カードローンの在籍確認はしなきゃダメ?確認事項の内容は

カードローンを申し込もうと思っています。ただ、家族に余計な心配を掛けたくないし、会社にも秘密にしておきたいのです。

しかし、申し込みの際に、在籍確認とかいうのがあると聞きました。詳しくわからないのですが、回りにカードローンを申し込んでいるのを知られたくないのです。

回りにカードローンの申し込みを知られないように出来ますか?また、そもそも在籍確認とは何ですか?

在籍確認は返済ができるかを判断する為に必要で避けられません

カードローンを申し込む際には、名前や住所を始め、居住年数や家族の状況、持ち家かどうかまで聞きます。

また、職業からはじまり会社の勤続年数さえ聞かれます。それは、金融会社が借主にきちんとお金を返してもらえるかどうかを判断する為に必要なのです。

もちろんすでに何度か借り入れをし、きちんと返済できていて信用がある人ならまだしも、初めての方だと会社の方も、借り入れ主がどういう人かわかりません。それはいた仕方ないことでしょう。

例えば、居住年数が長ければ、ある日突然借主が引っ越しして行方不明になる心配はない、ずっと同じ会社に勤めていれば収入面での心配はない等、いろいろな質問事項から借主がきちんとお金を返済できるかどうかを判断するのですが、その中で確認事項として借主が申告した会社にきちんと勤めているかどうかを確かめる、在籍確認の項目があります。

これが、例えば主婦でしたら家に、となるでしょう。主婦や自営などと違い、外で働いている人は勤め先に確認が入るでしょう。

借主本人が申告した会社に在籍してきちんと収入を得ているのかを知るために金融会社から勤め先に電話が入るのですが、これを嫌がる人は多いと思います。

悪い事をしているわけではないのですが、なんとなく印象が悪いと思う人が多いのでしょう。

そんな人達のために金融会社からの電話が配慮がされていて、金融会社からの電話とわからなくしてくれる会社は大勢あります。

大抵の場合は、別会社の名前を使ったり個人名で電話をしたりして、借主本人がその会社に勤めているかどうかを確認するのです。

本人がその場で電話に捉まらなくてもいいのです。

ですので、電話が入ろうが心配は無用です。ただ、やはり電話を取り次ぐ人の中でも勘のいい方や経験者は金融会社からだとわかるようです。

また特に最近は、会社の窓口にあたる受付に電話を掛けたとしても、個人名からの電話の場合は、個人情報の関係でその人が会社に在籍しているかどうかすら教えてくれない会社も出てくるようになりました。

そうなるともはや実際に勤め先に在籍していたとしても在籍確認が取れないようになってしまいます。

それもまたおかしな話です。それらの事情を踏まえて、最近では電話以外の方法で在籍確認を取る所も増えてきました。

では、電話以外でどうやって在籍確認を取るのかと言うと、書類などで確認を取る方法です。

書類と言っても、金融会社や本人の持つ書類によって違いますが。大抵は、会社の在籍状況がわかる会社名の記載された保険証や申し込み時に近い時期の給料明細などです。

これで、会社に勤めている事実を判断します。確かに年収なども気になりますが、兎に角本人が会社にきちんと在籍しているかどうかを知るのが大切なのです。

もし、どうしても電話が会社に掛かってくることが受け入れられなかったり、電話受付が対応してもらえないような会社だとしたら、申し込み時に先にその事を説明しましょう。

別の方法での在籍確認が取れるように配慮してくれるかもしれません。忘れていけないのは、在籍確認事態は基本的に避けられない事項だということです。

【参考ページはこちら】
カードローン在籍確認を避けるのは無理?

カードローンの在籍確認と、その際の確認事項

カードローンを利用する際に、重要になってくるのが在籍確認です。

担保や保証人なしで利用する事ができるカードローンは、利用する人がしっかりと働いていて、一定の安定した収入がある人かどうかが、重要になってきます。

その確認の為に行うのが、勤務先に電話をし、その人が本当に在籍しているかを確認する、在籍確認です。(こちらもご参考に→カードローンの在宅確認もある?

勤務先に、消費者金融などから電話がかかってくるのは困るという人は少なくないでしょう。

それは消費者金融側も理解している為、電話の際は、消費者金融である事、借入の審査の為の電話である事は伝えません。

電話をする際、消費者金融などの業者名ではなく、オペレーターが個人名で、審査を受けている人の知り合いを装って電話をします。

そして、審査を受けている人を呼び出して貰うのですが、この際、審査を受けている人がその場にいるかどうかは、重視されません。

電話に出た人が、呼び出しの電話に対し、ただいま席を外しています、と言えば、その人がその職場に本当に在籍している事の証明となり、そこで確認は終了となります。

それ以上は、何かを話したり、伝えたりする事は特にありません。

もしも、審査を受けている人が、その職場にいて、電話に出る事ができる状態であれば、その際は、いくつかの質問をしていきます。

生年月日など、本当に審査を受けている本人かどうかという、確認事項を質問し、本人である事が確認できれば、それで在籍確認ができたという事になります。

職場に電話がかかってくるのは、困る、抵抗があるという人は少なくないでしょう。

ですが、かかってきた電話によって、カードローン借入の審査を受けている事に気づかれるという事は殆どありません。

それに対して、この確認をする事ができなければ、それにより審査落ちをしてしまうという事も珍しくないので、非正規などで、社員の人に名前を認識されていない可能性がある場合は、あらかじめ、知り合いから電話がかかってくるかもしれない事を伝えておく事も大切です。
(⇒在籍確認なしのカードローンもあるってホント?