審査通過出来なかったカードローンの意外な審査落ちの原因って?

先日、とある銀行のカードローンに申し込みをしたのですが、なんと審査に落ちてしまいました。

審査に落ちてしまう理由に思い当たる事があるなら「やっぱりなぁ」、と理解できるのですが、私にはそのような心当たりが全くないと思うので、不思議で納得がいきません。

ここまで自信を持って言えるのは、いくつかの理由があります。

カードローンの審査に落ちる理由で最も多いのは、おそらく信用情報が悪い事だと思うのですが、私は今までキャッシングをした事がありませんから、長期延滞や自己破産をした、というような経験は全くありません。

ですから、自分の信用情報に、はっきりと確認した訳ではないのですが、特に悪い情報はないと思います。

カードローンによっては収入も審査基準に関わると聞いた事がありますが、年収もそこそこ多い方だと思いますし…。

審査に落ちた理由の目星がつかないと、「新たにカードローンに申し込んでも、また落とされてしまうのでは?」と考えてしまうので、この謎を早く解決したいです。どのような理由が考えられるのでしょうか?

信用情報関係以外にも、審査落ちに関わってしまう理由があります

カードローンで審査落ちには、様々な理由があります。代表的な理由としては、やはり信用情報に関わる事です。

カードローンの審査で信用情報を照会した際に、キャッシングで長期延滞をしていた等のブラック情報が比較的最近の事として残っていれば、新たにお金を貸しても返してもらえないのでは?と考えられてしまうので、審査に落とされやすくなるのは当然の事です。

この信用情報ですが、クレジットカードやカードローン等の代表的なキャッシングをしていなければ、過去に履歴は残っていないだろう、と思いがちですが、ある意外な事で、信用情報が残っている事があります。

それは、携帯電話端末を分割払いで購入する時の支払いです。携帯電話は10代の若い人でも1人1台持っている時代ですから、機種変更等の際に、新しい携帯電話端末の分割購入を経験した事がある人は多いでしょう。

毎月の携帯電話の利用料金と合算して払う事が多いため、意識される事が少ないのですが、この分割払いはローンと同じ扱いであるという事をご存知でしょうか?

ですから、その支払いを滞納してしまうと、信用情報に悪い情報が残ります。

過去に、その事を知らずに滞納してしまい、その行為が後々に影響してしまった、というパターンです。

また、「年収が多い」との事ですが、職業や勤続年数等から審査に通りにくくなる、という事があります。

カードローンでは年収の多さより、会社員や公務員等の安定した職業の方が審査に有利になる傾向があります。

現時点では収入が多くても、自営業を始め、アルバイト、具体的には水商売や日雇いの土木作業員等は離職率も高く、不安定な職業ですので不利になります。
(⇒その他の職業の方におすすめカードローン

また、会社員でも、数年以内で何回も転職が続いているようであれば、審査で不利になるでしょう。

他に、普通なら滅多にない事ですが、自己申告内容に嘘の記入をしていた、というのも審査に関わる理由になります。

既にキャッシングをしているのに、全くキャッシングをしていないとか、実際よりも年収や勤務年数を多く書いたり、という嘘が例に挙げられます。

キャッシングをしていれば絶対に信用情報に残りますし、年収や勤務年数が年齢等から考えて明らかにおかしい場合は確認される事がありますから、嘘を書いてもすぐにバレてしまいます。

バレてしまうだけではなく、信用できない人だからダメ、と審査に落ちてしまっては意味がありませんから、偽りの情報を書く事だけは絶対にやめましょう。

プロミスは他の審査通過出来なかったカードローンとして便利

簡単な手続きだけで借り入れができる方法として、消費者金融業者のカードローンが人気です。

消費者金融業者のカードローンは店舗に来店する必要なく、インターネット上からの簡単な操作と審査だけで融資が受けられるので便利に利用できるサービスと言えます。

消費者金融業者ごとに行われているカードローンの申し込みをすると、必ず審査が行われることになりますが、業者ごとに通過できるかどうかの内容は異なります。

他の消費者金融業者の審査通過出来なかったカードローンとして、おすすめなのがプロミスです。

プロミスは年齢制限が70歳まで融資が受けられるカードローンで、職業による制限もないために、主婦や学生、年金受給者や自営業者も借り入れることができるカードローンです。

プロミスは三井住友銀行の子会社ですので、積極的に資金を使って融資を行える消費者金融業者と言えます。(こちらもご参考に→三井住友銀行カードローンのおすすめ情報

プロミスはネット上からの申し込みや借り入れ契約ができるように対応していますので、携帯電話やスマートフォンからプロミスのホームページにアクセスするだけで、簡単に融資を受けるための手続きを行うことができます。

申し込みを行うとすぐに審査が行われてるので、即日融資を受けることも可能で、ホームページから振り込み融資の依頼をすれば、指定してある銀行の口座に融資金額を振り込んでもらえて便利です。

振り込み融資を利用すれば、手数料もかかりませんのでお得にカードローンが利用できます。

インターネットバンキングに対応している銀行の口座を持っている人であれば、ホームページ上で支払い手続きも行えます。

返済方法にはプロミスのAYMと銀行やコンビニなどの提携先のATMを使って支払うこともできるので便利です。

即日融資を希望する場合には、平日の14時50分までに借り入れの申し込みと契約、振り込み融資の手続きを完了させておく必要があります。

支払い期日を守って継続的にカードローンを利用することによって、借り入れ可能な限度額の引き上げ申請をすることも可能です。

【参考ページはこちら】
審査のないカードローンってある?