には、しっかり返済計画を立てておくことが重要です。

各キャッシングサービスの返済シミュレーションを利用し、具体的な返済期間や返済額を確認します。

滞納することなく、毎月きちんと返済出来るのかを確認します。

しっかり確認することで計画的に借り入れを利用することが出来ますし、再度カードローンを利用する時にも審査が通りやすくなります。

きちんと返済している顧客として認められ、よりサービスを受けやすくなるのです。

分からないことや不安に思っていることがあっても、専用ホームやお問い合わせダイヤルで気軽に相談することが出来ます。

主婦のためのレディースローンなどを利用すれば、女性のスタッフが対応してくれます。同性だからこそ話せる内容もあり、女性がカードローンを初めて利用する時でも安心です。