限度額が高くなりやすいカードローンはどこ

40代の会社員ですが、最近部下や先輩の冠婚葬祭が最近増えています。

また、交際範囲も広がっているので、いろいろな人との付き合いでの飲み会や旅行などで予定外の出費が多く、カードローンを初めて申し込もうと思っています。

これからも出費は増えるかもしれないので、最初は限度額が低くても、限度額が高くなりやすいカードを選んで申し込もうと思っています。

そこで疑問なのが、限度が高くなりやすいカードローンってあるのでしょうか。もしあればぜひ教えてもらいたいです。

限度額は着実な返済と収入の安定があれば上がっていきます

初めて申し込まれるのに、先々のことまで良くお考えになっていますね。

限度額は、最初のカードローン返済を着実に行うことができて、再度申し込む際の希望限度額とあなたの収入がマッチしていれば、難なくアップすることができますので心配しないでください。

カードローンを扱う金融機関は、カードローンを利用している人に何を求めているかと言うと、「貸したお金を必ず返済してもらえるかどうか」です。

ですから、日頃から着実に借りたお金の返済をしていれば、信頼度も増し、限度額のアップは思いのほか簡単なことなのです。。

逆にカードローンを利用する人の収入が少なくて、借入限度額が返済できない、と金融機関が判断すれば審査に落ちることもあります。

また、他のカードローンと併用しようと考えているようでしたら、審査の通過確率も低くなってしまいます。

なぜなら、借入金額は借りているカードローンの総額として計算されてしまうからです。

複数のカードローンを利用してその金額が多い場合は、返済も困難だと見られるからです。

限度額を上げるには、窓口や郵送での手続きが必要です。ある大手銀行の郵送手続きは、銀行のサイトの申し込み書作成フォーム、またはダイレクト印字サービスで手続きができます。

申し込み書作成フォームで書類が完成したら、署名と捺印をした後に金融機関に送付ください。

ダイレクト印字サービスは、WEB上で入力した内容を申し込み先で申し込み書に印字して、特定記録郵便で結果が送られてきます。

こちらの申し込み書も署名、捺印をした上で金融会社に送付してください。

その他の金融機関では、それぞれ手続きに違いがありますので、各金融機関のサイトをチェックするか、電話で問い合わせるのが良いでしょう。

その上で、利用しやすい金融機関を選ぶことをお薦めします。

【参考ページはこちら】
限度額300万円で低金利なカードローンはある?

カードローンの限度額が高くなりやすいやり方

貸金業者や銀行にカードローンを新規で申し込み審査に通った場合、必ず限度額というものが設けられます。

これ以内であれば何度でも借入することができ、限度額いっぱい使った場合は返済の機能しか持たないカードとなります。

新規に申し込む場合、銀行や消費者金融それぞれに借りることができる最大の限度額があります。

そしてその多くが収入証明書不要の場合の額が提示されているはずです。

不要の場合は銀行であれば100万円から300万円、消費者金融であれば50万円が最大になります。

ここで注意して欲しいのは、消費者金融の場合、50万円以上の金額が必要となった場合もしくは他社の消費者金融から合計で100万円以上になった場合は収入証明書が必要となります。

また年収の3分の1以上の金額を消費者金融から借り入れることができないと法律に定められています。その金額以上は消費者金融では借りることはできません。

それ以上の金額が必要になった場合、銀行への借入を検討する必要があります。

限度額を超える金額を希望することを増額希望といいます。その増額ですが与信がなければ希望通りにはなりません。

増額にも審査があり、過去に延滞している事故があった場合、まず通りません。

どんな人が増額の確率が高くなりやすいかといえば、定期的にカードローンを使用している人で、延滞等の事故がなく、年収や勤続年数が高い人など増額の可能性が高くなりやすいと言えるでしょう。

どの貸金業者や銀行も半年経たなければ増額をなかなか認めません。

増額のお誘いをお知らせしてくることもありますが、だいたい契約から半年後といった頃が多いです。

増額が希望であれば半年待つ必要があるでしょう。その期間に絶対に延滞等の事故を起こしてはなりません。

限度額を増やしたいのであれば、新規の場合は収入証明書を用意し提出すること、今持っているカードの金額を増やしたいのであればカードを大切に育てることが早い手段です。