カードローン分散の借入をまとめるにはどうすれば良いですか

カードローン何社かに借入があって、今は返済のみを行っています。

このまま完済に向かっても良いのですが、分散した借入を一つに纏める事で少しでも金利などが少なくなれば完済も早くなるのではと思います。

まとめる方法などを詳しく教えて下さい。

おまとめには総量規制対象外の銀行のカードローンが良いですよ

何社かで借入れがある場合、毎月の返済や金利が一つにまとめる事でずい分得になる事があるのですよ。

おまとめローンには総量規制対象外の銀行のカードローンが良いでしょう。

ホームページでまず纏める事でどれくらい得になるかをシミュレーションしてみて下さい。

納得されたら申込みをしましょう。インターネットならホームページのおまとめローンの所で必要事項を記入して申し込んで下さい。

銀行でも金利はそれぞれ違います。少しでも低い方が良いのですが、返済期間や返済額なども併せて確認して一番良い所を選んで下さい。

ローンシミュレーションや返済シミュレーションをしっかりと試して今の状況と重ね合わせて、検討されると良いですね。

もちろんおまとめローンの場合も審査があります。言うまでもありませんが申し込む前に申込み条件をクリア出来ているか確認して下さい。

通常のカードローンの申込みと同じように審査を通過すれば銀行の方から借入れ先に借入れ金額が振り込まれます。自分で振込に行く手間が省けて楽に借り換えが出来ますね。

もちろん限度額が借り換えの金額よりも上回っている場合は差額分は繰り返し借入れ出来ます。

複数社に返済していたものを一本化して返済するのですから、返済金額も支払う利息も軽減されると思います。

その軽減分は月々の返済額に加えて随時返済に回して下さい。そうすると一日でも早くローンを完済できますね。

ローンの完済を早く目指せる事の他にもおまとめローンにする事でのメリットはありますよ。分割されていた返済日が一日になりうっかりしてしまう事が無くなります。

一本化する事で返済計画が明確になります。返済忘れが無くなる事も返済が計画通り成される事もすべて自分自身の信用となるのです。

今のローンをきれいに完済したら、今度は自分の楽しみの為にもカードローンを使うようにして下さいね。

カードローンはむやみに使い過ぎると、いつの間にか大きな借金になってしまいます。借入れ前にはしっかりと返済についても計画する事が大切です。

必要な金額のみ借入れ、出来るだけ早く返済する。そういう気持ちを持って上手にカードローンを使って下さい。

【参考ページはこちら】
複数社のカードローンを利用している時の対処法

カードローンが分散してるのならまとめた方が得です

以前は何社ものカードローンや消費者金融から借り入れている人がいました。

それが度を過ぎると多重債務と呼ばれて破綻の一歩手前の状態でした。

これは一社の消費者金融の設定した上限額がいっぱいになって借入できなくなっても、他社に申し込むと借入できる場合が多かったからです。

しかし現在は違います。2010年の貸金業法の改正により消費者金融の総量規制と呼ばれるものが始まったからです。

この総量規制により消費者金融は各社全て合わせて最大でも100万円まで、更に年収の1/3までしか借入できなくなったのです。

この為にある消費者金融で上限まで借りている場合には、他社にも申し込んでも上限額が上がるわけではないので、いくつもの消費者金融を利用してもその分借り入れることが出来ない緒です。

またそれだけでなくカードローンは借入額を大きくなればなるだけ金利が安くなる仕組みになっているのです。

会社に分散させて借入すると金利も損してしまいます。これは総量規制の対象外である銀行系カードローンでも言えることです。(こちらもご参考に→銀行カードローンの上限はどのくらい?

銀行系は総量規制の対象外ですが、だからと言って他社の借入を見ていないわけではなく、常に借入額をチェックしています。

他社利入れがあればその分上限額を少なくしか貸してくれません。そう考えると、分散させてしまうのは銀行系で借り入れる場合で総量規制がない場合でもよくありません。

最初から自分がカードローンで借り入れることが出来る上限額はある程度予想がつきますから、その金額を一社で借りられる一番条件の有利なカードローンを選んで申し込みその一社にまとめて利用して借入を分散しないようにするのが、今の制度では一番良い利用方法でしょう。

一社しか利用していなくても、より有利な条件のおまとめローンも利用するkとは出来ますし、多くの会社に利用暦を残しても良い事はありません。

分散して管理しにくくなって、うっかり延滞するようなことがあるかもしれません。