年齢に関係なく利用できるカードローン会社はないのか?

私は現在地方の公立大学に通う大学1年生ですが、親の仕送りやバイト代では学費や生活費を賄いきれないことも時々あり困っています。

一時的にカードローンからお金を借りたいのですが、未成年なので借りられるか心配です。

年齢に関係なく利用できるカードローン会社はないのでしょうか。

カードローンの場合年齢制限が一般的に設けられています

一般的にカードローンでは利用に関して年齢制限が設けられており、年齢に関係なく利用できるカードローンはないと考えられます。
(⇒カードローンの年齢制限についておすすめ記事

多くのカードローンは20歳以上65歳以下程度の年齢制限をかけています。

下限の年齢の面では学生ローンを除き未成年者を対象とするローンはほとんどありません。

また、定職による収入が無くなる66歳以上の人を対象とするローンも多いとはいえない状況です。

多くのカードローンでは年齢制限を20歳以上65歳以下程度に設定していますが、事業者ごとに多少の違いもみられます。

例えば大手消費者金融では上限を70歳未満に設定しているところが多いです。

また、金融機関ではばらつきはあるものの65歳以下が多いです。

一部のローンで70歳を少し超えるまで対象に加えているところもありますが、非常にレアケースといえるほど少ないです。

結果として上限の年齢は65歳程度までが利用対象者となっており、安定した収入を得ることが難しくなっていく年齢の65歳を想定しているものと推察されます。

下限の年齢では20歳以上を条件とするのが一般的で、カードローンでは未成年者を対象とするケースはほとんどないと考えられます。

その理由は、民法による未成年者への保護にあります。

民法では、未成年者が親権者の同意なく金銭貸借の取引をした場合、未成年者の取引に対する判断能力が不足していることを根拠にその取引を取り消すことを可能としています。

つまり、ローン事業者が未成年者とローン契約をしても契約が無効化され損する可能性が高くなるわけです。

また、その取引自体が社会的な問題としてクローズアップされるリスクもあるので、普通のローン事業者は未成年者とは取引しないようにしているのです。

あなたが未成年である場合、一般的なカードローンからお金を借りることは困難といえます。

できれば20歳になるまで待つのがよいと思われますが、どうしても利用したい場合は学生ローンの利用が最も有力かもしれません。

学生ローンの中には未成年者であっても親の同意などを必要しないで融資してくれるところもあるようです。

しかし、闇金まがいの悪徳業者もいるので業者の実態をしっかり調査する必要があるでしょう。

【参考ページはこちら】
借り入れ対象年齢70歳のカードローンはある?

年齢に関係なく利用できるカードローン会社は

年齢に関係なく利用できるカードローン会社は存在します。

多くのカードローン会社では審査条件の一つとして、20歳以上としていますが、中には条件付きで未成年でも利用出来るところがあるのです。

18歳でも、結婚していたり、一定の収入があると借入れ出来る企業はあります。

また、逆に退職し、年金暮らしをしている無職の方でも借りる事が出来る企業はあります。

一見、お金を借りるには、正社員や公務員などで働いていないと審査に通らないと思われがちですが、実は一定の収入があれば、年齢に関係なく、審査が通る企業はあるのです。

定年退職し、無職の方は年金や保険など一定の収入があれば、借り入れ出来るのです。
(⇒カードローンは年金受給者でも使える?

ただし、借り入れする金額などに制限があるでしょう。

大きな金額の借り入れは審査を通らない事が考えられます。

一定の収入に対して、返済出来るだろうと思われる金額の借入額となります。

今の日本は消費税の増税、円安の影響による物価の高騰、電気代の値上げ、医療費の個人負担増加など支出面は年々増加しています。

その反面、給料は上がらずに年金受給金額は減る一方です。

こういった状態ですと緊急でお金が必要だったり、生活費が少し足りないなどの状況に陥る事も多々考えられます。

そんな時は、年齢に関係なく利用できるカードローン会社を利用すると良いでしょう。

金利も低いので、返済も安心です。

しかも、返済可能な金額の借り入れしか出来ないので、余計な借り入れをし、返済に困る事はありません。

未成年だったり、定年退職した年配の方でも、カードローンの審査が通らないと思わずに、まずはカードローンの申込みをしてみましょう。

無理だと思い、サラ金などから借り入れる事は絶対に止めましょう。

金利も高く、利息だけで借金はどんどん増えていきます。

取り立ても強引ですし、自宅や会社にまで訪れるそうです。

最悪、会社を辞める事になった方もいますので、まずはカードローン会社に問い合わせしてみる事をおすすめします。