2社同時なら大丈夫?カードローンの安心できる申し込み方法は

カードローンを申し込みしたいのですが、初めてで不安な為心配です。

ですので、念の為、いくつかを同時に申し込みしたら大丈夫なのではと思うのですが、いいのでしょうか?

よく沢山申し込みをすると審査に通らないとも聞きます。でも1社だと心配なので2社ならいいかなとも思います。2社なら大丈夫でしょうか?

2社までの申し込みならまず問題ないでしょう

初めての方にはよくある事ですが、カードローンの申し込みが不安でいくつか申し込んでしまう人がいます。

もちろん、申し込み自体はできなくはないのですが、やはり気をつけなければいけないことはいくつかあります。

申し込み時に嘘を言わない。すでに借り入れがある場合は、完済をしておく。

一度にあちらこちらへ沢山申し込みをしない。申し込み金額を必要以上に大きくしない。などあります。

その中で、初めての方でしたら、過去の借り入れなどについては心配ないとは思います。

ただ、クレジットや携帯の分割払いで延滞をよくしていた場合は、審査に通らない可能性もあるので要注意です。

こういった情報は信用情報機関という所に記録され、他の金融会社にも伝わるからです。

それらに問題がなければ、申し込みをして審査に通らないという心配は減るのですが、やはり初めての方は心配で、保険のつもりであちらこちらの申し込みをしてしまう方がみえます。

あまりに一度にたくさんの会社へ申し込みをすると、金融会社は、申し込み者を不審に思います。

というのは、申し込み情報も信用情報機関に入るからです。同時でも情報は入るので、他の会社にも申し込みをしたということはわかります。

そうなると、やはりこの人はお金に困ってあちこちに申し込んでいる。返済は大丈夫だろうかと不審に思われるのは必至でしょう。

それ以外の理由として、金融会社には、申し込み者にお金を貸す場合、総量規制という法律によって年収の1/3までしか貸してはいけない法律があります。

これは、過去自己破産が増えた時代の頃にできた法律ですが、今、この法律の関係で、借り入れ金額の上限がはっきりとわかるようになりました。

ちなみに銀行系のカードローンにはこの法律は適用されません。

この総量規制の金額ですが、借り入れしている会社が何社であろうと総額で判断されてしまいます。

年収の1/3は変わらないのです。1社につき年収の1/3、ではなく、全体で年収の1/3になるのです。

ですので、同時に何社も申し込みをしているがそのまま審査に通してお金を貸してみたら、同じような会社が他にも多数あり、気付いたら総量規制に引っ掛かってしまう金額になっていた。なんてことになったら、会社も法律違反になってしまいます。

カードローン申し込み時での情報機関の情報では、他の会社で実際にその人にいくら貸し付けるかまではすぐにわかりません。

その為、信用情報機関に一度に多くあちこちに沢山申し込みをした情報のある人は審査に通さないという判断をします。

これも半年分は申し込みの履歴は残るので、審査に通らなかった人は、ある程度、時期が過ぎてから他の会社へ再度申し込みをする方がいいでしょう。

では、何社までは大丈夫かと言う話ですが、質問にあるように2社がいいところでしょう。3社も大丈夫と言う人もいるでしょうが、リスクは減らした方がいいでしょう。

2社までならば、例え審査に通って貸付をしたとして、いきなり総量規制に引っ掛かるほどには限度額を大きくしていません。会社も初めての人には、様子見も兼ねて金額を決めているからです。

ですので、同時申し込みをするのならば、2社までで抑えるのがベストでしょう。

【参考ページはこちら】
同時期に何社ものカードローンを申込むのはダメ?

トータルの借入件数が2社になる状況でのカードローンの審査

カードローンの審査の判断基準として、他社の借り入れ状況があります。

これは審査で非常に重要視されているもので、たとえばトータルの借入額はそれほど多額ではなくても、借入先が多い場合はかなりマイナスの判断をされてしまうことが多いです。

というのは、借りているのがカードローンの場合であれば借り入れ上限額というものがあり、現在借りているお金は別にして、更にお金を借りられるからです。

たとえば、現在の借入額が30万円で限度額が50万円であれば、最大で借入額は50万円に達する可能性があることになります。

なので、カードローンの審査では、現在の借入額とは別に借入件数を重要視しているわけです。

ただ、他社から借りていれば必ず審査で大きなマイナスになってしまうというわけではありません。

大手の貸金業者であっても、現在の借入先が一社であれば、それほどマイナスにはなりません。つまり、トータルの借入先が2社程度であればいいということになります。

また、貸金業者によっては、他社から借りている人の方が審査で有利になる場合があります。

なぜそうなるのかというと、たとえば、中高年になるまでローンを組んだことがなく、クレジットカードを作ったこともないという人がいた場合、貸金業者が審査の際に参照する信用情報機関のデータベースには、一切記録がないということになります。

こういうケースだと、貸金業者は何か大きな問題があって、今までお金を借りられなかったのではないかと判断して融資を断る場合があります。

しかし、既に一社からお金を借りていれば、その貸金業者の審査をクリアしているということになるので、まったく債務がない人よりも貸しやすくなるわけです。

なので、まったく債務がないのにローンの審査がどうしても通らないという場合は、まず、キャッシング機能のないクレジットカードなど、作りやすいクレジットカードを持ってから申し込んでみるといいでしょう。