銀行カードローンの在籍確認は、必ず勤め先に電話されますか?

つい2日程前に、とある銀行のカードローンをインターネットから申し込みました。とりあえず仮審査には通ったようです。

そして、次には本審査があり、本審査では、本人確認書類が必要だという事と、「在籍確認」がある、という事が返信されたメールに書かれていました。

実を言うと、カードローンに申し込むのは初めてで、「在籍確認」も、このメールで見るまで、言葉も知りませんでした。

すぐにインターネットで検索して調べてみると、「在籍確認」とは、私の勤め先に銀行から電話がかかってきて、私がその勤め先に勤めているかどうかを確認する、という事なのですが…、在籍確認というのは、必ず勤め先に電話しなければならないものなのでしょうか?

こんなことを聞くのには、少々訳がありまして…。

正直、私の上司や同僚には、カードローンに申し込んだ、つまり借金をしようとしている、という事をあまり知られたくありません。

もし「○○銀行カードローンの者ですが…」なんて電話が勤め先にかかるとしたら…。

私が会社に不在という事もありますし、もし電話を上司や同僚が取り次ぎ、気付かれてしまったら…。と、心配です…。

在籍確認は、必ず勤め先へ電話連絡がくるもの、とは限りません

まず、カードローンの在籍確認は、申し込んだ人の勤め先に電話をするものですが、基本的に「カードローンの在籍確認である」とすぐに分かるような電話のかけ方は、絶対にしないので安心して下さい。

家族だけでなく、職場の上司や同僚に、カードローン等のキャッシングをしようとしている、という事は秘密にしたい、という人はかなりいらっしゃいます。

正直なところ、銀行等の貸す側としては、お金を借りてくれる人を増やして利益をもっと出したいと考えている訳ですから、利用者の立場上、そのような気がかりになりやすい点については配慮するようにマニュアル化されています。

ですから、実際の在籍確認の電話で、最初から銀行名やカードローン等の単語を言う事はありません。

例えば「スズキと申しますが、サトウさんはいらっしゃいますか?」というように、最初はオペレーターの個人名で、知人が私用の電話を会社にかけてくるのと同じように名乗る事が多いです。

そして、電話相手が申し込み主本人だと確認できれば銀行名等を明かす事が殆どです。その会社に勤めているという事を確認するための電話なので、仕事や年収の事等を、その電話で改めて聞く事はありません。

ちなみに、会社の上司や同僚など、申し込み主以外が取り次いだ場合でも、特に問題なく、その1回の電話で在籍確認が終わる事があります。

もし、サトウさんが出張や有休等で会社にいないなら、普通は「サトウは本日は不在でして…」というように返答しますよね。

この返答だけで、その会社に勤めている、という事が分かるからです。営業職の人等、外出が多く会社にいる事が少ない、という人でも安心ですね。

ただ、防犯上等の理由で、私用の電話は一切取り次がない、というようにしている会社もありますよね。

このような場合には、個人の携帯電話等に在籍確認として電話連絡をいれるようにするパターンもあります。ですから、必ず勤め先だけに電話をかけるという事ではないようです。

最近のカードローンでは、インターネットから申し込んだ場合等に多いのですが、在籍確認自体がない事もあります。

その場合、収入証明書や、社員証等の写しを用意する事で、在籍確認と同等とみなす事が多いようです。

もし、在籍確認で勤め先に電話がかかる事自体を避けたいのであれば、事前に確認しておいたり、問い合わせから相談をしておくといいでしょう。

【参考ページはこちら】
在籍確認なしのカードローンってある?

銀行カードローンの在籍確認はどうにかなりませんか?

カードローンは便利です。いざという時コンビニATMなどから簡単に融資が受けられるからです。

誰にも知られることなく、借り入れ、返済ができるのは嬉しいですよね。

そんなカードローンには、銀行系と消費者金融や信販会社などの賃金業者系の2種類があります。

カードがあれば借りられるというのはどちらもほぼ同じなのですが、決定的な違いがあります。

それは借りられる金額です。消費者金融などは、賃金業法によって総量規制の対象となっているのです。

つまり、年収の3分の1を超える借り入れができないのです。

それに対して銀行は総量規制の対象外なので、消費者金融よりも多額の融資を受けることが可能なのです。それだけではありません。

一般的に銀行カードローンの方が、金利も低めに設定されているという点もメリットなのです。ただその分、銀行カードローンの方が審査が厳しく設定されているようです。

審査とはローンカードを作る際、誰でも通る道です。その人の返済能力の有無を測るのが審査なのです。

氏名、年齢、住居形態、勤め先、勤続年数など様々な項目から判断するのです。そんな審査の1つに在籍確認があります。

申請通りの会社に勤めているかを電話によって確認するのです。Aさんが審査に申し込んだとします。

すると申告した会社に保証会社から「Aさんいらっしゃいますか。」という電話がくるのです。そこでAさんまでつながれば、その電話による在籍確認は成功となります。

この在籍確認ではカードローンの審査とは一見してわかりませんが、勘のいい人にはばれてしまうこともあります。(こちらもご参考に→在籍確認がないカードローンは?

ただ、ばれたからまずいことはないのですが、それが嫌だという方もおられるようです。

消費者金融であれば電話による在籍確認の代わりに、タイムカードや社員証のコピーの提出で免れられる可能性があります。

しかし、銀行カードローンの場合そうはいかないことがほとんどです。銀行カードローンの在籍確認はほぼ間違いなく行われるのです。

したがってどうしても在籍確認が嫌なら、銀行ではなく消費者金融に申し込むべきなのです。