三井住友カードローンの期限が来たらどうなる?まだ完済前です

三井住友のカードローンで今現在借り入れをしており、まだ返済中です。

とりあえず今はその返済をしている後に追加での借り入れは予定していませんが、気付けば契約期限の5年にもうすぐなろうとしています。

5年経った段階で、残りのお金をすぐに返さなければいけないのでしょうか?それだけのお金を一度の返す余裕はないので困っています。

契約期間中に特に問題なければ自動更新されます

カードローンは借り入れ額が限度枠内で収まっていれば追加で借り入れができる便利なものです。ついつい何度も活用してしまう人もいるでしょう。

都度借り入れをしているとはいえ、気付けばずっと毎月、何年も返済をしていたなんてことも有り得ると思います。

そうやって借り入れ、返済をしている間に月日は経ち、あっという間に契約期間が迫っていることがあります。

これは銀行などにより期間はまちまちですが、契約期間と言うものが設定されているのはどこも同じです。長い所は、5年、短い所は毎年更新のような所もあるでしょう。

さて、その契約期間が来たらどうなるのか。特にはどうもなりません。

もちろん、現在借り入れして返済しているローン分で延滞などの問題を起こしているのでしたら話は別になるでしょう。

延滞が酷いなど、何かしらの問題が起きて一括返済を求められれば応じる必要はありますが、まずそれはないでしょうし、借りにあったとしても連絡が必ず入ります。

ですので、通常通り支払いを続けていけば問題はありません。

特に問題がなければ、自動更新になります。返済をしているローンはそのまま継続返済になります。が、ここでちょっと注意です。

場合によっては更新時に、限度枠が下がったりすることも有り得ると言う事です。

総量規制と言って、貸金業に対応した法律で、銀行には当てはまらない法律があります。年収の1/3の額までしか借り入れができないのです。

これは銀行系のカードローンには該当しないのですが、これを限度額の目安にしている場合もあり、銀行によっては例えば年収が減ったり借り入れ主の事情により限度額が下がる可能性もなくはないのです。

そうなると、今まで借り入れしていた分はどうなるのか。

それはもちろんそのまま返済を続けることになりますが、新たな借り入れが新しい限度枠に沿う事になるので、場合によっては借り入れができなくなるのです。

それに延滞が続くなどにより、これ以上もうこの人にはお金は貸せないとなった場合も、返済はそのまま続くが借り入れ限度額が0円になり、新しく借り入れが出来なくなることがあります。

ですので、今行っている返済に対しても必ず延滞しない。

もし何かしらの理由があって締め日にお金を返済出来ない場合は、早めに銀行に連絡をいれるべきでしょう。

三井住友銀行は、特に明記はしていないので、そこまで厳しくはないと思いますが、他行では契約更新時に都度審査をするところもあります。
(⇒三井住友銀行カードローンについてもっと詳しく

こう言った銀行は特に気をつけなければいけないでしょう。

ただ、真面目にコツコツと延滞もなく返済をしており、特に身の回りでの変化もなければ、そのまま引き続きカードは使えると思っていいと思います。

三井住友のカードローンの契約期限は何年か

三井住友銀行カードローンは、低金利で高い限度額が大きな特徴です。

審査時間は、最短で30分で自動契約機での申込も可能で、即日融資にも対応しています。

大手の銀行系カードローンの中でも、スピード審査で利便性も高いです。

安定した収入のある方なら誰でも申し込みが可能で、パートやアルバイトでも出来ます。(こちらもご参考に→カードローンを利用できる職業とは

実質年率は、4.0~14.5%と一般的な銀行のカードローンと差はありません。

ただ、消費者金融系と比べると低めになっています。

電話で申し込んでから、自働契約機でカードを発行すれば直ぐにでも借り入れが可能です。

また、契約機で申し込みからカード発行まで完了させることも出来ます。

契約機だと、土日や祝日でも9時から21時まで営業しているので、仕事で忙しい人でも大丈夫です。

また、三井住友銀行のATMやコンビニのATMでも、手数料無料で利用出来ます。

限度額は、10万円から800万円までとかなり高額な融資まで対応しています。

最近は、1,000万円までのところも増えてきましたが、それでも800万円はかなり高い設定といえます。

更に、銀行系になるので総量規制の対象にはなりません。

申し込みは、自動契約機や電話以外でも、インターネットに郵送、店頭窓口があります。

契約機や銀行が近くになかったり、または電話での申込に抵抗がある人は、インターネットからの申込がお勧めです。

また、契約期限は5年後とになります。

何の問題がない場合は、自働更新で契約が続きます。

三井住友銀行の口座がなくても申し込みが可能ですが、口座があると更に便利になります。

口座があると、インターネットバンキングや口座引落での返済、ホームページ上で利用状況の確認、自動融資などのサービスを受けることが出来ます。

既に、口座を持っているなら手続きも簡単になるので更にお勧めです。

使用目的は、基本的に自由になっているのでおまとめローンとしても使用出来ます。

もし、複数社で借りていて返済の負担が大きいと感じるなら、まとめローンとして利用するのもよいでしょう。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行カードローンの利率はどうなってる?