ブラックでも通るカードローン申し込みは大丈夫か

競馬や競輪、パチンコなどギャンブルが大好きでのめり込んでしまい、借金三昧の生活です。

サラリーマンの収入もほとんどギャンブルにつぎ込む感じで、毎月の生活費はカードローンで借りてつないできました。

でも返済に遅れてしまい、遂にブラックリストに載ってしまったようです。

別のカードローンの会社に利用の申し込みをしてみたものの、あっさり審査で落ちてしまいました。

ブラックになるとやっぱりカードローン審査に通るのは無理なんでしょうか。

もし、ブラックでも通る金融機関があればぜひ知りたいです。あと、そういう金融機関に申し込んでも大丈夫かどうかも教えてください。

ブラックでも通るカードローンの利用は避け1~5年待ちましょう

ギャンブル好きでカードローンも返済が遅れたり、返済ができなかったりする人では、なかなか我慢するのも難しいかもしれませんが、カードローンの利用は今は考えないのが得策です。

金融機関には必ず保証会社があります。保証会社が返済のチェックをして、返済が遅れている人やできない人は「事故情報」としてリストに載せます。

このリストに載った場合は一定の年数カードローンの利用ができないのです。普通考えて、お金を貸しても返済してくれないような人にお金を貸すはずがありませんよね。

カードローンで返済が遅れた場合、一般的には2カ月以上の延滞で上記のリストに載ります。

もし返済が遅れたとしても2カ月以内であれば、返済した時点で何も問題なくカードローンの利用ができます。

しかし、その期間を超えると今使っているカードローンの利用ができないばかりか、別の会社のカードローンの審査に申し込んでも通らない状態になってしまいます。

それでは一生あなたはカードローンを利用できないのでしょうか。そんなことはありません。

もし、あなたが今延滞している借金を全部返済することができれば、その時点から1~5年経過後(チェック機関により年数が異なる)にまたカードローンを使うことができます。5年は長いかもしれません。

「ブラックでも借りられる」という金融機関は、WEBサイトで調べれば、いくつかピックアップすることはできます。

そういう金融機関に頼りたくなる気持ちもも分かります。

しかし、社会的に信用のない怪しい金融機関でお金を借りて、高い利息をとられて、また返済ができなくなったり、多重債務に陥るよりは、再び信用のある金融機関でのカードローン利用ができるようにするほうが良いのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
確実に審査が通るカードローンを教えて!

申し込みブラックでも通るカードローンがあります

ブラックと言うのは信用情報会社にブラック情報が登録されている人です。

つまり過去にあるいは現在も延滞や滞納、未払いなどがある人です。あるいは自己破産しての免責や任意整理での清算もあります。

こういうブラック情報がある人には融資をしないのがカードローンです。
(⇒カードローンに関するおすすめQ&A

カードローンは基本的に無担保、無保証人ですから過去に事故暦のある人を避けることは非常に重要なことでこれをしなければ融資の未収がどんどん増えてしまいます。

しかし最近になってまだブラックなはずなのに審査が通って融資が受ければと言う噂を良く聞きます。これは一体どうしたことなのでしょうか。

これは一部に申し込みブラックでも通るカードローンが出来始めているからなのです。

もちろん正規の貸金業者で、普通の消費者金融です。またどんなブラックでも利用できると言うわけではありません。

どういう基準で決めているのかははっきりしませんが、任意整理後数年経っているような人が審査を通るケースが多いようです。

つまり信用情報会社のブラック情報は5年もしくは10年で消えてなくなりますので、このまま何もなければ数年後にはブラック情報が消えそうな人に関しては早めに融資をおこなっていると言うことだと思われます。

いずれブラック情報はなくなり、直接かかわった業者以外には分からなくなって申し込めば審査を通すような属性の人なら、少し早いだけでブラック情報が消えないうちに融資した方が他社より有利な条件で貸すことが出来るのでいいと言うわけです。

ですから同じようなブラックでも未払いのまま放置しているような人は難しいでしょう。

この為に申し込んで見なければブラックでも通るカードローンと言われている業者でも実際に審査が通るかどうか分からないと言えます。

しかし仮に10万円以下の少ない金額を法律上限いっぱいの年利20%で借りるのだとしても審査がとおることは大きな意味があります。

それはどこかの審査が通って融資している実績があると、融資してくれる大手カードローンがあるからです。

どこかが融資してくれると言うことはブラックではなくなると言うことになるからです。