年金受給者でもカードローンは申し込める?

早期に年金を受給することにしました。年金を受給すると同時に老人ホームに申し込み、毎月お金を支払っています。

老人ホームでは趣味が豊かな友人が多く、いろいろつきあっているうちに結構お金を使ってしまう時があります。

年金が振り込まれる期日の直前になると、少し金銭的に厳しいことがあり、その間だけでも借金をして補いたいと思っています。

知り合いに聞いたら、60歳でもカードローンが利用できる会社があるとのこと。

それでしたら、ぜひカードローンを利用して一時期をしのぐようにしたいと思います。

ただ、年金を受給しているので、その辺は大丈夫か情報が欲しいです。

年金受給者でもカードローンは利用することができます

結論から言うと、年金受給者でもカードローンの利用はできます。

その場合、まず年齢制限の条件にあてはまっているかどうかをまず押さえましょう。65歳が一般的な年齢上限です。

中には64歳、70歳などの年齢上限を設定している会社もありますので、問い合わせてみましょう。

カードローン会社のホームページには申し込みが出来る方の条件として、この年齢制限が具体的に書かれています。(こちらもご参考に→年齢制限がないカードローンはある?

次に年金収入以外の収入があるかどうか、です。

アルバイトやパートをしている方で一定の収入があれば、申し込みができるところがほとんどです。逆に年金収入だけだと言う方は、申し込み先が限られます。

こちらもホームページで「年金収入のみで申し込み可能」と明記されているか確認して申し込みましょう。

さらに、「固定電話がなければ申し込みは受け付けない」「障害者年金では申し込めない」などの条件付きのところもあります。

年金受給者でも申し込めるカードローンを扱っているのは、銀行、信用金庫、消費者金融などです。

信用金庫は、その営業地域に在住・在勤していることが基本条件になっているところがほとんどなので注意しましょう。

ただしシルバーローンなどの名称で、高齢者や年金受給者にも手厚いサービスを行っている信用金庫もあります。

申し込みは、窓口、電話、インターネット、自動契約機などからできます。

準備するものとしては、本人を確認する書類として、運転免許証、健康保険証、パスポートなどです。また、借入の額によっては、収入証明書が必要です。

給与明細、源泉徴収票などが収入証明となります。

こちらもあらかじめどんなものが必要か確認して事前に準備しておくと手続きがスムーズです。また、年金受給者は、受給の記録の証明も必要です。

【参考ページはこちら】
無職のカードローンは大丈夫?

年金受給者でもカードローンは利用可能になるのか

新規でカードローンを利用する場合は審査が必要で信用が欠かせませんし、十分な収入や計画的な返済が可能かを判断されます。

年金受給者は決まった収入は得られますが毎月貰えるのではなく十分な金額であるとは限らないので、正社員やパートとアルバイトに比べても信用は低くなりますが可能性はあります。

特に高齢者の年金受給者は仕事を行うにも選択肢が少なくなりますが、年金以上の収入を金融業者が期待する事は難しくても年齢によっては可能性があるのです。
(⇒カードローンの利用年齢制限についておすすめ記事

カードローンは計画的な利用と毎月の返済が行われる事で信頼関係になり、維持される事によって利用者にとっても利便性があるのです。

金融業者は毎月返済されると信じる事が出来てカードローンの利用を認めますし、数回の遅れでは大きく信用を損なう事がなくても繰り返されれば信頼関係は崩れると言えるのです。

毎月の安定した収入が確保される事で返済は十分に可能となり遅れる理由もありませんから、計画的な出費が安定した返済に繋がります。

既に利用しているカードローンは状況に応じて返済計画を見直す事は大切で、長期的に安定する事を目標として決められた金額を毎月の出費から返済に利用する事が重要です。

新しくカードローンの利用を考えている場合はブラックにならない心掛けが必要になり、ブラックに登録され金融業者のサービスを拒否される事は今後にも大きく響きます。

年金受給者の新規利用は収入以外の理由も欠かせない要素で、利用が難しくなる事はあってもゼロではないのです。

仕事が行われていれば利用出来るサービスは用意されていますし、目的が明確で返済が現実的なら年金受給者も大切な存在です。

信用が一番に欠かせない要素で十分な返済の意志を認められる事は欠かせず、年金以外の収入と共に正しいお金の使い道と返済の目標が大切です。

家族に頼る事なく年金受給者でも返済が行える事を証明するチャンスとなりますし、年齢に関わらず意欲がある事で新たな金融業者の利用になります。