年金生活者のカードローンはどこがお薦め?

数年前に会社を退職して今は年金で暮らしています。退職した当初は退職金で悠々自適な生活をしていましたが、今は退職金もだいぶ減ってしまいました。

ところが退職後の贅沢な暮しが身についていて、旅行や趣味などに使うお金が必要です。

年金が振り込まれるとまあなんとかなるのですが、年金が振り込まれる直前の時期になるとお金のやりくりが大変です。

いい年になってカードローンに申し込むのはちょっと恥ずかしいのですが、今の生活レベルは落とせないので、手持ちのお金が厳しい時期だけ借金ができれば良いと考えています。

年金生活者が申し込むとしたら、どこのカードローンがお薦めなのでしょうか。

大手銀行や信用金庫など社会的信用度が高いところを選びましょう

年金生活者でも、アルバイトやパートで収入のある人は、カードローンを申し込む銀行や消費者金融会社を選ぶことができます。(こちらもご参考に→カードローンを利用できる職業とは

しかし、年金のみで生活を営んでいる人は、カードローンを申し込める範囲がごく限られてしまいます。

「年金のみの収入」でも申し込みができるかどうか、申し込み先に電話やインターネットで確認した上で申し込みましょう。

年金受給者は、年金の収入がどれくらいあるのかを問われます。

それに加えてカードローンの利用には、年齢制限があることを忘れないでください。一般的にカードローンは65歳までの申し込みに設定しているところが多いです。

65歳までに申し込んで、70歳までには返済してもらうという計画でカードローン会社は申し込み基準を決めています。
(⇒68歳でも借りられるカードローンはある?

しかし、申し込み上限は各会社によってさまざまで、長いところでは70歳までを上限にしているところもあります。

現在の年齢で申し込めるかどうか、または、返済の際に年齢の上限が大丈夫かどうかを吟味した上で申し込みを決めましょう。

借入限度額はあまり無理をしないで設定するのが返済をスムーズにするコツです。返済は着実に行って、くれぐれも返済が遅れないようにしましょう。

申し込みに必要なのは、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)と年金を受給していることが分かる証明書です。

アルバイトやパートをしている人は、借入の限度額によって、収入証明書の提出を求められることがあります。

証明書としては、給与明細、源泉徴収票などを提出することになります。

あらかじめ仕事先に依頼したり、今まで受け取った書類を整理したりしてすぐに提出できるようにしておきましょう。

年金生活のカードローン利用はどのようなものがあるか

年金生活になっても人とのお付き合いや、急に病気や怪我をして予定していなかったお金が必要になる事があります。

また介護が必要になって、生活しやすいように家をリフォームするなど、年をとったからこそ必要になるお金もあります。

年金生活のカードローンは仕事をしている時に比べて借りられるところが減ってきますが、お金を貸してくれるところもいくつかあります。

カードローンは安定した収入がある事が借りることのできる条件になっていますが、年金を安定した収入として認めない金融会社もあるため、借りられるところが限られてくるのです。

高齢で年金生活をしていてもパートやアルバイトをしている場合は、年金生活よりも収入が多くなるので利用できる金融会社が増えます。

また年金を安定した収入として認めており、年金だけで生活している人にもカードローン利用が出来るようになっていても、年齢に上限を設けているところが多くなっています。

大手の消費者金融などは、利用する事が出来る年齢を69歳としているところがほとんどです。

しかし中小の消費者金融では79歳まで利用できるところもあります。

つまり年金生活のカードローンは利用できるところが少なくなるものの、利用できる金融会社もあるという事になります。

そういったところでは電話やネットで申し込めるので、わざわざ店舗まで行く必要はありません。

担保や保証人の必要もなく、身分を証明することができる保険証や免許証があればお金を借りる事ができます。

20万円までなら収入を証明するものは必要ではありませんが、20万円を超える借り入れをしたい場合には収入を証明できる確定申告書などが必要になります。

審査に通ればお金は自分が利用している銀行口座などに振り込まれ、返済するときも自分の銀行口座から振込みみしたり、引き落としにする事もできます。

返済期間も長くとってあり、72回払いが利用できるところもあるので年金の中から無理なく返済できるようになっています。

【参考ページはこちら】
無職の人でも借りられるカードローンはある?