どう考えればいい?カードローン借入限度額の目安の出し方

急にまとまったお金が必要になりました。今現在、余裕もないので、前から考えていたカードローンというのを考えています。

しかし、折角カードローンを申し込むのならば、今後の事もあわせて考えてカードを作りたいと思っています。

今回は金額も然程大きくないので大丈夫かと思うのですが、今後の事を考えると、多めの金額を限度額として申し込んだ方がいいかと思うのですが・・・。

お金を借りる際の限度額の目安ってあるのでしょうか?よく年収の1/3という話を聞きますが…。実際は、どれくらいになるのでしょうか?

ホームページのシュミレーションを活用しましょう!

カードローンを申し込む際、気になるのは審査に通るかどうかとどれだけ借りられるのかということでしょう。

実際に審査に受かる為の内容はわかりません。同時に借り入れできる金額も、正確には先に知ることはできません。

もちろん、すぐに必要な金額が大きくなく返済の目途もたちそうな場合でしたら、然程心配はいらないでしょう。

しかし、できれば有る程度の借入できるようにカードを作っておけば、また困った時は助かりますよね。

世間でよく言われる、年収の1/3というのは、「総量規制」の事で、貸金業法で消費者金融がお金を借入者に貸す際の上限額が法律で決められている話の事になります。

総量となっている事でわかると思いますが、例えば2ヶ所の消費者金融から借入しようともその2か所分合せて年収の1/3以上は借りられないという事です。

もちろん、この総量規制は消費者金融に対しての法律なので、銀行などでカードローンを作る際には総量規制は関係ありません。対象外になります。

年収との兼ね合いで心配な方は、銀行系のカードローンになるでしょう。
(⇒信用金庫のカードローンってどう?

年収の問題がクリヤ出来る場合は、金利や返済方法などをあわせて銀行系にするか消費者金融にするか考えるといいと思います。手続きや返済方法も様々あります。

ただ、総量規制の金額そのまま借り入れできるとは限りませんし、銀行系だと総量規制対象外になります。

具体的にどれくらいの借り入れができるかどうかを知りたい場合ですが、はっきり言えば、審査に通るまではわかりません。

あくまで目安として知りたい場合、それぞれのホームページでは、簡易診断や返済シュミレーションが機能としてついている場合が最近では多いです。

年収や現在の他社の借り入れ状況など、項目に沿って入力するだけです。簡易なのですぐに結果がわかります。

ただ簡易診断では借り入れ出来るかどうかだけのものや、返済金額がわかるのもあるので、自分が必要な情報がわかるシュミレーションを見る必要があります。

それ以外には、返済早見表が付いている所もあります。限度額の目安とはちょっと違うかもしれないですが、参考にはなるでしょう。

△円なら毎月の支出の中から返せるかなと自分の毎月の返済出来る想定額がわかっていれば、どれだけ借り入れできるかは、銀行や会社の審査とは別でしょうが大体想像がつくというものです。

また、専業主婦など収入がない場合、最初から金額が○万円まで、と限度額が低い設定になっている場合がほとんどです。もちろん、その○万円満額借り入れ上限額になるとも限りません。この場合、収入がないのでいた仕方ないでしょう。

結局は、限度額は銀行などの審査で決められるのでわかりません。審査は、年収以外にも本人の家族の状況や勤続年数なども考慮して判断されるものです。年収額が大きい=借り入れ額が大きいとは限りません。あくまで目安だと言う事は、頭に入れておいた方がいいでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンとサラ金との違いとは

カードローン借入限度額の目安を知るためには?

自分がどの位の借り入れが可能かは、皆さん気になる点だと思います。

借り入れを申し込む前に、自分の借入できる金額の目安を知ることができれば、やみくもに借り入れを申し込む必要もなくなりますよね。

もちろん、実際にいくら融資してもらえるかは、実際に申し込んでみないとわかりません。

しかしながら、おおよその借入可能額や、借り入れ自体ができるか、カードローン借入限度額の目安を知ることができると便利ですよね。

そんな時にオススメなのが、消費者金融会社などがインターネットで実施しているお試し診断です。

このお試し診断では、借り入れを希望する本人の氏名や生年月日、前年度の年収や現在の他社借り入れ件数、借り入れ金額などを入力することで、その会社からの借り入れが可能かどうかを簡易診断してくれます。

もちろんあくまで簡易診断ですから、実際に借り入れができるかどうかは本審査を受けてみないと分かりませんが、お試し診断で融資可能と判断された場合、入力項目に虚偽がなければ、そのまま本審査にも通る可能性が高いです。

もちろん、仮にお試し診断で、融資可能か不明と判断されても、これで絶対に審査に落ちるわけではなく、状況によっては融資される場合もあります。

また、カードローン借入限度額の目安ですが、気をつけなければならないのは、借入先が、消費者金融会社や信販会社などのいわゆる貸金業者であれば、たとえあなたの信用情報がとても良くても、例えば他からの借り入れが全くなくても、基本的には年収の3分の1を超える借り入れはできません。

これは総量規制という法律によるものです。

ですから、例え他社からの借り入れがなくても、自身の年収の3分の1以上の借り入れをしたい場合は、総量規制の適用を受けない金融会社が提供するカードローンやキャッシングに申し込む必要があります。

総量規制の適用を受けない金融会社とは、一般的に、銀行や信用金庫などを指します。
(⇒カードローンを利用できる会社はどこ?

このように、自身の借り入れ状況や、借り入れをしたい金額によってもカードローンの申込先は変わってきます。

お試し診断などを上手に利用して、無駄にカードローン審査落ちを繰り返さないようにしましょう。