三井住友カードローンが使えない!その理由は

三井住友カードローンを以前から利用しているのですが、今日お金を引き出そうとしたら、今までこんなことはなかったのですが。

なんと使えなくなっていました。大学生なんですが、今ちょうどバイトの給料日目前でお金が底をついていて困っています。

いつもだったら親にせがんでお金を借りるのですが、今月は本当にお金がピンチで親には追加で仕送りしてもらってしまったので、もう一回追加の仕送りを頼むわけにもいかないのです。

もしできれば、三井住友カードローンが使えなくなった理由を知って、それを解決して今月もなんとかしのげるようにしたいです。一体どうすれば良いのでしょうか。

カードローンの返済が遅れているのですぐに返済してください

カードローンの利用ができなくなるのは、借り入れたお金の返済が遅れたか、まだ返済をしていない状態かどちらかでしょう。

以前あなたがカードローンを利用した時のことを思い出してください。借入したお金を全部返済しているでしょうか。

最後まで着実に返済できていないなどということはないでしょうか。

なんとなく返済したつもりになっていて、その確認がとれていないようでしたら、未返済の可能性が十分に考えられます。

すぐにカードローン会社に連絡して、返済が終わっていたかどうか問い合わせてみましょう。

問い合わせをして返済が終わっているのなら、カードローンが使えないそのほかのトラブルが考えられます。

しかし、返済が終わっていないのであれば、すぐに支払いを済ませましょう。

一般的には2,3カ月の返済延滞でカードが使えなくなりますが、返済が終われば、またお金を借りることはできます。

ただし、延滞の記録は5年間信用機関で保存されます。もし別のカードローンを申し込むようなことがあれば、審査のハードルが上がることになります。

もし別の金融機関にカードローンを申し込む場合は、延滞があったことと返済が終わっていることを必ず伝えましょう。

その他カードローンが使えない理由として、あなたには関係ないかもしれませんが、代位弁済、債務整理、自己破産になった場合が挙げられます。

カードローンを申し込む時には、必ずその申し込み先の銀行や消費者金融会社に保証会社が存在しています。

代位弁済とは申し込み先の金融機関への返済が終わっても、保証会社への返済が終わってない状態のことです。

代位弁済や債務整理は、返済の遅れと同様5年間、自己破産は10年間保証会社にその記録が残ります。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行カードローンの返済方法

他の業者のカードローンが使えないときは三井住友カードローン

お金が欲しいときには、銀行や消費者金融が行っているカードローンを使うと便利に融資が受けられます。

手続きが簡単になっていますし、知名度の上がっているカードローンのサービスも増えていますので、利用することに抵抗のある人も少なくなっていると言えるでしょう。

銀行や消費者金融から借り入れを受けるときには、金融業者による審査を受ける必要があります。

いくつかの金融業者に申し込みをした経験のある人の場合には、返済期日を守れなかったり、滞納実績のある人のケースでは新たにカードローンを使えない人もいらっしゃると思います。

審査では過去の利用実績や、他の金融業者での借り入れ実績についても大切な情報として確認されることになります。

他の金融業者のカードローンが使えない人の場合には、審査が通りやすい金融業者から融資を受けなければならないと言えます。

他の金融業者のカードローンが使えない人におすすめのサービスは、三井住友カードローンです。

三井住友カードローンは審査スピードが速いので、30分程度で審査結果が出て即日融資も受けられます。

安定した収入さえあれば融資を受けることができますので、職業によって貸し付けが行われないということはなく、アルバイトやパートの人でも申し込みができます。
(⇒その他職業の方におすすめカードローン

三井住友銀行のATMの他に、提携先のATMが多数あって、手数料無料で借り入れや返済ができるのでお得にカードローンを利用できます。

金利が安くて利用限度額の設定が最大で800万円となっていますので、他の消費者金融業者などから借り入れを行っている人がおまとめローンとして利用するときにもおすすめできます。

銀行系のカードローンですので、総量規制の適用対象外にとなり、年収3分の1を超える金額であっても融資を受けることができます。

返済方法も充実しており、ATMを使って支払いができる他に、口座からの引き落としや振り込みによっても支払うことができます。