心配だけど大丈夫?銀行カードローンは、2つ持てるの?

カードローンを申し込みしようと思っています。しかし、元々1枚銀行カードローンを持っています。

そのカードは、借り入れ出来るタイミングや場所などを考えると不便なんです。

急な時にすぐに対応できるような別の銀行カードローンを作ろうかと思うのですが、そもそも銀行カードローンを2枚持つことはできるのでしょうか?

審査をする前に知っておきたいのです。

銀行カードローンを2枚持つ事はできます!

結論から言えば、2枚カードを持つことはできます。特に今まで問題が何もなければ、審査に落ちる可能性も低いでしょう。

ただし、気をつけなければいけないのは、前回の申し込みからあまり日数が経っていない場合は特にですが、すでに借り入れがある場合です。

借り入れの状況からお金に困っていると判断されると審査に通り難いです。

ただカードを持っているが使っていないのならば、よほど心配はないでしょうが、すでにある借り入れ金が大きい場合は要注意です。

審査に落ちる可能性も大きいでしょう。特に延滞などしていたら更に厳しいでしょう。

借り入れがあると審査に影響すると言って、嘘を申告するのは特にいけない行為なので止めましょう。

他での借り入れ状況は、信用情報機関で銀行は確認できるからです。思い違いのような差ならばまだ多少はいいですが、明らかに申告と違うと怪しまれます。

ちなみに延滞の情報も信用情報機関でわかります。もちろん1ヶ月ほどの延滞ならば問題はないので大丈夫でしょうが、3ヶ月以上ですと信用情報機関に延滞の情報が入ります。

どちらにしても、嘘を申告するとまず審査に通らなくなります。正直に言う事が一番の早道になります。

他にも注意しなければいけない事はあるでしょう。申し込みの際ですが、心配だからと言って一度にたくさん申し込みをしなことです。

よく申し込みブラックと言う言葉を聞きますが、これは一度にあちこち申し込みをして銀行から不審に思われて審査に落ちることです。

一度にたくさん申し込みをすると、よほどお金に困っているのでは、と判断されかねないです。

申し込みの情報も信用情報に伝わり、銀行に伝わります。すでに1枚カードを持っているのならば、1ヶ所に絞った方がいいでしょう。

また、銀行によって様々な契約があるので、複数枚カードを持てるかどうかを確認してから申し込んだ方がいいでしょう。

銀行によって借り入れ方法や返却方法も様々です。今はインターネットで知りたい事がすぐにわかる時代です。

様々な情報を得るようにしておけば、銀行選びの参考にもなります。

カードを持つ事ができるようになったら、気をつけなければいけない事もあります。返済できなくなるような借り方はしないことです。

2か所とも限度額いっぱいに借りられたとして、返済できなかったら問題です。自分でよく考えて借り入れ額を決めましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンに関するおすすめQ&A

「銀行カードローンは、2つ持てるのか」。その疑問の答えとは

カードローンは様々な事業者によって運営される事業となってきています。

これまでの事業者の主体は貸金業者、例えば消費者金融などでしたが、貸金業法の改正などによって貸金業者の現状は非常に厳しいものがあるというのが事実です。

そのため貸金業法の影響を受けない銀行などもカードローン事業に乗り出してきており、銀行が行うカードローンは「銀行カードローン」と呼ばれるようになりました。

銀行は経営母体が大きく、また安定した貸し付けをしてもらえるため、非常に多くの人が利用をするようになっています。

こうしたカードローンは運営事業者によって貸し付け条件などが変わってくることが多く、借り入れする金額や、返済日などによって複数のカードローンを使い分けたいと考える人も少なくありません。

それでは「銀行カードローンは、2つ持てるのか」という疑問に対する答えはどうなるのかというと、これは「その消費者の信用情報によっては問題ない」ということになります。

信用情報とはその人がこれまで金融機関を利用してきた中で、どういった形で利用してきたのかということがまとめられた情報です。

この情報に支払いの滞納などの情報が記載されておらず、また収入面も良好であるというのであれば、2つの銀行カードローンを併用するということは不可能ではありません。

実際、現在カードローンを利用している人の中にも複数の銀行カードローンを併用しているという人が少なからず存在しています。

ただ問題となるのが「銀行カードローンに限らず、カードローンではすでに他社と契約している人との新規契約は審査が厳しくなる」ということです。

他社でも契約をしているということは、自社が管理できない場所からもお金を借りてくる可能性があるということですが、この状況では消費者が収支バランスを管理できなくなってしまうリスクが増大することとなります。

収支バランスの管理ができなくなってしまうと返済の滞納や、場合によっては債務整理による債務の放棄などが発生してしまうこともあり得るでしょう。

そうなってしまうとカードローンの運営者は非常に大きな痛手を受けるわけですから、複数のカードローンを持つという人には審査が厳しくなるのです。

2つ程度までなら持てることも多いのですが、3つ以上となると審査が格段に厳しくなるということは常に意識しておきましょう。