新しい仕事を始めたがカードローンの申し込みはできるの?

新しく就職をしたばかりとはいえ、生活がこれで安定すると思っていたのですが、就職してすぐは新しいスーツが必要だったり交通費が先に掛かったりと出費の方が先に多いのに驚きました。

給料はまだこれからで赤字の生活になってしまいます。そんな時、友人に教えてもらったのがカードローンで給料が入るまでしのぐことでした。

しかし、審査があります。就職してすぐの場合、カードローンの申し込みはできるのでしょうか。

金額は少ないかもしれないですが可能です!

カードローンの申し込みの際の条件に、年齢(だいたい20歳以上~とある)と安定した収入という内容がある。

これは、お金を借りた後、毎月滞りなく返済をしてもらうためには必要な条件です。お金を借りっぱなしにできることではないので、当たり前といえば当たり前です。

しかし、この条件を見た時、困る人は結構いるでしょう。専業主婦などは、その代表にあたりますし、それこそお金の必要な無職の人もそうでしょう。
(⇒無職の人でもカードローン利用は可能?

しかし、安定した収入となっていて金額については言及していません。それは、融資額がいろいろあるのも関係しているでしょう。

安定していても収入額が少なければ返済額もそれほど作れないでしょう。その為、借り入れ額も少なくなるのは当然です。でも、借り入れはできるのは事実です。

就職したばかりの場合は、この安定したと収入、という条件の収入の部分があいまいになると思います。

給料はこれからなので、年収の部分がはっきりしません。あまりいい加減な数字にして申請しても問題です。

では、申し込み時はどうしたらいいのか。就職以前にアルバイトなどで多少なりとも収入があった場合、それを申し込み時の収入とすればいいのです。

アルバイトも安定した収入源として見なしてくれる所は今は多いです。年収もこれからの所よりもわかりやすいでしょう。

金額的に借り入れ額も少ないかもしれないですが、審査に落ちるよりはよほどいいでしょう。

そうしておき、給料が貰えるようになってから改めて増額の形で申し込み、再審査をしてもらえばいいのです。

また、就職した会社のある程度の年収がわかっていれば、目安での申告OKの所もあります。これは、銀行や金融会社にもよるので、申し込み時に相談するのがいいでしょう。

また、就職内定者でも申し込めるカードローンも僅かながらにあります。これを利用するのもありでしょう。
(⇒カードローンを利用できる職業とは?

ただ、アルバイト時代の内容で申し込むにしても、内定者向けのコースのカードローンに申し込むにしても、当然のことでしょうが、融資の限度額が少なくなっている可能性は大きいので、そこは覚悟しておかなければいけないでしょう。

また、就職後、いろいろと状況が変わったりすることもあります。カードを作ったままにしておき、変わった内容を放置する人も多いでしょう。

できれば、変更になった部分はきちんと申告しないと、内容によっては融資額の減額などに繋がりかねません。

何にしても、金額は兎も角、カードローンを作ることは可能ですし、作っておけば助かることも多いでしょう。

新しい仕事を始めた後のカードローンはどうすればいいの?

カードローンを利用する際には必ず審査を受ける必要があります。

審査の中では様々なことがチェックされることとなりますが、とくに重要視される情報の一つとなるのが「仕事」という情報です。

現代の社会では企業などに勤めて給与をもらって生計を立てているというような人がほとんどですから、仕事に関する情報に問題があるというのであれば融資をしてもらうことはできません。

では「新しい仕事に就いた」というような場合にはどうなるのかというと、これは「転職が完了したのがいつか」ということが焦点になってきます。

現代の日本では国民の権利として「職業選択の自由」があります。

これはどのような人であったとしても他人から指示をされたり、強制されたりして労働に従事する必要は無いということになります。

そのため「転職をしたい」と思うのであればだれであろうと、いつであろうと転職をすることが可能です。

こうした転職についてはそれぞれの消費者が何らかの不満を雇い主である企業に対して抱えていることがきっかけになることも多いのですが、転職が完了したばかりのころには「本当にその職業を続けていけるのか」ということについて業者が疑問を持ちやすいのです。

そうした疑問を払拭していくには実績を重ねていくほかないということになるのですが、その実績を積み重ねていくには時間がかかります。

一般的に新しい仕事に就いてからのカードローンについては「半年から一年」という勤務実績ができてからなら審査においてマイナスになることはありませんが、それよりも短い段階で審査をしてしまうと、それ以外の情報がどれだけ優れていたとしても審査を通過できないことがあり得るのです。(こちらもご参考に→確実にカードローン審査に通るためのポイントとは

転職には様々な費用がかかってくることとなりますから、転職が終わった後にはすぐにでもお金が欲しいと考える人は少なくありません。

ですが実際には転職してすぐには「カードローンは利用できない」ということになりますから、この点については事前に注意しておきましょう。

【参考ページはこちら】
その他職業の方にもカードローン情報