教えてください!カードローンの審査の通り方について

カードローンを申し込むのに審査があるのはよく聞きます。が、とても厳しいと聞いています。

もし審査に通らなかったら困るので、必ず審査に通りたいのです。

審査に落ちない様に、上手く通る方法はあるのでしょうか?あれば、知りたいのですが…。

審査の基準はわかっていないので必ず通るという方法はありません

その審査ですが、実際どういう事を聞かれるのかは、経験者の談話や情報があるのである程度はわかるのですが、ではその審査の内容に対してどれだけの基準で通る通らないの判断をされているのかはわかっていません。

その基準については公表されていませんし、会社などによって基準がまちまちだからです。

審査の基準がわからないので、必ず通るという方法を指南することは誰にもできないのです。

出来ることと言ったら、審査内容について知っておき、自分なりに対策を立てることぐらいでしょう。

そもそも、借り入れ者がお金を返せるかどうかを見る為にあるのが審査です。

一度にまとまったお金がないにしても(その為にお金を借りるのですから)毎月コツコツと返せるだけの収入があればいいのですから、その毎月お金を返すことが借り入れ者ができるかどうかを審査で判断します。

その内容は、お金に関する事と家庭や会社の状況などです。年収は当然の事ですが、勤続年数は、安定した収入があるかどうか、家族状況などは、返済に回すだけのお金が毎月確保できるかどうかの判断に使います。

例えば子どもが多ければそれだけ生活費が掛かり、返済にお金が回せないかもしれないからです。

もちろん、借り入れ者の状況などによって審査に通らないと言う事もあり得ますが、何より気をつけなければいけないのが、嘘をつかないことです。これが一番重要な事です。年収が少ないなどの場合は、審査に通らないというよりも借りられる限度額が少ないという形で審査に通るかもしれません。逆に、例え年収が多かろうが嘘をつく人間にはお金は貸せません。それは会社でなくても貸す側が個人でもそう思う事でしょう。

特に、他社での借り入れがあるのに「ない」と言った場合は、まず審査に落ちる可能性が大きいでしょう。

これは、信用情報機関という所に、銀行や金融会社の情報が共有されているため、他社での借り入れ状況がわかるからです。

もちろん他社での借り入れがある場合自体、審査に通り難いのですが、何より嘘が一番審査に落ちる理由に該当することは考えるまでもないでしょう。

もちろん、申請時に間違えても嘘と思われる可能性が大きいので間違いにも気をつけましょう。

他に気をつけなければいけないことは、過去の借り入れやクレジットなどで延滞等をした場合も審査に大きく響きます。これも信用情報機関に情報が記録されるので、注意が必要です。

ただし、延滞をしてしまった会社自体には記録はずっと残るものの、信用情報機関では一定の期間が過ぎれば延滞等の情報は消されます。時期が来てからカードローンに申し込んだ方がいいでしょう。

その期間は、自己破産などの大きな事故は5年~10年とも言われています。長期の延滞は5年ぐらい。

また、心配の為に一度にあちこち申し込み過ぎて、反って不審を煽ってしまって他で審査に落ちた場合も信用情報機関に記録されます。

これは、3ヶ月~半年と言われています。もし、自分が過去情報機関に乗るような事をしていた場合、本人が信用情報機関に問い合わせて内容を確認することができるので行ってみるといいでしょう。

ともかく、自分で出来ることは、審査内容について先に自分の事を調べておいて嘘を言わないなど信用を得る様な努力をすることでしょう。

【参考ページはこちら】
審査が甘いカードローン会社の探し方

カードローンの審査の通り方はまずは業者では

カードローンの審査の通り方はまずは業者選びから始める事となります。

通りやすい業者とそうでない業者はやはり審査の基準の違いにあったりする事からも、同じカードローンの条件であっても審査の通り方を考える上で、落とされる所もあれば、通る所もあると言った事を考えると、特に審査の基準が何かあるのかは素人では判らない所ですが、秘訣としては中小企業の消費者金融業者は審査が通りやすい様で、まずはそう言った所を探してみて、カードローンの審査を受けてみる所から始めてみる事も必要な事となりそうです。

そう言った条件面でもあまり代わりのない審査ですが、やはり知名度のある大手などで借入を行う事や銀行などでの活用となれば審査も通りにくい状況になってしまう様です。

そう言った所を考えながら取り引きを進めて行く流れで、特に審査の通り方を考えていけば、リスクの少ない状況で借り入れが行える事が求められます。

こう言った所でヤミ金融などに引っかからない為にも、ある程度知名度のある消費者金融業者のカードローンを審査してもらった方が良い結果となる事や、安心してローンの金利などの請求も来る事から取引がスムーズに行える状況となります。

これにより審査の通り方を考える上でも、しっかりとした消費者金融業者との取引を行える状況でローンの活用が出来て、尚且つ審査が通りやすい状況である事は、消費者金融業者がやはり一番となります。

そう言った活用に関しての条件を見ていく中でも特に法定金利の中での利息の請求も行われて、キャッシングの活用も出来たり、中には無利息期間を設けている消費者金融業者も存在する事からも特に素晴らしい活用が出来ます。

そう言った取り引きを考える中でもやはり安心して取引出来る業者を見つける事が重要な事であり、カードローンの審査の通り方でも、安全なリスクの少ない取引を行う為にはやはり、消費者金融業者での取引は必要となって行きます。